OLさん応援!善玉菌が腸内環境整え、お通じ改善&サプリ

ヒトの腸内には、善玉菌(乳酸菌のビフィズス菌など)や悪玉菌(ウェルシェ菌など)が生息しています。
オリゴ糖、乳酸菌、食物繊維などは、プレバイオティクスやプロバイオティクスとして腸内環境を整えます。

記事では、腸内環境に適したサプリメントを紹介します。腸内環境の疑問を解決できると思います。

 

1.腸内環境とは

ヒトの腸内には、500~1000種類、100兆個以上の腸内細菌が生息しています。腸内細菌のうち、乳酸菌のビフィズス菌などは生体に好都合をもたらす有用菌(善玉菌)、ウェルシェ菌などは生体に悪い影響をもたらす有害な菌(悪玉菌)と呼ばれます。また、善玉菌と悪玉菌のうち数が多い方に味方する日和見菌も存在します。腸内細菌の集まりのことを腸内フローラ(腸内細菌叢)といいます。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスは食生活、性、年齢、ストレスなどにより変動します。健康なヒトの腸内細菌のバランスは、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=4:3:3と言われています。

しかしながら、ヒトの腸内の善玉菌は年齢が上がるにつれて減少し、悪玉菌は増加します。それゆえ、日頃から腸内環境をよくする食品を積極的に摂取することが大切になります。 続きを読む

30代で抜け毛は心配!亜鉛の多い食材&サプリが悩み解消

亜鉛は、300種類以上の酵素の働きをサポートします。
亜鉛は、味覚障害のある人、抜け毛が気になる人、性機能が低下している人におすすめの栄養素になります。

亜鉛の多い食べ物やサプリメントを紹介しています。
亜鉛の疑問を解決できると思います。

 

1.亜鉛とは

亜鉛は、成人の体内に約2g含まれています。このうち、亜鉛の95%は細胞内に存在しています。生体内の亜鉛は、筋肉に約60%、皮膚に約20%あります。全血液中の亜鉛は、800~900µg/dlであり、血清中に10~20%、赤血球中に約75%、白血球中に約3%存在しています。

1-1.亜鉛の効果

亜鉛は、細胞分裂に必要であり、味蕾の形成に必要になります。また、亜鉛には、300種類以上の亜鉛含有酵素(RNAポリメラーゼ、アルカリフォスファターゼ、スーパーオキシドジスムターゼなど)があり、成長や中枢神経系、免疫系、味覚、皮膚、骨などの機能維持に関与しています。

その上、亜鉛は、インスリンの合成にも必要であり。皮膚たんぱく質やコラーゲンの生合成に関わっています。さらに、亜鉛は、女性ホルモンの分泌を活性化させ、精子の形成にも必要になります。

亜鉛の効果をまとめました。
➀味覚を正常に保つ。
➁細胞を合成し、新陳代謝や成長を促進する。
➂脱毛を予防する。
➃生殖能力を向上させる。 続きを読む

300種類の酵素をサポート!マグネシウムの効果とサプリ

マグネシウムは、300種類以上の酵素の働きをサポートしています。マグネシウムは、骨や歯を強くしたい人、肉や加工食品を多くとる人、清涼飲料水を飲む人におすすめの栄養素になります。

記事は、マグネシウムの多い食品やサプリメントを紹介しています。マグネシウムの疑問を解決できると思います。

 

1.マグネシウムとは

成人の身体には、約25gのマグネシウムが存在しています。そのうち、マグネシウムの50~60%は骨中、27%は筋肉、残りは腎臓、脳、肝臓などの組織、血中や細胞外液中に含まれています。

血清中のマグネシウム濃度は1.3~2.1mEq/lに保たれていますが、血清中のマグネシウム濃度が1.5mg/dl以下になると低マグネシウム血症、3.9mg/dl以上になると高マグネシウム血症の臨床症状がみられます。 続きを読む

妊婦のつわりも軽減!ビタミンB6の多い食べ物やサプリ

ビタミンB6は、アミノ酸代謝や神経伝達物質の生成に必要となります。また、ビタミンB6は妊婦のつわりにも関係しています。ビタミンB6は、肉や酒をよくとる人、口内炎の人、妊婦や授乳婦におすすめの栄養素になります。

記事は、ビタミンB6の多い食品やサプリメントも紹介しています。ビタミンB6の疑問を解決できると思います。

 

1.ビタミンB6とは

ビタミンB6は、水に溶けやすく、酸に強い栄養素になります。一方で、ビタミンB6は、光や紫外線で分解されやすい性質があります。ビタミンB6には、ピリドキシン(PN)、ピリドキサール(PL)、
ピリドキサミン(PM)の3種類が知られています。

ビタミンB6は、生体内でリン酸化され、ピリドキシンリン酸(PNP)、ピリドキサールリン酸(PLP)、ピリドキサミンリン酸(PMP)となって存在しています。ビタミンB6は、ヒトの体内の腸内細菌叢でも合成されるため、不足しにくい栄養素になります。 続きを読む

老化ストップ、ビタミンEで抗酸化!サプリもイイネ

ビタミンEには、抗酸化や血行促進作用があります。
ビタミンEは、老化が気になる人、冷え性の人、しもやけのある人などにおすすめの栄養素になります。

記事は、ビタミンEの多い食べ物やサプリメントを紹介しています。ビタミンEの疑問を解決できると思います。

 

1.ビタミンEとは

ビタミンEは、油脂に溶け、酸や熱に強い栄養素になります。一方で、ビタミンEは、非常に酸化されやすく、アルカリや紫外線で分解されやすい性質があります。ビタミンEには、4種類のトコフェロールと4種類のトコトリエノールの計8種類の同族体が知られています。

トコフェロールとトコトリエノールはメチル基の数により、α-、β-、γ-、δ-トコフェロールやトコトリエノールに区分されます。これらのうち、α-トコフェロールの生理活性が最も高く、体内ではα―トコフェロールが90%を占めています。

なお、トコフェロールとは、「子供を産む力を与える水酸基をもつ化合物」という意味があります。 続きを読む

血糖値が不安な人集まれ!40代はベジファースト&サプリ

血糖は、血液中のブドウ糖(グルコース)を指します。
グルコースは身体のエネルギー源になります。

血糖値やHbA1Cが高いと言われたことありませんか。
最近、血糖コントロールに血糖値(グルコース)スパイクも重要だと考えられています。

記事では、血糖値を下げる食品や食生活、血糖値に適したサプリを紹介しています。インスリンの節約は大切!

 

1.血糖値とは

血糖とは、血液中に含まれるブドウ糖(グルコース)のことで、血液中に一定濃度で含まれています。血糖には、フルクトースやガラクトースなどの糖質は含みません。

血糖は、エネルギー源としてグルコースしか利用できない組織(脳・神経組織、赤血球など)に必須となります。そのため、健常者の血糖値は、空腹時血糖値が70~80mg/dl(中高年では~110mg/dl)に維持されています。食後30~60分経過すると、血糖値が一時的に120~150mg/dlまで上昇しますが、2~3時間後には空腹時のレベルまで戻ります。これは、血糖値の上昇により、膵臓のランゲルハンス島β細胞からインスリンが分泌されることに由来します。

インスリンは、血糖値を下げる唯一のホルモンであり、血中のグルコースを筋肉や脂肪組織に取り込ませ、血糖値を下げます。それゆえ、インスリンの分泌不足あるいはインスリンの作用が発揮されないと血糖値が高くなり、糖尿病になります。 続きを読む

風邪に効く?ビタミンCで免疫力覚醒、サプリがサポート

ビタミンCの1日の必要量や効果をご存じですか。
ビタミンCは、老化が気になる人、風邪をひきやすい人、ストレスが多い人におすすめの栄養素になります。
 ビタミンCの欠乏症としては、壊血病が知られています。

この記事は、ビタミンCの多い食品やサプリメントも紹介しています。ビタミンCの疑問が解決できると思います。

 

1.ビタミンCとは

ビタミンC(化学名:アスコルビン酸)は、水に溶けやすく、アルカリや酸、熱に弱い栄養素になります。ビタミンCには、アスコルビン酸(還元型ビタミンC)とデヒドロアスコルビン酸(酸化型ビタミンC)があります。

アスコルビン酸は、抗酸化作用(還元力)があり、アスコルビン酸が他の物質を還元すると、デヒドロアスコルビン酸になります。デヒドロアスコルビン酸は、グルタチオンにより還元され、アスコルビン酸に戻ります。ただし、デヒドロアスコルビン酸は、不安定であり、容易に加水分解されて、ビタミンC活性のない2,3-ジケトグロン酸にも変化します。

ビタミンCは、体内に広く分布しており、特に副腎、肝臓、脳下垂体、眼球に多く存在しています。 続きを読む

女性の悩み解決へ、肌荒れにビタミンB2!お得なサプリ

ビタミンB2の必要量や働きはご存じでしょうか。ビタミンB₂は、脂質の摂取が多い人、肌荒れが気になる人、成長期の子ども、ダイエット中の人におすすめになります。ビタミンBが欠乏すると、口唇炎や口角炎が生じます。

記事は、ビタミンB2の多い食品やサプリメントも紹介しています。ビタミンB2の疑問を解決できると思います。

 

1.ビタミンB₂とは

ビタミンB₂(リボフラビン)は、水に溶けやすく、光やアルカリに極めて不安定な栄養素になります。一方で、ビタミンB₂は、黄色で強い蛍光を持ち、酸や熱に比較的強い性質があります。それゆえ、炒め物や加熱調理でも問題ありません。

ビタミンB₂は、小腸から吸収された後に補酵素型のフラビンモノヌクレオチド(FMN)やフラビンアデニンジヌクレオチド(FAD)に変換されます。体内では、FADが最も多く、ついでFMN、リボフラビンの順になります。 続きを読む

お酒は注意!アルコールでビタミンB1不足、厳選サプリ

ビタミンB₁の欠乏症は脚気やウェルニッケ・コルサコフ症候群があります。ビタミンB₁は、疲れやすい人、お酒をよく飲む人、運動する人におすすめしています。

記事は、ビタミンB1の多い食品やサプリメントも紹介しています。ビタミンB₁の疑問を解決できると思います。

 

1.ビタミンB1とは

ビタミンB1(チアミン)は、水に溶けやすく、熱や重曹(ベーキングパウダー)などのアルカリ性に弱い栄養素になります。一方で、ビタミンB1は、弱酸性では安定しています。ビタミンB1には、チアミン一リン酸(TMP)、チアミンニリン酸(TDP)、チアミン三リン酸(TTP)が知られています。

1-1.ビタミンB1の1日の必要量

ビタミンB1の必要量は、摂取エネルギー1000Kcalあたり0.45mgとされています。ビタミンB1の推奨量は、成人の男性では1.4mg/日、女性では1.1mg/日と策定されています。なお、ビタミンB1の食事摂取基準の数値は、チアミン塩酸塩相当量で策定しています。また、ビタミンB1は、食べ物から必要量を超えて摂取すると、尿中へ排斥されます。そのため、ビタミンB1の過剰症は報告されていません。 続きを読む

子供 ~ご高齢者を応援、ビタミンDで強い骨!厳選サプリ

ビタミンDは、日光を浴びると体内でも合成されます。
ビタミンDは、強い骨や歯を作るのに必要となります。
ビタミンDは、骨や歯が弱い方、乳幼児や子ども、妊婦や授乳婦、高齢者におすすめの栄養素になります。

記事を読んでいただくと、ビタミンDの疑問を解決できると思います。最後に、ビタミンDの多い食べ物やサプリも紹介しています。

 

1.ビタミンDとは

ビタミンDは、植物由来のビタミンD₂(エルゴカルシフェロール)と動物由来のビタミンD₃(コレカルシフェロール)があります。また、エルゴステロール(しいたけなどきのこ類に多い)と7-デヒドロコレステロール(ヒトや高等動物の皮膚に多い)は、プロビタミンDと呼ばれ、紫外線にあたると、それぞれビタミンD₂とビタミンD₃になります。ビタミンD₂とビタミンD₃は、同等の生理作用があります。

食物から吸収されたビタミンD₂と皮膚で合成されたビタミンD₃は、肝臓と腎臓で計2回の水酸化を受け、活性型の1α,25-ジヒドロキシビタミンD(活性化ビタミンD)となり、はじめてビタミンDの生理作用を示します。 続きを読む