成長サプリのノビルンの効果は?高評価の理由は3つある!

1:ノビルン

1-1.ノビルンとは?

お子様の成長に悩んでおられるお母さんは多いと思います。
周りの子と比べて小柄な気がする、体がなかなか大きくならないなどの悩みがありますよね。
また、食べ物の好き嫌いがあり、ご飯を食べる量が少なく心配されることもあると思います。

ノビルン(高光製薬株式会社)は、ビタミンB6ビタミンD栄養機能食品となります。

カルシウムの吸収を助けるビタミンDなどが含まれており、効率的なカルシウム摂取を促す成長サプリになります。

そのため、ノビルンは➀小中高生のお子様を持つお母さんやお父さん、➁お子様の成長が心配な人、➂偏食や少食の人、➃ビタミンB6ビタミンDを補給したい人、➄効率的にカルシウムを摂取したい人におすすめの成長サプリだと思います。 続きを読む

健康食品にも個性あり!多様な効果がある厳選サプリ4選

こんにちは。私は、管理栄養士・栄養士の医学部生!

これまでの生活習慣を変えるのは難しいと思います。
健康食品&サプリを活用し、食生活を変える“きっかけ”を作りませんか?

機能性重視で個性豊かな厳選サプリ4選を紹介します!

 

Part1:「シボガード」

外食や飲み会など生活習慣が気になりませんか?
  「シボガード」 で食後に上がる中性脂肪を抑えよう!

機能性評価★★★★★★★★★★ 10/10点 続きを読む

中性脂肪を下げる食品!マイケアのさかな暮らしの効果を解説

1:さかな暮らし

1-1.さかな暮らしとは?

健康診断で中性脂肪値が高く心配している人は多いと思います。
また、普段の食事がお肉や揚げ物ばかりで、食生活が偏りがちな人もいると思います。
知らず知らずのうちに、お魚不足になっているかもしれませんね。

さかな暮らし(有限会社マイケア)は血中中性脂肪が高めの方の健康に役立つ機能性表示食品になります(2016/10/24に更新)。

さかな暮らしには、関与する成分としてエイコサペンタエン酸(EPA)ドコサヘキサエン酸(DHA)が含まれています。EPADHAは魚に豊富に含まれる栄養素として知られています。

そのため、さかな暮らしは➀健康診断で中性脂肪が高くて不安な人、➁食生活が偏りがちの人、➂お魚が苦手、あるいはお魚をあまり食べない人などにおすすめの中性脂肪を下げる食品になります。 続きを読む

コンビニ弁当はリン過剰摂取になる!?食事の改善法も解説

リンは骨や歯の構成成分になります。また、リンはエネルギー源の貯蔵や脳・神経の機能維持に必要になります。

リンは、骨や歯を強化したい人におすすめしています。
記事は、リンの多い食べ物を紹介しています。

一方、リンは過剰摂取しやすく、デメリットもあります。
読んでいただくと、リンの疑問を解決できると思います。

 

1.リンとは

リンは、カルシウムに次いで身体に多いミネラルであり、身体に約670g含まれています。

生体内のリンのうち、約85%はカルシウムと共にヒドロキシアパタイトを形成し、骨や歯にあります。生体内のリンのうち、残りの約15%は神経、筋肉、血液などに有機リン酸エステル、リンたんぱく質、リン脂質、リン酸イオンとして存在しています。

リンは、体内では、血清中のリン濃度が2.5~4.5mg/dlになるように調節されています。なお、血清中のリン濃度は、子供が4.6mg/dl、大人が3.5mg/dlであり、子供の方が大人よりも高くなります。

1-1.リンの摂取基準

リンの目安量は、成人の男性が1000mg/日、女性が800mg/日とされています。 続きを読む

コレステロールを下げる食品!緑でサラナの効果と評価を解説

1:緑でサラナ

1-1. 緑でサラナとは?

普段、運動する時間はあまりないですよね。
その上、外食が多い人や野菜をあまり食べない人など食生活が偏っていることもあると思います。

また、健康診断でLDLコレステロールが高く心配している人もいると思います。

緑でサラナ(サンスター株式会社)はコレステロールが高めの方に適した特定保健用食品(トクホ)になります(2008/10/20に許可)。

関与する成分としては、ブロッコリー・キャベツ由来の天然アミノ酸(SMCS)が含まれています。

ちなみに、緑でサラナは特定保健用食品(トクホ)として野菜由来の天然アミノ酸(SMCS)を含んだ唯一の食品として知られています。

そのため、緑でサラナは➀運動不足の人、➁外食や飲み会が多い人、➂野菜不足の人、➃健康診断でLDLコレステロールが高く不安な人などにおすすめのコレステロールを下げる食品になります。 続きを読む

健康にいい食べ物!管理栄養士おすすめ食材4つ紹介(後編)

こんにちは!管理栄養士の健康食品で得する人です。

おすすめの健康にいい食べ物として、ウナギのかば焼き、卵の卵黄、ほうれん草、バナナなどがあります。後編は、ほうれん草とバナナの栄養価や効果を解説します。

管理栄養士・栄養士のおすすめ食材をぜひ参考にしてね!

1.ほうれん草

1-1.ほうれん草とは?

ほうれん草は、アカザ科の緑黄色野菜になります。

ほうれん草の原産地はペルシャ地方といわれており、江戸時代初期に日本へ伝わったとされています。日本では、千葉県、埼玉県、群馬県などで比較的多く生産されています。

ほうれん草は、11月~1月が旬の野菜であり、ビタミンCは夏採りほうれん草よりも冬採りほうれん草の方が多くなります。

そして、ほうれん草はとても栄養価の高い緑黄色野菜として知られています。ほうれん草は、β-カロテン、ビタミン類(ビタミンAビタミンKビタミンC葉酸など)、ミネラル類(カリウムカルシウムマグネシウム鉄分など)、食物繊維が豊富に含まれています。 続きを読む

大人のカロリミットの効果は三刀流!代謝&脂肪・糖吸収を抑制

1:大人のカロリミット

1-1.大人のカロリミットとは?

食事の量は変わっていないのに体重が増えていませんか。
また、運動しても効果を実感できない人もいると思います。
他にも、糖や脂質の多い食事をついつい食べてしまう人も多いと思います。

大人のカロリミット(株式会社ファンケル)は、日常活動時の脂肪を代謝する力を高め、その上、食事の脂肪・糖の吸収を抑える機能性表示食品になります(2017/3/14に更新)。

大人のカロリミットは、ギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして)、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミン、ペンタメトキシフラボンの計6つの機能性成分が含まれています。

そのため、大人のカロリミットは➀代謝が悪くなったと感じる人、➁運動しても効果が出にくい人、
➂糖や脂質の多い食事をとる人などにおすすめの「代謝サプリ」&「脂肪や糖の吸収を抑えるサプリ」になります。 続きを読む

健康にいい食べ物!管理栄養士おすすめ食材4つ紹介(前編)

こんにちは!管理栄養士の健康食品で得する人と申します。

おすすめの健康にいい食べ物としては、ウナギのかば焼き、卵の卵黄、ほうれん草、バナナなどがあります。前編では、ウナギのかば焼き、卵の卵黄の栄養価や効果を解説します。

管理栄養士・栄養士のおすすめ食材をぜひ参考にしてね!

1:ウナギのかば焼き

1-1.うなぎとは?

うなぎ(鰻)は、ウナギ科ウナギ属に分類される魚類の総称になります。うなぎは熱帯から温帯にかけて生息しています。

それゆえ、日本においても全国の河川に広く分布しており、秋に海に下ってきて、深海で産卵し、ふ化した稚魚が翌春に河川を遡上してきます。

市場に出回るうなぎは、ほとんどが養殖によるものであり、近年は国外(台湾や中国)から多く輸入されています。

うなぎを使った料理としては、かば焼き、白焼、ひつまぶしなどが知られています。ウナギのかば焼きは、地域によって作り方が異なり、関西では腹開きにしてそのまま焼き、関東では背開きにして蒸してかば焼きにします。

「うなぎを食べてスタミナをつけよう」と言われるように、ウナギのかば焼きには、レチノール、ビタミン類(ビタミンAビタミンDビタミンEビタミンB1パントテン酸など)、ミネラル類の亜鉛、n-3系脂肪酸のEPADHAが豊富に含まれています。 続きを読む

中性脂肪にはイマークS!効果や副作用の疑問をすぐ解決

1:イマークS

1-1.イマークSとは?

普段、運動する時間なく、その上、食生活が偏りがちな人やお酒をよく飲む人が多いと思います。
また、健康診断で中性脂肪値が高く心配している人もいると思います。

イマークS(株式会社全日本通販)は、血中中性脂肪が気になる方に適した特定保健用食品(トクホ)になります(2012/7/12に許可)。

イマークSには、関与する成分としてエイコサペンタエン酸(EPA)ドコサヘキサエン酸(DHA)が含まれています。EPAやDHAは魚に豊富に含まれる栄養素として知られています。

そのため、イマークSは➀運動不足の人、➁食生活が偏りがちの人、➂お酒をよく飲む人、➃健康診断で中性脂肪値が高く不安な人、➄魚が苦手であまり食べない人などにおすすめの中性脂肪を下げる食品になります。 続きを読む

食物繊維は便秘に効く!?疑問解決し、厳選サプリ4つ紹介

食物繊維は、腸内環境を整える、便秘の解消、生活習慣病の予防の効果があります。

水溶性と不溶性の食物繊維があり、便秘の解消にどちらを摂取したら効くか解説しています。また、食物繊維の多い食べ物とサプリを紹介しています。

たった3分で、食物繊維の疑問を解決できると思います。

1.食物繊維とは

食物繊維は、「ヒトの消化酵素によって消化されない、あるいは消化されにくい食品中の難消化性成分の総体」と定義されています。

食物繊維の多くは、植物性食材に含まれる難消化性多糖類になります。しかし、食物繊維にはキチンのような動物性の食物繊維やリグニンのような非炭水化物系の食物繊維もあります。

また、食物繊維は生理作用の面から、水溶性食物繊維(SDF)と不溶性食物繊維(IDF)に分けられます。

食物繊維はいくつも種類があり、その上、様々な生理機能があります。それゆえ、食物繊維は健康維持に必須の栄養素になります。実際、食物繊維は特定保健用食品機能性表示食品の成分としてたくさん利用されています。 続きを読む