子供 ~ご高齢者を応援、ビタミンDで強い骨!厳選サプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンDは、日光を浴びると体内でも合成されます。
ビタミンDは、強い骨や歯を作るのに必要となります。
ビタミンDは、骨や歯が弱い方、乳幼児や子ども、妊婦や授乳婦、高齢者におすすめの栄養素になります。

記事を読んでいただくと、ビタミンDの疑問を解決できると思います。最後に、ビタミンDの多い食べ物やサプリも紹介しています。

 

1.ビタミンDとは

ビタミンDは、植物由来のビタミンD₂(エルゴカルシフェロール)と動物由来のビタミンD₃(コレカルシフェロール)があります。また、エルゴステロール(しいたけなどきのこ類に多い)と7-デヒドロコレステロール(ヒトや高等動物の皮膚に多い)は、プロビタミンDと呼ばれ、紫外線にあたると、それぞれビタミンD₂とビタミンD₃になります。ビタミンD₂とビタミンD₃は、同等の生理作用があります。

食物から吸収されたビタミンD₂と皮膚で合成されたビタミンD₃は、肝臓と腎臓で計2回の水酸化を受け、活性型の1α,25-ジヒドロキシビタミンD(活性化ビタミンD)となり、はじめてビタミンDの生理作用を示します。

1-1.ビタミンDの摂取量

ビタミンDは、皮膚での生産量などが影響するため、食べ物からの必要量を簡単に求めることはできません。そのため、ビタミンDには、推定平均必要量や推奨量が決まっておらず、目安量(ある一定の栄養状態を維持するのに十分な量)が策定されています。

1-1-1.ビタミンDの目安量と耐容上限量

表:ビタミンD(µg/日)の目安量と耐容上限量

年齢 男性 および女性の目安量 男性および女性の耐容上限量
0~5(月) 5.0  25 
6~11(月) 5.0  25 
1~2歳 2.0  20 
3~5歳 2.5  30 
6~7歳 3.0  40 
8~9歳 3.5  40 
10~11歳 4.5  60 
12~14歳 5.5  80 
15~17歳 6.0  90 
18~29歳 5.5  100 
30~49歳 5.5  100 
50~69歳 5.5  100 
70歳以上 5.5  100 
妊婦 7.0  – 
授乳婦 8.0  – 

1-2.ビタミンDの欠乏症と過剰症

1-2-1.ビタミンDの欠乏症

ビタミンDが欠乏すると、乳幼児や小児では骨の変形が特徴的なくる病、成人では骨の石灰化障害を伴う骨軟化症の原因になります。また、若い女性において、カルシウムやビタミンDが長期期間不足すると、閉経後に骨折や骨粗鬆症の原因になるといわれています。骨粗鬆症などの予防には、早い時期からカルシウムやビタミンDを十分に摂取することが大切だと思います。

しかしながら、一般的に、ビタミンDは食事からの摂取量が不足しても、体内で合成できるため、不足することは少ないと思います。

1-2-2.ビタミンDの過剰症

ビタミンDを多量に摂取すると、吐き気、下痢、脱水症状などが起こります。腸管からのカルシウム吸収が亢進されるので、高カルシウム血症となり、腎障害や軟組織(血管壁や心筋、腎臓など)のカルシウム沈着による石灰化障害を起こすこともあります。ビタミンDの過剰症は、サプリメントなどでビタミンDを過剰に摂取した場合に生じることがあるので注意が必要となります。

 

2.ビタミンDの働き

活性型ビタミンDは、腸管や腎臓でカルシウムやリンの吸収を助け、骨の形成と成長を促します。
その上、活性化ビタミンDは、カルシウム摂取量が少ないと骨のカルシウムを血液に放出し、血中のカルシウム濃度を上昇させます。このように、骨のリモデリングやカルシウムの恒常性を維持し、強い歯・骨の形成や筋肉の収縮などを助けます。

 

3.ビタミンDと日光

ビタミンDは、体内でも合成できる栄養素として知られています。皮膚にあるプロビタミンDが紫外線にあたると、コレステロールを利用して、体内でビタミンDを作り出します。また、ビタミンDの生成量は季節や天気により異なります。ただし、高齢者ではビタミンD生産能力が低下します。

 

4.ビタミンDの多い食べ物

表:ビタミンDの多い食べ物

ビタミンDは、魚類(丸干しイワシ、サケなど)、鶏卵、きのこ類(きくらげ・乾燥、干しシイタケ・乾燥など)に豊富に含まれています。また、ビタミンDの含有量は、食材を使用する際のおおよその重量で計算しています。

ビタミンDは、ヒトが日光にあたると体内でも合成されるように、日を浴びるとビタミンDが増加する食べ物があります。干ししいたけ、きくらげ・乾燥、真イワシの丸干し、にぼしなどの天日乾燥させた食品にはビタミンDが多く含まれています。それゆえ、調理前に、30分ほど日光にあてるだけで、ビタミンDが増加するといわれています。

 

5.ビタミンDの補給に適した健康食品やサプリメント

今までの食生活・生活習慣を変えるのは難しいと思います。「健康食品」を活用して、食生活・生活習慣を変える“きっかけ”を作りませんか?機能性重視でおすすめできる健康食品を紹介します。

5-1.体にうれしいマルチビタミン(八幡物産株式会社)

食品の分類 栄養機能食品
原材料表示の成分名 「○○抽出物」などの表示がなく、具体的な物質名が記載されています。 
栄養成分の含有量 ビタミンD:1.6µg/粒
公式サイトにて、各栄養成分の含有量が記載されています。
栄養成分の機能 ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。 
その他 1日2粒が目安になります。
*β-カロテン、ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6、ビタミンD、ビタミンE栄養機能食品と記載されています。 
機能性の評価 ★★★★★

体にうれしいマルチビタミン

*β-カロテンはビタミンA前駆体であり、ビタミンA源の栄養機能食品として認められています。

5-2.カルシウム(UMIウェルネス株式会社)

食品の分類 栄養機能食品
原材料表示の成分名 「紫芋パウダー」の表示があり、どのくらいの量の紫芋を使用したのか分かりません。
栄養成分の含有量 カルシウム:210mg/1粒
ビタミンD:1.8µg/1粒
その他の栄養素の含有量も記載されています。
栄養成分の機能 カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。
ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。
その他 1日1粒が目安になります。
ビタミンDカルシウム栄養機能食品になります。
機能性の評価 ★★★★★

UMI ウェルネスの【カルシウム】

5-3. 飲むシリアル フルーツグラノラ風味(キッコーマン株式会社)

食品の分類 栄養機能食品
原材料表示の成分名 「○○抽出物」などの表示がなく、具体的な物質名が記載されています。
栄養成分の含有量 ビタミンD:2.5µg/250ml
公式サイトにて、各栄養成分の含有量が記載されています。
栄養成分の機能 ビタミンDは、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。
その他 1日250mlが目安になります。
五穀(大豆、大麦、玄米、コーン、白ごま)とフルーツ(りんご、パイン、オレンジ、みかん)を配合したシリアル飲料になります。
機能性の評価 ★★★★★

公式サイトではネット販売されていませんが、ケンコーコムなどでご購入いただけます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク