血液にはn-3系脂肪酸のDHAとEPA!健康食品で補おう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、n-3系脂肪酸(オメガ3)が注目されています。栄養機能食品にもn-3系脂肪酸が追加されました。しかし、n-3系脂肪酸の効果、n-6系脂肪酸(オメガ6)との違い、褥瘡との関係など知らないことが多いと思います。

この記事を読んでいただくと、n-3脂肪酸の疑問を3分で解決できると思います。

 

1.n-3系脂肪酸(オメガ3)とは

n-3系脂肪酸には、必須脂肪酸であるα-リノレン酸(亜麻仁油やしそ油など植物性油に多く含まれる)、EPA(エイコサペンタエン酸:魚油に多く含まれる)、DHA(ドコサヘキサエン酸:魚油に多く含まれる)などがあります。

α-リノレン酸は体内で生成できない必須脂肪酸であり、食物から摂取する必要があります。α-リノレン酸は体内でEPA、DHAに変換されます。

1-1.DHAとEPAの違い

1-1-1.DHAの効果

➀あらゆる生活習慣病を予防する。
DHAは、LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪を減少させ、血液をサラサラにします。また、体内の脂肪燃焼を促進します。そのため、高血圧、動脈硬化、脂質異常症などを改善する効果があります。

➁脳の機能を高め、認知症を予防する。
魚油に多く含まれるDHAは、脳や神経組織に多くみられ、脳や神経の機能を維持しています。また、細胞を活性化させ、認知症を予防すると考えられています。さらに、DHAは、目の機能の回復を助ける効果もあります。

➂乳幼児の脳の発育、視力向上、心筋発達に必要となる。

1-1-2.EPAの効果

➀あらゆる生活習慣病を予防する。
EPAは、血液の粘度を低下させ、血液凝固を抑制し、血栓症を予防します。そのため、高血圧、動脈硬化、脳卒中などを防ぐ効果があります。

➁アレルギー症状、慢性関節炎の症状の予防と改善に効果がある。

1-1-3.DHAとEPAはどちらが有効なのか

DHAとEPAは、魚油に多く含まれ、似たような機能があります。特徴としては、DHAはLDLコレステロールを減少させる働きが強く、EPAは血液凝固の抑制に効果的と考えられます。

DHAとEPAは、お互いにあらゆる生活習慣病を予防します。

 

1-2.n-6系脂肪酸とn-3系脂肪酸の違い

n-6系脂肪酸には、必須脂肪酸であるリノール酸(植物油に多く含まれる)、アラキドン酸(肝臓や魚油に多く含まれる)などあります。

リノール酸は体内で生成できない必須脂肪酸であり、食物から摂取する必要があります。リノール酸は、体内でアラキドン酸に変換されます。

アラキドン酸は、エイコサノイドと呼ばれるプロスタグランジンやロイコトリエンを生成し、炎症を促進する作用があるためn-6系脂肪酸の過剰摂取は避ける必要があります。

最近は、リノール酸やアラキドン酸のn-6系脂肪酸より、α-リノレン酸、DHAやEPAのn-3系脂肪酸が注目されています。n-6系脂肪酸の過剰摂取は問題となりますが、欠乏すると皮膚炎を発症します。

食事から摂取するn-6系脂肪酸/n-3系脂肪酸の比は4が望ましいとされ、バランスが大切になります。
現在の日本人の食生活では、n-6系脂肪酸/n-3系脂肪酸の比は4.2程度になります。欧米においては、4~10程度が推奨されています。

 

2.褥瘡とn-3系脂肪酸の関係

2-1.褥瘡とは

褥瘡とは、身体の骨や皮膚に加わった圧力により、軟部組織の血流を低下させ、この状態が一定の時間以上持続し、血流が途絶え、阻血性障害に陥った病態をいいます。

褥瘡は、寝たきりで同じ姿勢を保つ事、低栄養や痩せ、失禁や多汗による湿潤が危険因子となります。

2-2.褥瘡の栄養管理について

褥瘡治療の栄養管理において、エネルギー量は基礎代謝エネルギー消費量の1.5倍以上の補給(一般には25~30kcal/kg体重/日、重症例には30~35kcal/kg体重/日)、たんぱく質は1.2~1.5g/kg体重/日を目標にします。

また、亜鉛ビタミンC、アルギニン、L-カルニチン、n-3系脂肪酸、コラーゲン分解物などの摂取が必要とされています。

ただし、褥瘡発症には複数の要因が複雑に関与しており、単一の栄養素による改善は殆ど望めません。

 

3.n-3系脂肪酸が豊富な植物油や魚

3-1.α-リノレン酸が豊富な食物油や魚

α-リノレン酸が豊富に含まれる食物油として、なたね油、大豆油、米ぬか油があります。α-リノレン酸が豊富な魚として、アユやオイカワがあります。

表:α-リノレン酸が豊富な植物油や魚

3-2.DHAが豊富な魚

DHAが豊富な魚として、クロマグロ、ブリ、サンマ、ウナギの蒲焼があります。すべて使用量80gあたりのDHA含有量を表示しています。

表:DAHが豊富な魚

 3-3.EPAが豊富な魚

EPAが豊富な魚として、クロマグロ、真イワシ、ブリ、塩ホッケがあります。すべて使用量80gあたりのEPA含有量を表示しています。

表:EPAが豊富な魚

 

4.n-3系脂肪酸不足の方に適した健康食品4選

4-1.イマークS(株式会社全日本通販)

食品の分類 特定保健用食品
原材料表示の成分名 「ゴマ油抽出物」の表示があり、どのくらいの量のゴマから、どのような方法で抽出したのか分かりません。
機能成分の含有量 エイコサペンタエン酸(EPA): 600mg/本
ドコサヘキサエン酸(DHA):260mg/本
成分のエビデンス 最終製品を用いた人が対象の臨床試験により、血中中性脂肪の低下を評価しています。
その他 1日1本(100ml)が目安になります。
1日1本4~12週間の間、継続して飲むと、中性脂肪の約20%の低下がみられました。
機能性の評価 ★★★★★

イマークS

4-2.さかな暮らし(有限会社マイケア)

食品の分類 機能性表示食品
原材料表示の成分名 「オキアミ抽出物」の表示があり、どのくらいの量のオキアミから、どのような方法で抽出したのか分かりません。
機能成分の含有量 エイコサペンタエン酸(EPA): 600mg/本
ドコサヘキサエン酸(DHA):260mg/本
成分のエビデンス 最終製品ではなく、機能性関与成分に関する研究レビューで、機能性を評価しています。
EPA・DHAには血中中性脂肪を減らす作用があることが報告されています。
その他 1日6粒が目安になります。
機能性の評価 ★★★★☆

さかな暮らし

4-3. 大正DHA・EPA(大正製薬株式会社)

食品の分類 いわゆる健康食品(一般食品)
原材料表示の成分名 「○○抽出物」などの表示がなく、具体的な物質名が記載されています。
栄養成分の含有量 DHA:400mg/5粒
EPA:200mg/5粒
栄養成分の機能 いわゆる健康食品のため、機能性の表示はできません。
その他 1日5粒が目安になります。
機能性の評価 ★★★☆☆

4-4. AOZA(株式会社ドクタースマイル)

食品の分類 いわゆる健康食品(一般食品)
原材料表示の成分名 「○○抽出物」などの表示はありません。
栄養成分の含有量 DHA:178.2~328.4mg/10粒
EPA:216.5~281.7mg/10粒
栄養成分の機能 いわゆる健康食品のため、機能性の表示はできません。
その他 1日5~20粒が目安になります。
機能性の評価 ★★☆☆☆

【AOZA】

*気になることとして、栄養成分のビタミンE含有量が70.5~532.8µg/10粒と記載されています。天然のイワシが原料のため、含有成分に変動があることは理解できます。しかし、この食品を目安の20粒/日食べると、ビタミンEの耐容上限量を超えてしまう可能性があります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク