マイケアのさかな暮らしの基本知識・成分の効果・副作用の疑問を解決

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:さかな暮らし

1-1.さかな暮らしとは?

健康診断で中性脂肪値が高く心配している人は多いと思います。
また、普段の食事がお肉や揚げ物ばかりで、食生活が偏りがちな人もいると思います。
知らず知らずのうちに、お魚不足になっているかもしれませんね。

さかな暮らし(有限会社マイケア)は血中中性脂肪が高めの方の健康に役立つ機能性表示食品になります(2016/10/24に更新)。

さかな暮らしには、関与する成分としてエイコサペンタエン酸(EPA)ドコサヘキサエン酸(DHA)が含まれています。EPADHAは魚に豊富に含まれる栄養素として知られています。

そのため、さかな暮らしは➀健康診断で中性脂肪が高くて不安な人、➁食生活が偏りがちの人、➂お魚が苦手、あるいはお魚をあまり食べない人などにおすすめの中性脂肪を下げる食品になります。

1-2.基本情報

さかな暮らし

普段、魚をあまり食べない人におすすめ
さかな暮らしは血中中性脂肪を下げる食品!

効果の評価:★★★★★★★★☆☆ 8/10

食品の分類

機能性表示食品

機能性成分:
エイコサペンタエン酸(EPA)ドコサヘキサエン酸(DHA)

原材料

動物油脂(魚油)、クリルオイル(オキアミ抽出物)、コラーゲンペプチド/ゼラチン、グリセリン、L-グルタミン酸、クエン酸

通常価格

2800円(税別)

初回価格

2520円(税別)

1日の目安量

1日6粒

容量

30日分(180粒)

1-3.さかな暮らしの成分

栄養成分の含有量(6粒あたり)はこちらになります。

表:栄養成分の含有量

・エネルギー 28.8kcal ・炭水化物 0.14g
・たんぱく質 0.82g ・食塩相当量 0.0005~0.07g
・脂質 2.78g  

機能成分の含有量(6粒あたり)はこちらになります。

表:機能成分の含有量

・エイコサペンタエン酸
(EPA)
600mg ・ドコサヘキサエン酸
(DHA)
260mg

1-4.さかな暮らしの効果

さかな暮らし(有限会社マイケア)にはエイコサペンタエン酸(EPA)ドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富に含まれます。EPADHAは、血中中性脂肪を減らす作用があると分かっています。

なお、さかな暮らしのEPAとDHAの効果は、最終製品ではなく、機能性関与成分に関する研究レビューで、機能性を評価しています。

統計レビューにおいて、サプリメント形状の加工食品の場合に、摂取量を踏まえた臨床試験で肯定的な結果が得られています。

1-4-1.EPAとDHA

n-3系脂肪酸(オメガ3)のEPADHAは、魚に多く含まれる栄養素として知られています。

EPADHAは、肝臓において脂質合成酵素を活性化する転写因子のSREBP-1c (Sterolregulatory element-binding protein-1c)が核内へ移動するのを阻止します。

その上、中性脂肪合成酵素のDGAT (Diacylglycerol acetyl transferase )へ直接作用します。

このように、EPADHAは肝臓での脂肪酸の産生を抑えて、中性脂肪を下げます。

また、EPADHAは中性脂肪の代謝に必要である核内の受容体のPPAR-α(Peroxisomeproliferators-activated receptor-α)と結合して、肝臓において脂肪酸のβ酸化(脂肪酸の分解)を促し、中性脂肪産生に必要な脂肪酸を減少させて中性脂肪を下げます。

さらには、EPADHAは血液中の中性脂肪を分解する働きがあるリポ蛋白リパーゼ (LPL)の発現を上昇させ、中性脂肪の分解を促す効果もあると言われています。

つまり、EPADHAの効果の機序をまとめると、肝臓および血漿中の中性脂肪の産生を抑制して、かつ中性脂肪の分解を促す働きがあることになります。

さかな暮らしにはEPAやDHAが多く含まれているので、中性脂肪を下げる食品だと分かっていただけたと思います。

EPAとDHAについて詳しくまとめた記事」もあるので参考にしてください。

1-5.副作用はあるのか?

さかな暮らしを1日摂取目安量摂取すると、EPA 600mgとDHA260mgの合計860mg補給することができます。

この含有量は特定保健用食品の「イマーク」や「イマークS」の1日摂取目安量と同じ量になります。

さらに、さかな暮らしと同様に、イマークやイマークSのEPADHA はイワシ由来の魚油になります。

ちなみに、イマークは2004年4月、イマークSは2012 年10 月から発売されていますが、両製品に起因するとされた重篤な健康被害は報告されていません。

それゆえ、EPAやDHAの含有量が等しく、原材料が同じ魚由来である「さかな暮らし」を食べて副作用が生じる可能性も低いと思います。

1-6.まとめ

さかな暮らしの効果を「★8/10」と高く評価しました。中性脂肪を下げる食品として、マイナスした点として2つ、高く評価したポイントとして主に3つあります。なお、効果の評価は、他の項目も踏まえ、総合的に判断しています。

  1. 人を対象とした試験を実施しておらず、効果が統計的レビューでの評価である。
  2. 原材料の成分に「オキアミ抽出物」の表示があり、どのくらいの量のオキアミから、どのような方法で抽出したのか分かりません。
  1. 機能性表示食品である。
  2. 機能性成分として、エイコサペンタエン酸(EPA)ドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富含まれている。
  3. 効能は統計的レビューのみでの評価であるが、動物実験ではなくて、ヒトが対象の臨床研究において効果がみられている。

どんな健康食品やサプリメントでも完璧な食品ありませんが、中性脂肪を下げる食品として欠点と利点を総合的に考え、メリットの方がより大きいと評価しました。さかな暮らしは効果が十分に見込める中性脂肪を下げる食品であると思います。

最後に、今までの食生活・生活習慣を変えるのは難しいと思います。
ぜひ、「健康食品やサプリメント」を活用し、食生活・生活習慣を変える“きっかけ”を作りましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク