老化ストップ、ビタミンEで抗酸化!サプリもイイネ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンEには、抗酸化や血行促進作用があります。
ビタミンEは、老化が気になる人、冷え性の人、しもやけのある人などにおすすめの栄養素になります。

記事は、ビタミンEの多い食べ物やサプリメントを紹介しています。ビタミンEの疑問を解決できると思います。

 

1.ビタミンEとは

ビタミンEは、油脂に溶け、酸や熱に強い栄養素になります。一方で、ビタミンEは、非常に酸化されやすく、アルカリや紫外線で分解されやすい性質があります。ビタミンEには、4種類のトコフェロールと4種類のトコトリエノールの計8種類の同族体が知られています。

トコフェロールとトコトリエノールはメチル基の数により、α-、β-、γ-、δ-トコフェロールやトコトリエノールに区分されます。これらのうち、α-トコフェロールの生理活性が最も高く、体内ではα―トコフェロールが90%を占めています。

なお、トコフェロールとは、「子供を産む力を与える水酸基をもつ化合物」という意味があります。

1-1.ビタミンEの摂取量

ビタミンEのうち、生体内での利用が明確なのはα-トコフェロールだけであり、それゆえ、食事摂取基準は、α-トコフェロールのみの量として算定しています。ビタミンEの必要量は、血中α-トコフェロール値と過酸化水素による赤血球溶血反応との関連から算出されます。しかし、科学的根拠(エビデンス)が十分でないため、国民・健康栄養調査報告における摂取量の中央値を目安量としています。

ビタミンEの目安量は、成人の男性では6.5mg/日、女性では6.0mg/日と策定されています。なお、妊娠中のビタミンE欠乏に関する報告は知られておらず、付加量は必要ないとされています。

表:ビタミンE(mg/日)の目安量

年齢 男性 女性
0~5(月)  3.0 3.0 
6~11(月) 4.0 4.0 
1~2歳 3.5 3.5 
3~5歳 4.5 4.5 
6~7歳 5.0  5.0 
8~9歳 5.5  5.5 
10~11歳 5.5  5.5 
12~14歳 7.5  6.0 
15~17歳 7.5  6.0 
18~29歳 6.5 6.0 
30~49歳 6.5  6.0 
50~69歳  6.5 6.0
70歳以上  6.5 60.
妊婦    6.5
授乳婦 7.0

*目安量は、α-トコフェロール以外のビタミンEを含んでいません。

1-2.ビタミンEの働き・効果

ビタミンEには、強い抗酸化作用があり、特に生体膜を構成するリン脂質中の多価不飽和脂肪酸の酸化を防止し、生体膜を正常に保つ働きがあります。ビタミンEのIn vitroにおける抗酸化作用の強さは、δ-、γ-、β-、α-の順になります。また、ビタミンEは、酸化力の強い活性酸素を除去する効果があります。その上、血液中のコレステロールの酸化を防ぐ働きもあります。

ビタミンEの働き・効果をまとめました。
➀抗酸化作用
➁活性酸素の除去
➂毛細血管の血行促進

 

2.ビタミンEの取りすぎ

ビタミンEは、脂溶性ビタミンの中では、過剰症の心配が少なく、成人男性が800mg/日を摂取しても副作用が認められていません。それゆえ、ビタミンの耐容上限量は、成人の男性では800mg/日、女性では650mg/日と策定されています。

生活習慣病や老化を防ぐには、ビタミンEを100~300mg/日摂取すると効果的だとされています。ただし、サプリメントなどでビタミンEを過剰に摂取しすぎると、軽度の肝臓障害や血が固まりにくくなるなどの副作用が報告されており、注意が必要になります。

 

3.しもやけとビタミンE

しもやけは、冷え性などの体質、寒さや冷えによる血行不良、遺伝などが原因で起こります。特に血流が悪いと、しもやけになりやすくなります。

ビタミンEには、血管を収縮させる神経物質の働きを抑え、毛細血管を拡張させ、血行を促進する作用があります。

それゆえ、ビタミンEの摂取は、血流を改善し、しもやけの予防や改善に有効と言われています。

 

4.ビタミンEの多い食べ物

ビタミンEは、食物油脂に最も多く含まれます。また、ビタミンEは、脂溶性ビタミンであり、油と一緒に調理するとビタミンEの吸収率が高くなります。さらに、ビタミンEは、抗酸化作用のあるビタミンAビタミンCと一緒に摂取すると、ビタミンEの抗酸化作用が相乗効果により高まります。

表:ビタミンEが多い食べ物

ビタミンEは、油脂類(サフラー油、なたね油、マーガリンなど)、魚類(ウナギの蒲焼、はまち・生など)、野菜類(西洋かぼちゃ、赤ピーマンなど)に豊富に含まれています。また、ビタミンEの含有量は、食材を使用する際のおおよその重量で計算しています。

 

5.ビタミンEの補給に適した健康食品やサプリ

今までの食生活・生活習慣を変えるのは難しいと思います。「健康食品」を活用して、食生活・生活習慣を変える“きっかけ”を作りませんか?機能性重視でおすすめできる健康食品を紹介します。

5-1.米油(ボーソー油脂株式会社)

食品の分類 栄養機能食品
原材料表示の成分名 「○○抽出物」などの表示がなく、具体的な物質名が記載されています。 
栄養成分の含有量 ビタミンE:4.9mg/大さじ1杯(14g)
公式サイトにて、各栄養成分の含有量が記載されています。
栄養成分の機能 ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。 
その他 1日10~14gが目安になります。 調理用の油として、食用油と同じようにお使いください。
機能性の評価 ★★★★☆ 

5-2.体にうれしいマルチビタミン(八幡物産株式会社)

食品の分類 栄養機能食品
原材料表示の成分名 「○○抽出物」などの表示がなく、具体的な物質名が記載されています。 
栄養成分の含有量 ビタミンE:6.7mg/粒
公式サイトにて、各栄養成分の含有量が記載されています。 
栄養成分の機能 ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。 
その他 1日2粒が目安になります。
*β-カロテン、ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6ビタミンDビタミンE栄養機能食品と記載されています。
機能性の評価 ★★★★☆

体にうれしいマルチビタミン

*β-カロテンはビタミンA前駆体であり、ビタミンA源の栄養機能食品として認められています。

5-3.ディアナチュラ ビタミンE(アサヒフードアンドヘルスケア株式会社)

食品の分類 栄養機能食品
原材料表示の成分名 「○○抽出物」などの表示がなく、具体的な物質名が記載されています。 
栄養成分の含有量 ビタミンE:140.0mg/粒
公式サイトにて、各栄養成分の含有量が記載されています。 
栄養成分の機能 ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。 
その他 1日1粒が目安になります。 
機能性の評価 ★★★★★ 

ネット販売されていませんが、ケンコーコムなどでご購入いただけます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク