オリゴのおかげが高評価の4の理由!お腹やお肌の悩み解決へ

1:オリゴのおかげ

1-1. オリゴのおかげとは?

普段、なんだかすっきりせず、お腹の調子が気になる人は多いと思います。
太ったかもしれないと感じることや肌のハリ・うるおいがなくなったと思うことありますよね。

もしかしたら、 腸内環境(腸内フローラ)の乱れが原因の一つかもしれません。

オリゴのおかげ (株式会社パールエース)は腸内のビフィズス菌を適正に増やして、おなかの調子を良好に保つとともに、 カルシウムの吸収を促進する効果があります。

お通じの気になる方に適した 特定保健用食品(トクホ)だと思います(2007/04/17に許可)。

関与する成分としては、乳果オリゴ糖が含まれています。

そのため、オリゴのおかげは➀すっきりしない人、➁お腹の調子を整えたい人、③肌のハリやうるおいが気になる人、④ 腸内環境の乱れを改善したい人、⑤効率的に カルシウムを吸収したい人におすすめの腸内環境を整える食べ物になります。 続きを読む

秋の果物2選!栄養価が高く、効果がある秋の食材だけ紹介

こんにちは!季節は秋を迎え、食欲がわいています。

秋の果物は、柿、イチジク、梨、ブドウなどたくさんあります。
記事は、栄養価が高く、効果のある秋食材の「柿」と「イチジク」を解説します。果物の栄養素ランキングも記載しています。

管理栄養士・栄養士の知識をぜひ参考にしてください!

1.柿

1-1柿とは?

柿の原産地は中国や日本などの東南アジアになります。そのため、日本では昔から、柿の果実、渋柿、柿の蒂(へた)、柿の葉などが民間薬として利用されています。

日本での主な産地は、和歌山県、奈良県、福岡県、岐阜県になります。

柿は甘柿と渋柿に分けられ、甘柿の種類としては富有柿、次郎柿、駿河柿、御所柿が知られています。

柿の渋味成分のタンニンは、甘柿の場合には成熟するにつれて不溶性のコロイド(水に溶けない状態)になるため渋味を感じることはありません。一方で、渋柿の場合には成熟しても水溶性のコロイド(水に溶ける状態)であるため渋味を感じます。

ちなみに、「酒を飲む前に柿を食べると悪酔いしない」とよく言われますが、柿に含まれるタンニンの作用であると考えられています。 続きを読む

セラクルミンは肝臓サプリ!クルクミンの効果と副作用は?

1:セラクルミン

1-1.セラクルミンとは?

会社の飲み会や懇親会の翌日、起きるのが辛いことがあると思います。

また、健康診断を受けて肝機能(AST、ALT(GPT)、γ-GTP)の数値が少し高く、心配している人がいるかもしれません。

毎日元気に過ごしたいものですもんね。

セラクルミン(株式会社セラバリューズ)は日本初の肝臓の健康のための機能性表示食品になります(2016/12/20に更新)。

セラクルミンは、クルクミンが機能性成分として含まれています。

そのため、セラクルミンは➀飲み会や懇親会がある人、➁朝、辛くスッキリしない人、➁肝機能の数値が心配な人、➃毎日元気に過ごしたい人におすすめの肝臓サプリになります。 続きを読む

カテキンジャスミン茶が絶対知っておくべきダイエット食品の3の理由

1:2つの働きカテキンジャスミン茶

1-1.2つの働きカテキンジャスミン茶とは?

年齢を重ねると、体型の悩みが増えると思います。
しかし、脂っこい食べ物や甘いスイーツはなかなかやめられないですよね!

また、今までに他のダイエット食品やダイエット法を試したが、効果がなくて困っている人もいるかもしれません。

やはり、食事は美味しく楽しみ、快適にダイエットができたら理想的だと思います。

2つの働きカテキンジャスミン茶(株式会社伊藤園)は、体脂肪が気になる方やコレステロールが高めの方に適した特定保健用食品(トクホ)になります(2016/7/15に許可)。

関与する成分としては、茶カテキンが含まれています。

そのため、2つの働きカテキンジャスミン茶は➀体型の悩みがある人、➁脂っこい物や甘いスイーツがやめられない人、➂他のダイエット食品から乗り換えたい人、➃快適にダイエットしたい人、➄体脂肪やコレステロールが気になる人におすすめのダイエット食品になります。 続きを読む

バイタルフローラは腸内環境を整えるサプリ!効果や評判は?

1:VITAL FLORA(バイタルフローラ)

1-1.バイタルフローラとは?

普段、なんだかすっきりせず、お腹の調子が気になる人は多いと思います。
太ったかもしれないと感じることやハリ・うるおいがなくなったと思うこともありますよね。

もしかしたら、腸内環境(腸内フローラ)の乱れが原因の一つかもしれません。

バイタルフローラ (健康コーポレーション株式会社)は、腸内環境を良好にし、腸の調子を整える機能性表示食品になります(2017/04/19に更新)。

バイタルフローラは、関与する成分としてビフィズス菌BB536が含まれています。
ビフィズス菌は善玉菌として知られています。

また、外食やストレス発散についつい食べ過ぎてしまう人など食生活が偏っている人もいますよね!

そのため、バイタルフローラは➀すっきりしない人、➁お腹の調子を整えたい人、➂ハリやうるおいが気になる人、➃食生活が偏りがちの人などにおすすめの腸内環境を整えるサプリになります。 続きを読む

ビールを注意するのに使える!飲み過ぎで生じる50の悪影響

こんにちは!!管理栄養士の健康食品で得する人と申します。ビールを注意しやすいように、悪い影響をまとめました。

ビールは飲む量に応じて、または多量に長期間飲むと副作用が生じます。その上、飲む量に関係なく、女性の乳癌のリスクは上昇します。

記事では、どのくらい飲むと、どのような悪い影響が生じるかを解説しています。ぜひ参考にしてください!

 

1.ビールについて

ビールは適量であれば良い効能が多くあります。
しかし、ビールを過剰に飲み過ぎると有害作用が生じるリスクがあります。

ちなみに、日本人は、ビールを一人一年間あたり42.6Lほど消費しているそうですよ。この量は、350mlの缶ビールおそよ122本分に相当します。

安全性の面から言うと、ビールは一日に720ml(≒350mlの缶ビール2.1本分)以下であれば安全であると言わています。

しかしながら、一日に720ml以上飲むと、副作用が生じる可能性が高くなります。

また、妊婦(特に、妊娠2カ月までの間)や授乳婦はビールを飲むのを避けた方がよいでしょう!

では、ビールの悪い影響について詳しく解説してゆきます。 続きを読む

おとなの前菜は中性脂肪と血糖値の上昇を抑える!効果解説

1:おとなの前菜

1-1. おとなの前菜とは?

血糖値と中性脂肪は気になりますよね!次の健康診断が不安に感じている人が多いと思います。

それでも、糖や脂質の多い食事をついつい食べてしまい、後悔なんてこともあるかもしれません。

また、野菜不足を日頃感じる人やお腹の調子が気になる人も多いと思います。

おとなの前菜 (UMIウェルネス株式会社)は、食後の中性脂肪・糖の吸収をおだやかにして、その上、おなかの調子を整える機能性表示食品になります(2017/5/11に更新)。

関与する成分として難消化性デキストリン(食物繊維)が含まれています。
食物繊維は野菜類や果物類に豊富に含まれる栄養素として知られています。 続きを読む

女性必見!骨のサプリメントのタマコツBPの効果や評判は?

1.タマコツBP

1-1.タマコツBPとは?

女性の方で骨の健康を心配されている人は多いと思います。

カルシウム不足が気になるが、必要量を食事から摂取するのは大変ですよね。
それに、カルシウムの吸収率は年齢とともに大幅に低下するので、なおさら難しいと思います。

タマコツBP (株式会社ファーマフーズ)は、ビタミンD栄養機能食品となります。

ビタミンDカルシウムの吸収を助ける効果があり、効率的なカルシウム摂取を促す骨のサプリメントになります。

そのため、タマコツBPは➀女性、➁骨の健康が不安な人、➂効率的にカルシウムを摂取するために、ビタミンDを補給したい人などにおすすめの骨のサプリメントだと思います。

そして、これからも活動的に旅行やお出掛けができるよう、丈夫な骨を維持しましょうね! 続きを読む

おいしい青汁!お腹の調子&脂肪・糖の吸収を抑える飲み物

1:おいしい青汁(森永製菓)

1-1. おいしい青汁(森永製菓)とは?

普段、野菜不足を感じる人やお腹の調子が気になる人は多いと思います。
また、糖や脂質の多い食事をついつい食べてしまうことありますよね!
健康診断で中性脂肪値や血糖値が高くなり不安に感じている人もいると思います。

おいしい青汁(森永製菓)は、お腹の調子を整えて、その上、食後の中性脂肪・糖の吸収を抑える機能性表示食品になります(2017/5/15に更新)。

おいしい青汁は、関与する成分として難消化性デキストリン(食物繊維として)が含まれています。
食物繊維は野菜類や果物類に豊富に含まれる栄養素として知られています。

そのため、おいしい青汁は➀野菜不足または野菜の成分を補給したい人、➁お腹の調子を整えたい人、➂糖や脂質の多い食事をとりがちの人、➃健康診断で中性脂肪値や血糖値が高く不安に感じている人におすすめの「お腹の調子を整える飲み物」&「脂肪や糖の吸収を抑える飲み物」になります。 続きを読む

秋の食材で栄養価が高く、効果がある野菜3つ紹介(後編)

こんにちは!季節は秋を迎え、食欲がわいています。

秋の野菜はかぼちゃ、人参、かぶなどたくさんあります。
後編では、栄養価が高く、効果のある秋の食材の「かぶ」を解説します。野菜の栄養素ランキングも記載しています。

管理栄養士・栄養士の知識をぜひ参考にしてください!

1.かぶ

1-1.かぶとは?

かぶは、アブラナ科アブラナ属の越年草になります。かぶは、かぶら・かぶらな・すずな(鈴奈、菘)・ほうさい(豊菜)・だいとうな(大頭菜)などと呼ばれることもあります。

かぶの原産地はヨーロッパ、あるいは中央アジアと言われています。日本では、千葉県や埼玉県で多く生産されています。

かぶの食べごろは、甘味が強くなる秋から冬(10月~1月頃)になります。なお、かぶの別名の「すずな」は春の七草の一つであり、春のかぶは肉質が柔らかい特徴があります。

また、かぶは主に肥大した根の部分が食べられますが、葉もおいしく、品種により茎葉が主体のものがあります。

ちなみに、かぶの根は淡色野菜、葉は緑黄色野菜になります。そのため、かぶの根と葉では栄養成分が大きく異なり、かぶは葉の部分の方が栄養分を豊富に含んでいます。 続きを読む