30~50歳代必見!ストレスフリーに必要な栄養素&サプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日常生活で悩みやストレスを感じる方は多いと思います。ストレスが長期に続くと、副腎が疲れてしまいます。
ストレス対策には、食生活や生活習慣を改善し、ストレスに強い身体を作ることも大切になります。

ストレスに適した栄養素やサプリを紹介しています。
ストレスの疑問を解決できると思います

 

1.ストレスとは

ストレスの要因となる刺激を”ストレッサー”と呼びます。ストレッサーは大きく4つに分けられます。
➀物理的ストレッサー(気温の変化、騒音など)
➁生物学的ストレッサー(病気、疲労など身体状態によるもの)
➂精神的ストレッサー(怒り、不安など精神状態によるもの)
➃社会的ストレッサー(家庭や職場、人間関係など社会的立場によるもの)

ストレスとは、ストレッサーが加わったことにより、「心身がゆがんだ状態」になることをいいます。ストレスの受けやすさは個人差がありますが、ストレスが長く続くと、精神的および身体的な健康に影響を及ぼします。

ストレス対策には、ストレスの要因となるストレッサーをなくすことが大切になります。また、食生活や生活習慣などを改善し、ストレスに強い身体を作ることもストレス対策につながります。

1-1.ストレスや悩みの状況

日常生活での悩みやストレスの有無をみると、12歳以上の者(入院者は除く)において、悩みやストレスが「ある」は48.1%、「ない」は50.6%となっています。

性別で悩みやストレスの有無をみると、男性が43.5%、女性が52.2%で女性の方が高くなっています。年齢階級別に悩みやストレスの有無をみると、男女ともに「40~49歳」が最も高くなっています。

日常生活での悩みやストレスの有無をみると、12歳以上の者(入院者は除く。)において、「ある」が48.1%、「ない」が50.6%となっています。性別で悩みやストレスの有無をみると、男性が43.5%、女性が52.2%で女性の方が高くなっています。年齢階級別に悩みやストレスの有無をみると、男女ともに「40~49歳」が最も高くなっています。

図:ストレスや悩みの状況(平成25年 国民生活基礎調査

1-2.ストレスによる代謝の変動

ストレスによる身体的な影響として、まず、アドレナリンやノルアドレナリンが関与する交感神経系・副腎髄質系の反応が生じます。長期のストレスでは、内分泌系反応が亢進し、抗ストレス作用がある副腎皮質ホルモンのグルココルチコイド(コルチゾール)が分泌されます。

この様に、自律神経やホルモンのバランスが乱れると、内臓の不調、免疫力低下、肩こりが生じます。

ストレスによる身体的な影響として、まず、アドレナリンやノルアドレナリンが関与する交感神経系・副腎髄質系の反応が生じます。長期のストレスでは、内分泌系反応が亢進し、抗ストレス作用がある副腎皮質ホルモンのグルココルチコイド(コルチゾール)が分泌されます。こららの自律神経やホルモンは、血管収縮、血圧上昇、心拍数上昇、血糖値上昇、体たんぱく質異化、消化管の活動抑制、抗炎症作用などの作用があります。このように、自律神経やホルモンのバランスが乱れると、内臓の不調、免疫力低下、肩こりなどが起こります。

図:ストレスによる代謝の変動

 

2.ストレスと副腎疲労症候群

副腎皮質から分泌されるコルチゾールは、あらゆる種類のストレスの耐性を上昇させます。しかし、長期のストレスにより、コルチゾールが分泌され続け、副腎が疲れてしまうとコルチゾールが分泌されにくくなります。この状態を副腎疲労症候群(アドレナルファティーグ)といいます。

また、コルチゾールは情動や認知機能にも影響します。それゆえ、副腎が疲労し、コルチゾールが不足すると、疲労感、食欲減退、抑うつなどを生じます。それだけでなく、嗅覚や味覚も過敏になります。

 

3.ストレスに適した食べ物や栄養素

ストレスを受けると、エネルギー代謝は亢進し、栄養素の要求が増加します。しかし、食べ物の消化や栄養素の吸収機能は低下してしまいます。その上、ストレスを感じると食事量や食行動が変化することが多く、摂食障害(過食や拒食など)を引き起こすこともあります。

ストレスの解消や予防には、良質なたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどのバランスのよい食事と規則正しい食生活を心がけることが大切になります。記事では、ストレス対策に効果的な栄養素として、たんぱく質、ビタミンC、カルシウムの3つをピックアップしています。

3-1.たんぱく質

たんぱく質は、神経伝達物質の合成を促し、脳の働きを活性化させ、精神を安定させます。
また、ストレスを受けると、体たんぱく質(主に筋たんぱく質)分解が促進されます。
それゆえ、たんぱく質の十分な補給が必要になります。

3-2.ビタミンC

ストレスを受けると、コルチゾールなどの必要量が高まります。
 ビタミンCは、コルチゾール、アドレナリン、ノルアドレナリンの生成に必要になります。
また、ビタミンCは、抗酸化作用や免疫機能回復といった生理的機能もあります。

3-3.カルシウム

カルシウムは神経や筋肉の興奮を抑制・調整し、イライラする気持ちを落ち着かせる効果があります。
しかし、ストレスを受け、コルチゾールが分泌されると、カルシウムの尿中排斥が促進されます。
そのため、ストレス状態では、カルシウムは不足しやすく、十分な補給が大切となります。

 

4.ストレスに適した健康食品

今までの食生活・生活習慣を変えるのは難しいと思います。「健康食品」を活用し、食生活・生活習慣を変える“きっかけ”を作りませんか?機能性重視でおすすめできる健康食品を紹介します。

4-1. ヌーススピリッツ(株式会社ヌースコーポレーション)

食品の分類 いわゆる健康食品(一般食品)
原材料表示の成分名 「○○抽出物」などの表示がなく、具体的な物質名が記載されています。
栄養成分の含有量 キトサン:192mg/カプセル
栄養成分の機能 いわゆる健康食品のため、機能性の表示はできません。
その他 1日2~6粒が目安になります。
紅ずわいガニの甲羅を精製して作られた動物性食物繊維の「キトサン」を原料にしています。
機能性の評価 ★★★★☆

心のサプリ「ヌーススピリッツ」

4-2. Dr’sラフマ葉GABA(株式会社ジョイフルライフ)

食品の分類 いわゆる健康食品(一般食品)
原材料表示の成分名 「クワンソウ粉末」「ラフマ葉抽出物」などの表示があり、どのくらいの量のから、どのような方法で抽出したのか分かりません。
栄養成分の含有量 γ-アミノ酪酸(GABA)やビタミン・ミネラルなどの栄養成分の含有量が記載されていません。
栄養成分の機能 いわゆる健康食品のため、機能性の表示はできません。
その他 1日2~4粒が目安になります。
機能性の評価 ★★☆☆☆

Dr’sラフマ葉GABA

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク