綺麗な女性になる!パントテン酸が紫外線から皮膚を守る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パントテン酸は、コエンザイムA(CoA)の構成成分として、エネルギー代謝に関与しています。パントテン酸は、ストレスを感じる人、コレステロール値や肌荒れが気になる人におすすめの栄養素になります。

記事は、パントテン酸の多い食品やサプリメントを紹介しています。パントテン酸の疑問を解決できると思います。

 

1.パントテン酸とは

パントテン酸は、水に溶けやすく、酸やアルカリ、熱に弱い栄養素になります。パントテン酸は、コエンザイムA(CoA)の構成成分になります。CoAの大部分は、アセチルCoAやアシルCoAとして存在しています。

パントテン酸の由来は「広くいたるところにある」という意味のギリシャ語から命名されています。
実際に、パントテン酸は様々な食品に含まれています。

また、パントテン酸は、ヒトの腸内細菌叢でも生成されます。それゆえ、普通の食生活でパントテン酸が不足することはありません。

1-1.パントテン酸の摂取量

パントテン酸(mg/日)の目安量は、国民健康・栄養調査の中央値をもとに策定されています。
パントテン酸の目安量は、成人の男性が5mg/日、女性が4mg/日とされています。

表:パントテン酸(mg/日)の目安量

年齢 男性 女性
0~5(月)  4
6~11(月)  3
1~2歳  3 3
3~5歳  4
6~7歳  5
8~9歳  5
10~11歳  6
12~14歳  7
15~17歳  7
18~29歳  5
30~49歳  5
50~69歳  5
70歳以上  5
妊婦(付加量)    +0.3 
授乳婦(付加量) +0.6

 

2.パントテン酸の効果

パントテン酸は、コエンザイムA(CoA)の構成成分となり、アセチル化酵素の補酵素として、糖質、脂質、たんぱく質代謝に関わっています。また、アセチル化酵素のアセチルCoAは、糖質、脂質、たんぱく質代謝の中間代謝物であり、転写の制御にも重要な役割を担っています。それゆえ、パントテン酸は、エネルギー代謝に深く関与しています。

その上、パントテン酸は、コレステロールビタミンD、アセチルコリン、ステロイドホルモンの副腎皮質ホルモンの合成に必要となります。

さらに、パントテン酸は紫外線による皮膚保護作用があることから、パントテン酸が皮膚において重要な役割を担っていると考えられています。

パントテン酸の効果をまとめました。
➀善玉(HDL)コレステロールを増やし、動脈硬化を防ぐ
➁副腎皮質ホルモンの合成を促し、エネルギーを向上させ、ストレスを和らげる
➂紫外線から皮膚を守る

 

3.パントテン酸とニキビ

パントテン酸には、ビタミンCの働きを助ける機能もあります。ビタミンCは、コラーゲンを作るために必要な栄養素になります。コラーゲンは、皮膚や血管を丈夫に保ちます。

もし、充分なコラーゲンが作られなければ、お肌を外部の刺激から守れず、皮膚が損傷され、ニキビや肌荒れの原因となります。

つまり、パントテン酸は、コラーゲンを作るのに必要なビタミンC働きを助け、肌を正常に保つ役割があります。

 

4.パントテン酸の欠乏症

パントテン酸が欠乏すると、成長の停止、副腎傷害、手や足のしびれと灼熱感、疲労、頭痛、皮膚炎などがみられます。

普通の食生活でパントテン酸が不足することはありませんが、抗生物質の長期間服用や極度の栄養失調状態で欠乏症が起こることがあります。

 

5.パントテン酸の多い食べ物

パントテン酸は、肉類、魚類、きのこ類、野菜類など様々な食品に含まれています。

表:パントテン酸の多い食べ物

 パントテン酸は、肉類(鶏レバー、鶏ささみなど)、魚類(かれい、たいなど)、きのこ類(干ししいたけ、エリンギなど)、野菜類(西洋かぼちゃなど)に豊富に含まれています。また、パントテン酸の含有量は、食材を使用する際のおおよその重量で計算しています。

 

6.パントテン酸の補給に適したサプリメント

今までの食生活・生活習慣を変えるのは難しいと思います。「健康食品」を活用して、食生活・生活習慣を変える“きっかけ”を作りませんか?機能性重視でおすすめできる健康食品を紹介します。

6-1. マルチビタミン 30日分(株式会社ディーエイチシー)

食品の分類 栄養機能食品
原材料表示の成分名 「○○抽出物」などの表示がなく、具体的な物質名が記載されています。 
栄養成分の含有量 パントテン酸:9.2mg/粒
公式サイトにて、各栄養成分の含有量が記載されています。 
栄養成分の機能 パントテン酸は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。 
その他 1日1粒が目安になります。
β-カロテン、ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6ビタミンB12ビタミンCビタミンDビタミンE、ビオチン、ナイアシン葉酸栄養機能食品になります。 
機能性の評価 ★★★★☆ 

6-2. プラスビタミンB5(日本漢方株式会社)

食品の分類 いわゆる健康食品(一般食品) 
原材料表示の成分名 「○○抽出物」などの表示がなく、具体的な物質名が記載されています。 
栄養成分の含有量 パントテン酸:160mg/8粒
各栄養成分の含有量が記載されています。 
栄養成分の機能 いわゆる健康食品のため、機能性の表示はできません。 
その他 1日4~8粒が目安になります。 
機能性の評価 ★★★☆☆ 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク