料理初心者が、自炊して9キロのダイエットにも成功した話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうも、健食さんです。

食品会社でヨーグルトをつくったり、YouTubeで40万回再生の動画つくったりしてます。


私が、はじめて料理したのは小学生です。

とは言っても、調理実習です。

みなさんは何を作りましたか?

私はみんなでカレー作りましたね。


あまりにも美味しくて、それを家でも作ろうとして、
父親と母親は働いてるので、こっそり台所で調理しました。

ほんと上出来でした。カレーは誰が作っても旨いですよね。

無印良品のグリーンカレーとか、バターチキンカレーには勝てませんが、、、。
あれ最高に美味しいですよねw


その話は置いといて、

急いで片付けようと、包丁を洗ってたんだ、、、。

これがまたさ、父親が料理好きで、

切れ味抜群の鋭い刃で、ごしごししてたら、スポンジごとスーっとね。

指の根元がパックリ切れちゃって、そりゃー痛いのなんの。

気づいたら、病院。料理の洗礼を受けましたw


ごめん、ごめん。怖がらせるつもりはないよ。

そんな私でも管理栄養士になれた、ってこと。


だけど、初心者が高級な包丁はダメですね。包丁もそんなに研がなくてもいいです。

うっかり指を切りますからね。


それでも私が料理を続けたのは、絶対に覚えないと損だと思ったからです。

友人が自宅に来たとき、みんなから一目おかれますし、
手料理が嫌な男性はいませんから、喜んでもらえます。

健康にいいし、節約になる。人生で必須のスキルです。

 

ひとつ質問がありまして、

「どうして調理実習はカレーを作るのかわかります?」


答えは、初心者が学べきことが詰まっているからです。


カレーは3つの調理器具で作れます。

あの包丁と、具材を炒めるフライパン、ぐつぐつ煮込む鍋。たったこれだけ。


最初は電子レンジや圧力鍋やフードプロセッサーはいらないんですよ。というか、そうゆうものを使う料理を作ってはいけない。


いろいろ調理器具を揃えると、お金かかりますし、料理に時間かかります。

これって、かなりのリスクです。

商売に例えると、まだ開店してないのに多額の借金あります、って感じ。なにもしてないのに赤字。

レシピ本を選ぶときも、いろんなレシピが載ってるものは選ばないこと。購買意欲をかき立てるため、写真も修正して華やかにしてますのでご注意を。

実際にあれを見ながらだど、自分のと比べちゃって、いいことありません。

これから料理を始めたい、もうちょっと上達したい、
と思ってるなら、ハードルを上げてはいけません。

リスクは最小限に、簡単なものから繰り返すことです。

 

小学校の授業を思い出してください。

1限目が国語
2限目が算数
3限目が理科

とか時間割が決まってるでしょ。

国語と算数と理科を同時にはできません。

順序があるのです。
小さく始めることが基本ですね。


それにカレーは応用できます。

ポークカレーとか、
スープカレーとか、
ハヤシライスとか、
シチューとか、
工程がほぼ同じ。

だけど、いきなりポークカレー作れ、と言われてら戸惑う。この迷いや不安で心が折れる。

 

何から作ったらいいかと聞かれたら、
身近なもので包丁、フライパン、鍋で作れるもの」と答えますね。

だから最初にすべきことは、包丁、フライパン、鍋を買うこと。

包丁と鍋は一般的なものでいいです。こだわるなら、フライパンですね。

火の通りが悪く、汚れが落ちないものは、ストレスになります。

火の通りが悪いと、調理時間が伸びるし、
汚れが落ちないと、洗い物に時間かかる。


家にあるテレビをハンマーで壊すことを想像してください。

「ああ、もったいないなぁ」と思うでしょ。

安いフライパンは、あなたの大切な時間を壊しますよ。


おすすめのフライパンはこちらの記事をご参考に!


それでは!

SNSでもご購読できます。

 

 

私は学生時代に9キロの減量に成功しました。
11年間リバウンドの経験はありません。
ですが、
若いからできるんだろ?とも言われます。

 
私はもともと健康的な食事をしていたわけでもなければ、
ましてや炭水化物が好物で暴飲暴食を繰り返してました。
運動が得意だったわけでもありません。

 

そんな私でも自分らしい選択を選ぶようになり
マイナス9kg痩せることができました。
そして私の生き方や人生が劇的に変わりました
結局、やるか、やらないかです。

 

何歳からでも健康になれるし

 

学んでいけば誰でも本来の自分を取り戻すことができる。
私、健食さんが何をやって、そして自分の価値観に基づいて行動する過程を下記の記事では公開してます。

医学部卒の管理栄養士、健食さんの行動理念

 

 

 

コメントを残す

*

スポンサードリンク