チアシード

初心者でも簡単なチアシードの戻し方!水の量・時間・保存方法は?

チアシードは魅力たっぷりのスーパーフード。今すぐに食べていただきたい。

たった大さじ1杯(12g)で、健康に良いオメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)、食物繊維、高品質なタンパク質を摂取できる。

また、毎日食べ続けると、沢山の健康上の利益を得られる。例えば、ダイエット、美肌・美容、癌の予防などの効能がある。健康的に美しくなるには絶対必須の健康食品である。

チアシードはドリンクやヨーグルトに入れられるし、つなぎの卵の代わりに使って焼き菓子を作れる。私はチアシードを朝食のプディンングとサラダに加えて食べている。

このように、チアシードは汎用性が高く、アレンジレシピは数多くある。それに、ヴィーガン(肉、魚、卵、乳製品など動物性食品を食べない完全菜食主義者)やグルテンフリー(小麦、大麦、ライ麦に含まれるタンパク質のグルテンを食べない健康法)を実践している人でも安心して食べられる。

しかし、チアシードに関してはネット上で誤った情報が爆発的に増えいる。

その1つが、チアシードの戻し方である。そこで、本日は、チアシードを戻す水の量時間保存方法など、正しい戻し方の情報を丁寧に伝えていこうと思う。 続きを読む

チアシードの食べ方40選~人気レシピから学ぶスゴイ使い方

チアシードはどうやって食べたらいい!?

実は、チアシードの用途は広く食べ方は無限にある。

ぜひ、この記事に公開してる40の食べ方を覗いてみて欲しい。必ず、チアシードを使いこなせるようになり、毎日の食事が楽しくなる。

最初に、チアシード(サルバチア)について解説しよう。チアシードはマヤやアステカ文明の時代から食べられており、エネルギー・必須ミネラル(鉄分、カルシウム、カリウムなど)・抗酸化物質が豊富なスーパーフードである。マヤの戦士たちは、チアシードたった大さじ1杯(12g)で、1日の戦闘を耐え抜くことができたそうだ。今でも、長距離のマラソン選手、プロスポーツ選手、健康志向の高い人が愛好している。

大さじ1杯で健康的なオメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)が2106mg含まれているし、食物繊維は1日の必要量の22%も摂取できる。また、たんぱく質は品質が高い。(1) 続きを読む

チアシードの最適な1日の摂取量【大さじ1杯以上でも大丈夫】

“スーパーフード”をご存知だろうか?

おそらく、一度は耳にしたことがあるはずだ。スーパーフードは世界の健康食材で、なかなか栽培が難しく入手困難で高価なものだと思っていないか?

そんなことはない。あなたの生活の中に身近にある。例えば、ウコン、ココア、アセロラ、アーモンドがそうだ。

そして、本日、ご紹介する”チアシード”は国内で話題を集めて簡単に購入できるようになってきたスーパーフードである。

しかし、チアシードって一体何なのか、毎日どのくらいの量を食べるのか? きっと、分からないことだらけだろう。

この記事は、そういった疑問や悩みを解決して、あなたにもチアシードを楽しんでもらいたいという思いから書いている。 続きを読む

チアシードの栄養で絶対知っておきたい5の特徴+カロリー!

チアシードはチアという植物(Salvia hispanica)の小さな種子だ。

原産国はメキシコとグアテマラで、古代マヤ・アステカでは主食として食べていた。それゆえ、チアシードの”チア”はマヤ語の”強さ”を意味する。(1)

チアシードには、食物繊維、健康に良いオメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)、高品質のタンパク質、鉄分やカルシウムなどの必須ミネラル、抗酸化物質が含まれている。

また、糖尿病のリスクを下げ、胃や腸の働きを良くし、オメガ3脂肪酸の血中濃度を上げて心臓の健康を守るなど、多様な効能がある。

チアシードは非常に小さく平らな楕円形をしており、光沢があって滑らかな触り心地がする。色は黒、茶、白のものまで存在している。(2)

黒色のブラックチアシードと白色のホワイトチアシードの成分を比べると、含有量に多少の差はあるが、どちらも栄養価が高いことに変わりはない。好みの色を選ぶと良いだろう。 続きを読む

チアシードライムフレスカ【自然派エナジードリンク】

突然だが、全米20万人の走りを変えてベストセラーとなった、クリストファー・マクドゥーガルの『走るために生まれた』をご存知だろうか。

『走るために生まれた』は2010年に発売され大ヒットした。

この幻想的な本の中で、ヒトの身体と心は密接に関連していると述べられている。

地球上の他の生物とは異なり、ヒトの身体と心は相関している。私たちは運動したり、働くために合理的な身体しており、同時に、常に脳も効率を上げることを求めている。

もし、あなたがランニングやフィットネスに関心があるなら、この本が多くのことを教えてくれるだろう。非常に価値ある本である。日本語に翻訳されたものがあるので、興味がある人は読んでみよう。 続きを読む

チアシードを妊娠中に絶対食べておくべき11の理由

チアシードは植物性タンパク質、オメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)、食物繊維、鉄分、カルシウム、抗酸化物質など栄養素が豊富に含まれている。

また、乳がんや子宮頸がんの増殖を抑えたり、減量に効果があったり、2型糖尿病を改善・予防する作用がある。

チアシードは代表的なスーパーフードと言えるだろう。

それに、チアシードは消化の良い食べ物で、汎用性が高く簡単に料理に加えることができる。もともと、原産国のメキシコでは、栄養豊富で効能が高いことから、通貨として使用されていたぐらいだ。

このように、あなたが思っている以上にチアシードは高評を得ている!

そして、チアシードを妊娠中に食べるメリットは非常に大きい。 続きを読む

チアシード&ラズベリーの低糖質ジャム【パン・ヨーグルト相性抜群】

今すぐ、大きな袋に入った砂糖と甘い果物の缶詰を買うのを辞めよう!

本日は、砂糖不使用で新鮮なラズベリーを使い、簡単に作れる低糖質ジャムのレシピをお伝えする。また、このジャムには健康に良いチアシードが入っている。チアシードは水分を吸収して、ゲル化する性質があり、この特性を活かし、低糖質のジャムを作る。

一体チアシードとは何か、その小さな種子に秘めたる力は?

5年前、私はこの小さな黒い種子が、他の食材よりも優れていることを知った。“スーパーフードを教えて”と聞かれたら、真っ先に”チアシード”と答えるだろう。

なぜなら、チアシードには食物繊維、オメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)、植物性タンパク質などが豊富に含まれているからだ。 続きを読む

チアシードダイエット!効果実証済みの方法と22のレシピ

数年前、スーパーフードとして話題を集めた”チアシード”。

国内にも少しずつ浸透してきた。インスタグラムやツイッターで、美味しそうなチアシードのブディングやスムージーを見かけるだろう。

一体、チアシードとは何なのか?

チアシードはメキシコ原産のチアと呼ばれる植物の種子である。アステカ文明やマヤ文明の頃から穀物として常食されていた。また、チアシードは水に浸すと水分を吸収して膨らみ、ゲルのように粘度が増す特性がある。

そして、最近になって、チアシードはダイエットを含めて、様々な効果があると分かってきた。しかし、チアシードでダイエットしても中々思うように結果が出ずに悩んでいる人が多い。

本当に、チアシードで痩せられるのか? 続きを読む

チアシードの6の副作用+簡単な予防策

チアシードは、チアという植物(学名: Salvia hispanica)の種子で、非常に栄養価が高く、水に浸すと膨らむ面白い性質がある。

そして、チアシードはこの特性を活かし、様々な料理に使うことができる。特に、パンケーキ、パフェ、ヨーグルト、プディングに加えるのがオススメだ。

また、チアシードは水分を吸収し、ゼラチンのように粘度が上昇するので、増粘剤としても使用できる。私はパンやベーカリー製品を作るとき、つなぎの卵の代わりに、チアシードを代用している。非常に汎用性が高い食材である。(1)

このように、チアシードの栄養価や健康効果、そして、ゲル化や増粘化する特性はとても魅力的である。多くの場合、チアシードを食事に取り入れること、料理のバリエーションが増えて、健康的な生活を送ることができる。

しかしながら、チアシードは使い方を間違えると副作用を起こす危険がある。また、食べ過ぎたら太ってしまう。 続きを読む

【たった5分で完成】チアシードとココナッツミルクのプディング

最近、私は急にある食材が欲しくなった。

それは、可愛らしい箱に入ったチョコレートやクッキーではなく、スーパーの端っこに置いてあった”チアシード”だった。

そして、人生で初めてチアシードを購入した。

これまで私はチアシードという健康食品を知らなかった。後悔している。いや、この機会に知ることができて良かったのかもしれない。

それ以降、私はチアシードに夢中になっている! 続きを読む