チアシード

簡単に作れる15のチアシードの飲み物とコスパ最強のおすすめ商品

誰でも簡単に作れてチアシードと絶妙に合う飲み物をお探しですか!?

チアシードは栄養豊富でダイエットなどの効果があり、スーパーフードの代表格である。しかし、チアシードの食べ方が分からず、困っている方は多いはず。

以前、私もチアシードの正しい使い方を知るため、海外のレシピを見て情報を集め回っていた。調べてみると、チアシードは汎用性が高く、とても扱いやすい食品だと分かった。

特に、チアシードをジュースにミックスすると、本当に魅力的なドリンクになり感動してしまうほどに美味しいものばかりだった…

飲み物であればチアシードを手軽に摂取でき、ビンに入れて持ち運べるから本当におすすめ。

本日は、自宅で絶対に作ってほしいレシピを厳選し、15のチアシードドリンクをお伝えする。 続きを読む

チアシードヨーグルトをフル活用!相性抜群の10のトッピング

チアシードをヨーグルトに一晩浸けた「オーバーナイトチアシードヨーグルト

チアシードとヨーグルトの相性は最高で、甘いミルクの風味がヨーグルトに混ざり合い、チアシードの食べ応えも抜群でプチプチ食感がたまならい逸品!

最も簡単なヘルシー料理で、チアシードとヨーグルトの量は調節も可能。

贅沢な朝食を堪能できること間違いなし!

作り方はシンプルで、チアシード、ヨーグルト、ミルクを容器に入れ、軽く混ぜてから冷蔵庫に置いて一晩待つだけ。じっくりチアシードを寝かせることで、栄養素の消化吸収率が上がり、より健康的で美味しくなる。

私が毎朝食べている秘密のレシピを詳しく知りたい? 続きを読む

チアシードをそのまま食べて窒息しかけた39歳男性から学ぶべき事

要注意! チアシードをそのまま食べるのは危険!?

栄養満点で圧倒的な効果効能が魅力の「チアシード」。小さな楕円形の種子ではあるが、食物繊維、たんぱく質、心臓に良いオメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)がたっぷり含まれている。チアシードの健康効果は『チアシードの11の効果+食べ方+レシピ』に詳しく解説しているので、参考にしていただけたら嬉しい。

ただし、チアシードは正しい食べ方で楽しむもので、乾燥した状態で過剰に摂取すれば副作用を起こし危険である。栄養価だけを考えると、生のまま食べても、水に浸してから食べても、どちらも栄養豊富なことに変わりはないが、絶対に水で戻してから食べることをお勧めする。

特に、嚥下障害や食道狭窄(何かの原因で食道が狭くなり通過障害が生じている状態)の方、ご高齢者、子供がそのまま食べると危ない。 続きを読む

チアシードの味と匂い|そのまま食べるのと水に戻すので変わる!?

1年前、私はチアシードの記事を偶然目にした。そこで、チアシードの効果効能を知り、すぐにでもこの不思議な小さな種子を食べてみたいと思った。

次の日、私はチアシードをスーパーに買いに行き、さっそく味見してみた。最初はチアシードをそのまま食べた。

ほのかな香りと独特な食感がとても美味しく楽しかった。チアシードは乾燥した状態だとフレークのようなサクサクした食感だった。

その後、私はチアシードをミルクに浸し、オートミールを作った。チアシードとミルクを混ぜ、20分ぐらい置くと、チアシードがミルクを吸いこみ、ヌルヌルしたグミみたいになった。これはあまり旨いと思わなかった。

しかし、ちょうどこの頃、国内でもチアシードが徐々に人気を集め、新しい食べ方が次々出てきた。私はチアシードの人気レシピを参考にして、ユニークな使い方をたくさん試した。水に浸しても美味しく食べられる方法を探した。

本日は、私が感じたチアシードの味・匂い・食感水に戻したら風味と食感は変化するか、そして、水に浸して美味しく食べる方法をお伝えする。 続きを読む

初心者でも簡単なチアシードの戻し方!水の量・時間・保存方法は?

チアシードは魅力たっぷりのスーパーフード。今すぐに食べていただきたい。

たった大さじ1杯(12g)で、健康に良いオメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)、食物繊維、高品質なタンパク質を摂取できる。

また、毎日食べ続けると、沢山の健康上の利益を得られる。例えば、ダイエット、美肌・美容、癌の予防などの効能がある。健康的に美しくなるには絶対必須の健康食品である。

チアシードはドリンクやヨーグルトに入れられるし、つなぎの卵の代わりに使って焼き菓子を作れる。私はチアシードを朝食のプディンングとサラダに加えて食べている。

このように、チアシードは汎用性が高く、アレンジレシピは数多くある。それに、ヴィーガン(肉、魚、卵、乳製品など動物性食品を食べない完全菜食主義者)やグルテンフリー(小麦、大麦、ライ麦に含まれるタンパク質のグルテンを食べない健康法)を実践している人でも安心して食べられる。

しかし、チアシードに関してはネット上で誤った情報が爆発的に増えいる。

その1つが、チアシードの戻し方である。そこで、本日は、チアシードを戻す水の量時間保存方法など、正しい戻し方の情報を丁寧に伝えていこうと思う。 続きを読む

チアシードの食べ方40選~人気レシピから学ぶスゴイ使い方

チアシードはどうやって食べたらいい!?

実は、チアシードの用途は広く食べ方は無限にある。

ぜひ、この記事に公開してる40の食べ方を覗いてみて欲しい。必ず、チアシードを使いこなせるようになり、毎日の食事が楽しくなる。

最初に、チアシード(サルバチア)について解説しよう。チアシードはマヤやアステカ文明の時代から食べられており、エネルギー・必須ミネラル(鉄分、カルシウム、カリウムなど)・抗酸化物質が豊富なスーパーフードである。マヤの戦士たちは、チアシードたった大さじ1杯(12g)で、1日の戦闘を耐え抜くことができたそうだ。今でも、長距離のマラソン選手、プロスポーツ選手、健康志向の高い人が愛好している。

大さじ1杯で健康的なオメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)が2106mg含まれているし、食物繊維は1日の必要量の22%も摂取できる。また、たんぱく質は品質が高い。(1) 続きを読む

チアシードの最適な1日の摂取量【大さじ1杯以上でも大丈夫】

“スーパーフード”をご存知だろうか?

おそらく、一度は耳にしたことがあるはずだ。スーパーフードは世界の健康食材で、なかなか栽培が難しく入手困難で高価なものだと思っていないか?

そんなことはない。あなたの生活の中に身近にある。例えば、ウコン、ココア、アセロラ、アーモンドがそうだ。

そして、本日、ご紹介する”チアシード”は国内で話題を集めて簡単に購入できるようになってきたスーパーフードである。

しかし、チアシードって一体何なのか、毎日どのくらいの量を食べるのか? きっと、分からないことだらけだろう。

この記事は、そういった疑問や悩みを解決して、あなたにもチアシードを楽しんでもらいたいという思いから書いている。 続きを読む

チアシードの栄養で絶対知っておきたい5の特徴+カロリー!

チアシードはチアという植物(Salvia hispanica)の小さな種子だ。

原産国はメキシコとグアテマラで、古代マヤ・アステカでは主食として食べていた。それゆえ、チアシードの”チア”はマヤ語の”強さ”を意味する。(1)

チアシードには、食物繊維、健康に良いオメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)、高品質のタンパク質、鉄分やカルシウムなどの必須ミネラル、抗酸化物質が含まれている。

また、糖尿病のリスクを下げ、胃や腸の働きを良くし、オメガ3脂肪酸の血中濃度を上げて心臓の健康を守るなど、多様な効能がある。

チアシードは非常に小さく平らな楕円形をしており、光沢があって滑らかな触り心地がする。色は黒、茶、白のものまで存在している。(2)

黒色のブラックチアシードと白色のホワイトチアシードの成分を比べると、含有量に多少の差はあるが、どちらも栄養価が高いことに変わりはない。好みの色を選ぶと良いだろう。 続きを読む

チアシードライムフレスカ【自然派エナジードリンク】

突然だが、全米20万人の走りを変えてベストセラーとなった、クリストファー・マクドゥーガルの『走るために生まれた』をご存知だろうか。

『走るために生まれた』は2010年に発売され大ヒットした。

この幻想的な本の中で、ヒトの身体と心は密接に関連していると述べられている。

地球上の他の生物とは異なり、ヒトの身体と心は相関している。私たちは運動したり、働くために合理的な身体しており、同時に、常に脳も効率を上げることを求めている。

もし、あなたがランニングやフィットネスに関心があるなら、この本が多くのことを教えてくれるだろう。非常に価値ある本である。日本語に翻訳されたものがあるので、興味がある人は読んでみよう。 続きを読む

チアシードを妊娠中に絶対食べておくべき11の理由

チアシードは植物性タンパク質、オメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)、食物繊維、鉄分、カルシウム、抗酸化物質など栄養素が豊富に含まれている。

また、乳がんや子宮頸がんの増殖を抑えたり、減量に効果があったり、2型糖尿病を改善・予防する作用がある。

チアシードは代表的なスーパーフードと言えるだろう。

それに、チアシードは消化の良い食べ物で、汎用性が高く簡単に料理に加えることができる。もともと、原産国のメキシコでは、栄養豊富で効能が高いことから、通貨として使用されていたぐらいだ。

このように、あなたが思っている以上にチアシードは高評を得ている!

そして、チアシードを妊娠中に食べるメリットは非常に大きい。 続きを読む