女性の悩み解決へ、肌荒れにビタミンB2!お得なサプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンB2の必要量や働きはご存じでしょうか。ビタミンB₂は、脂質の摂取が多い人、肌荒れが気になる人、成長期の子ども、ダイエット中の人におすすめになります。ビタミンBが欠乏すると、口唇炎や口角炎が生じます。

記事は、ビタミンB2の多い食品やサプリメントも紹介しています。ビタミンB2の疑問を解決できると思います。

 

1.ビタミンB₂とは

ビタミンB₂(リボフラビン)は、水に溶けやすく、光やアルカリに極めて不安定な栄養素になります。一方で、ビタミンB₂は、黄色で強い蛍光を持ち、酸や熱に比較的強い性質があります。それゆえ、炒め物や加熱調理でも問題ありません。

ビタミンB₂は、小腸から吸収された後に補酵素型のフラビンモノヌクレオチド(FMN)やフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)に変換されます。体内では、FADが最も多く、ついでFMN、リボフラビンの順になります。

1-1.ビタミンB₂の必要量

ビタミンB₂の必要量は、摂取エネルギー1000Kcalあたり0.50mgとされています。ビタミンB₂の推奨量は、成人の男性では1.6mg/日、女性では1.2mg/日と策定れています。

また、ビタミンB₂は、食べ物から必要量を超えて摂取すると、尿中へ排斥されます。そのため、ビタミンB₂はサプリメントなどで多量に摂取しない限り、基本的に過剰症の心配はありません。

表:ビタミンB2(mg/日)の推奨量

年齢 男性 女性
0~5(月)  – – 
6~11(月)  – – 
1~2歳  0.6 0.5 
3~5歳  0.8 0.8 
6~7歳  0.9 0.9 
8~9歳  1.1 1.0 
10~11歳  1.4 1.3 
12~14歳  1.6 1.4 
15~17歳  1.7 1.4 
18~29歳  1.6 1.2 
30~49歳  1.6 1.2 
50~69歳  1.5 1.1 
70歳以上  1.3 1.1 
妊婦(付加量)    +0.3 
授乳婦(付加量)  +0.6

*身体活動レベルⅡの推定エネルギー必要量を用いて算出しています。

 

2.ビタミンB₂の働き

ビタミンB₂から変換されたFMNやFADは、たんぱく質と結合してフラビン酵素として、主にクエン酸回路でのエネルギー代謝や脂肪酸のβ-酸化における酸化還元反応に作用します。また、水素を受け取ったFADH₂は、電子伝達系で水素運搬の役割を担い、ATP産生に関与しています。他にも、ビタミンB₂は、酵素のグルタチオンペルオキシダーゼと共に過酸化脂質を分解する働きがあります。

ビタミンB₂の働きをまとめました。
➀補酵素として、エネルギー代謝や酸化還元反応に関与する。
➁過酸化脂質の分解を促進する。

 

3.ビタミンB₂の欠乏症

ビタミンB₂は成長に不可欠な栄養素であり、成長期の子どもが不足すると、成長が阻害されます。一般的なビタミンB₂の欠乏症としては、口唇炎、口角炎、舌炎、脂漏性皮膚炎が知られています。また、肌荒れや吹き出物、髪のぱさつきが気になる人は、ビタミンB₂が不足している可能性が考えられます。

 

4.ビタミンB₂の多い食べ物

表:ビタミンB2の多い食べ物

ビタミンB2は、肉類(豚レバー、牛レバー、豚ヒレ肉など)、魚類(ウナギの蒲焼など)、卵黄、野菜類(芽キャベツなど)、納豆に豊富に含まれています。また、ビタミンB2の含有量は、食材を使用する際のおおよその重量で計算しています。

ビタミンB₂は、肝臓(レバー)、肉や魚、卵黄などの動物性食品に多く含まれています。他にも、納豆、緑黄色野菜やきのこ類に含まれています。ただし、納豆と異なり、大豆にはわずかしかビタミンB₂が含まれていません。納豆は、納豆菌によってビタミンB₂の含有量が大豆よりも増えています。

 

5.ビタミンB₂の補給に適した健康食品やサプリメント

5-1.マルチビタミン(味覚糖株式会社)

食品の分類 栄養機能食品
原材料表示の成分名 「○○抽出物」などの表示がなく、具体的な物質名が記載されています。 
栄養成分の含有量 ビタミンB₂:1.1µg/粒
公式サイトにて、各栄養成分の含有量が記載されています。
栄養成分の機能 ビタミンB₂は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。 
その他 1日2粒が目安になります。
 ビタミンE、ビタミンB₂、ナイアシン栄養機能食品になります。
機能性の評価 ★★★★★ 

公式サイトではネット販売されていませんが、ケンコーコムなどでご購入いただけます。

5-2.体にうれしいマルチビタミン(八幡物産株式会社)

食品の分類 栄養機能食品
原材料表示の成分名 「○○抽出物」などの表示がなく、具体的な物質名が記載されています。 
栄養成分の含有量  ビタミンB₂:0.31µg/粒公式サイトにて、各栄養成分の含有量が記載されています。
栄養成分の機能 ビタミンB₂は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。 
その他 1日2粒が目安になります。
*β-カロテン、ビタミンB₁、ビタミンB₂、ビタミンB₆ビタミンDビタミンE栄養機能食品になります。
機能性の評価 ★★★★☆ 

体にうれしいマルチビタミン

*β-カロテンはビタミンA前駆体であり、ビタミンA源の栄養機能食品として認められています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク