栄養素と機能性成分の紹介

コンビニ弁当はリン過剰摂取になる!?食事の改善法も解説

リンは骨や歯の構成成分になります。また、リンはエネルギー源の貯蔵や脳・神経の機能維持に必要になります。

リンは、骨や歯を強化したい人におすすめしています。
記事は、リンの多い食べ物を紹介しています。

一方、リンは過剰摂取しやすく、デメリットもあります。
読んでいただくと、リンの疑問を解決できると思います。

 

1.リンとは

リンは、カルシウムに次いで身体に多いミネラルであり、身体に約670g含まれています。

生体内のリンのうち、約85%はカルシウムと共にヒドロキシアパタイトを形成し、骨や歯にあります。生体内のリンのうち、残りの約15%は神経、筋肉、血液などに有機リン酸エステル、リンたんぱく質、リン脂質、リン酸イオンとして存在しています。

リンは、体内では、血清中のリン濃度が2.5~4.5mg/dlになるように調節されています。なお、血清中のリン濃度は、子供が4.6mg/dl、大人が3.5mg/dlであり、子供の方が大人よりも高くなります。

1-1.リンの摂取基準

リンの目安量は、成人の男性が1000mg/日、女性が800mg/日とされています。 続きを読む

9種類の必須アミノ酸!効果や欠乏時の症状を3分で解説!

必須アミノ酸はヒスチジンやバリンなど9種類あります。必須アミノ酸の効果や不足時の症状を記載しています。

また、アミノ酸スコアが高い食品も紹介します。

この記事を読んでいただくと、必須アミノ酸の疑問を解決できると思います。

 

 

1.必須アミノ酸とは

私たちの身体は、約10万種類のたんぱく質からなりますが、これらはすべて20種類のアミノ酸から作られています。

そのうち、身体には必要であるが、体内で合成することができず、あるいは必要量を合成できず、
食べ物から摂取しなければならないアミノ酸があり、”必須アミノ酸”と呼ばれています。

1-1.必須アミノ酸と非必須アミノ酸の違い

必須アミノ酸は、体内で合成することができませんが、非必須アミノ酸は、他のアミノ酸や糖質代謝の中間代謝産物から合成できます。

私たちの体たんぱく質合成に必要なアミノ酸は20種類あり、そのうち成人の必須アミノ酸は9種類になります。非必須アミノ酸は残りの11種類になります。

続きを読む

女性の若さを保つ!マンガンは活性酸素の分解に効果的

実は、マンガンも身体に必須なミネラルになります。
マンガンは、活性酸素の分解を促進する働きがあります。

マンガンは、老化が気になる人、骨を強化したい人、植物性食品の摂取量が少ない人におすすめしています。

記事は、マンガンの多い食べ物を紹介しています。
たった3分でマンガンの疑問を解決できると思います。

 

1.マンガンとは

マンガンは、身体に約15mg含まれています。生体内のマンガンのうち、約25%は骨中にあります。
他に、マンガンは肝臓、膵臓、腎臓にも多く存在しています。

マンガンは、体内では、血清中のマンガン濃度が0.5~2µg/lになるように調節されています。
なお、血清中のマンガンはトランスフェリン、アルブミン、α₂-マクログロブリンと結合しています。

 

2.マンガンの必要量

マンガンの目安量は、成人の男性が4.5mg/日、女性が3.5mg/日とされています。 続きを読む

便秘や下痢に有効?3分で乳酸菌の効果や注目商品を解説

乳酸菌の種類は300種類以上あり、ビフィズス菌やKW乳酸菌などが知られています。記事は、それぞれの乳酸菌の効果を記載しています。

また、乳酸菌ショコラや乳酸菌革命など乳酸菌の注目商品についても解説しています。さらに、乳酸菌の機能性表示食品も紹介しています。

3分で乳酸菌の疑問を解決できると思います。

 

1.乳酸菌とは

乳酸菌は、ビフィズス菌やラクトバチルス菌など糖類を発酵して乳酸を生成する菌の総称になります。乳酸菌は、ヨーグルトや乳酸菌飲料、漬物などに利用されています。

乳酸菌が生成する有機酸は、病原菌や悪玉菌の増殖を抑制します。また、乳酸菌の成分自体が、免疫系を向上されるとも言われています。

現在のところ、乳酸菌の種類は300種類以上が知られています。乳酸菌は、属・種・株などにより細かく分類されています。

例えば、お腹の調子を整える特定健康食品に用いられている乳酸菌は、主にビフィドバクテリウム属(ビフィズス菌など)、ラクトバチルス属(KW乳酸菌、LG21乳酸菌など)、ストレプトコッカス属に分類されています。 続きを読む

高血圧やむくみを予防!カリウムは生野菜・果物に豊富

カリウムは、高血圧を予防したい人、むくみが気になる人、コーヒーやお酒を飲む人におすすめしています。

カリウムの多い食べ物やサプリメントを紹介しています。カリウムと腎臓についても解説しています。

たった3分でカリウムの疑問を解決できると思います。

 

1.カリウムとは

カリウムは、水に溶けやすく、熱に弱い栄養素になります。

カリウムは、体重1kgあたり50mEq(2g)含まれています。そのうち、カリウムの98%は細胞内、残り2%は細胞外に存在しています。

カリウムは、細胞内に最も多い陽イオンであり、筋肉、赤血球、肝臓、骨などの組織に多くあります。

1-1.カリウムの基準値

細胞内と細胞外のカリウム濃度は、細胞膜のNa⁺/K⁺-ATPaseが関与するナトリウムポンプにより調節されています。それゆえ、体内では、常に血漿カリウム濃度が3.8~5.0mEq/Lに維持されています。

1-2.カリウムの必要量

食事摂取基準において、カリウムは、高血圧の予防を目的として目標量が策定されています。 続きを読む

20~30代の働く女性へ、銅の摂取で貧血にSee you!

銅は、ヘモグロビン合成やコラーゲン生成に関与します。
銅は、貧血の人、骨が弱い人、成長期の子どもにおすすめの栄養素になります。

記事は、銅の多い食品やサプリメントを紹介しています。
たった3分で銅の疑問を解決できると思います。

 

1.銅とは

成人の身体には、約80mgの銅が存在しています。そのうち、銅の約50%は筋肉や骨中、8~10%は肝臓に含まれています。血清中の銅濃度は、成人の男性は70~130µg/dl、女性は50~140µg/dlに保たれています。

血清中の銅の約95%は銅輸送たんぱく質の*セルロプラスミンと強く結合し、残りの銅はアルブミンと弱く結合しています。

*セルロプラスミンは、ヘモグロビンの合成、2価鉄から3価鉄への変換、貯蔵鉄(2価鉄)のアポトランスフェリンへの結合に必要となります。

1-1.銅の必要量

銅の推定平均必要量は、銅の摂取量と生体の銅濃度との関連を調べた結果より算定しています。

銅の推奨量は、成人の男性が0.9mg/日、女性が0.8mg/日になります。 続きを読む

脱毛や白髪で悩む人へ、ビオチンは髪に重要!厳選サプリ

ビオチンは、糖新生によるエネルギー源生成、皮膚や髪を守る働きがあります。ビオチンは、肌荒れが気になる人、脱毛や白髪が気になる人におすすめしています。

また、ビオチンは生卵白の過食で欠乏します(卵白障害)。

記事は、ビオチンの多い食べ物やサプリメントを紹介しています。ビオチンの疑問を解決できると思います。

 

1.ビオチンとは

ビオチンは、水に溶けやすく、熱・光・酸に強い栄養素になります。一方で、ビオチンはアルカリに弱い性質があります。

また、ビオチンは、他の水溶性ビタミンとは異なり、代謝を受けず、そのまま酵素たんぱく質と結合してビオチン酵素(ビオシチン)を形成します。

なお、ビオチンは、ビタミンB6パントテン酸などのように、腸内細菌叢でも合成されます。

 

2.ビオチンの摂取量

ビオチンの目安量は、食事調査から成人の男女ともに50µg/日とされています。また、妊娠中にビオチンが不足すると、胎児に形態異常が誘発されることが知られており、注意が必要になります。 続きを読む

綺麗な女性になる!パントテン酸が紫外線から皮膚を守る

パントテン酸は、コエンザイムA(CoA)の構成成分として、エネルギー代謝に関与しています。パントテン酸は、ストレスを感じる人、コレステロール値や肌荒れが気になる人におすすめの栄養素になります。

記事は、パントテン酸の多い食品やサプリメントを紹介しています。パントテン酸の疑問を解決できると思います。

 

1.パントテン酸とは

パントテン酸は、水に溶けやすく、酸やアルカリ、熱に弱い栄養素になります。パントテン酸は、コエンザイムA(CoA)の構成成分になります。CoAの大部分は、アセチルCoAやアシルCoAとして存在しています。

パントテン酸の由来は「広くいたるところにある」という意味のギリシャ語から命名されています。
実際に、パントテン酸は様々な食品に含まれています。

また、パントテン酸は、ヒトの腸内細菌叢でも生成されます。それゆえ、普通の食生活でパントテン酸が不足することはありません。

1-1.パントテン酸の摂取量

パントテン酸(mg/日)の目安量は、国民健康・栄養調査の中央値をもとに策定されています。
パントテン酸の目安量は、成人の男性が5mg/日、女性が4mg/日とされています。 続きを読む

若者に話題のナイアシン!肌荒れや冷え性に効果がアル

ナイアシンは、肌荒れが気になる人、お酒をよく飲む人、冷え性の人などにおすすめの栄養素になります。
ナイアシンフラッシュについても記載しています。

記事は、ナイアシンの多い食べ物やサプリメントを紹介しています。ナイアシンの疑問を解決できると思います。

 

1.ナイアシンとは

ナイアシン(ビタミンB₃)は、水に溶けやすく、熱、光、酸やアルカリに強い栄養素になります。
ナイアシンには、ニコチン酸とニコチンアミドがあります。ニコチン酸とニコチンアミドの生理活性は同等になります。

ナイアシンは、肝臓で必須アミノ酸のトリプトファン60mgからナイアシン1mgを合成しています。

1-1.ナイアシンの必要量

ナイアシンは、食事摂取基準ではナイアシン当量(NE)として記載されています。
1NEは、1mgニコチンアミド、1mgニコチン酸あるいは60mgトリプトファンに相当します。

*ただし、日本食品標準成分表2015に収載されているナイアシン量(mg)は、ニコチンアミドとニコチン酸の総量であり、トリプトファンから生合成されるナイアシンは含まれていません。それゆえ、食品中のナイアシン当量(NE)の算出には、食品中のトリプトファン量(たんぱく質量の約1%に該当)に1/60を乗じて、足さなければなりません。日本食品標準成分表2015に記載されてるたんぱく質(g)を6で割った値がトリプトファン由来のナイアシン量(mg)になります。

ナイアシンの推定平均必要量は、ナイアシンの欠乏症であるペラグラの発症を予防できる最小摂取量から算出しています。ナイアシンの推定平均必要量は、成人の男性が13mgNE/日、女性が9mgNE/日と策定されています。

ナイアシンの推奨量は、成人の男性が15mgNE/日、女性が11mgNE/日になります。また、ナイアシンは妊娠中の付加量が必要ないとされています。 続きを読む

ベジタリアン必読!ビタミンB12は野菜・果物に含まれない

ビタミンB12は神経機能の維持や造血に必要になります。
ビタミンB12は貧血の人、菜食主義の人、ご高齢者におすすめの栄養素になります。また、ビタミンB12の吸収には内因子が大切になります。

記事は、ビタミンB12の多い食品やサプリメントを紹介しています。ビタミンB12の疑問を解決できると思います。

 

1.ビタミンB12とは

ビタミンB12は、水やアルコールに溶けやすく、赤色をしています。ビタミンB12は、分子内にコバルト(Co)を含み、コバラミンと呼ばれています。ビタミンB12は、生体内でアデノシルコバラミンやメチルコバラミンとして存在しています。

1-1.ビタミンB12の必要量

ビタミンB12の推定平均必要量は、悪性貧血患者にビタミンB12の筋肉注射を行い、正常な血液学的性状と血清ビタミンB12濃度を適正に維持するために必要な量から算出しています。それゆえ、ビタミンB12の推定平均必要量は、成人の男女ともに2.0µg/日と策定されています。

ビタミンB12の推奨量は、推定平均必要量に吸収率や個人間変動を考慮して、成人の男女ともに2.4µg/日とされています。

ビタミンB12の回腸での吸収率は50%ほどになります。そして、体内に取り込まれたビタミンB12は、肝臓に運ばれ、胆汁へ排斥され、再び吸収されて利用されます。しかし、高齢者の場合は、ビタミンB12の回腸での吸収率が下がり、腸肝循環の再吸収も悪くなります。そのため、高齢者は、ビタミンB12を多く摂る必要があります。 続きを読む