症状

記憶力に必要不可欠な4種の食べ物と効果を最大化する4のサプリ

記憶力の低下を感じている人は多いのでしょうか。
記憶力を保ち、認知症を予防する方法を記載しています。

また、認知症に限定せず、脳神経系の機能の維持・向上に必要な食べ物や栄養素、厳選サプリメントを紹介します。

記憶力の疑問を解決し、記憶力の維持・向上を目指そう。

1.記憶力とは

記憶は、短期記憶と長期記憶の2つに分けられます。

1-1.短期記憶

短期記憶は、数秒間だけ保持される記憶のことをいいます。短期記憶の例として、すれ違った見知らぬ人の顔や服の色の記憶、一度だけかける電話の電話番号の記憶などになります。

短期記憶は、数秒間保持した後に忘却されますが、何度も復唱して反復すると長期記憶に変わります。

1-2.長期記憶

長期記憶は、さらに二次記憶と三次記憶に分けられます。二次記憶は、数分から数年間だけ保持される記憶のことをいいます。三次記憶は、死ぬまで保持される記憶のことをいいます。三次記憶の例として、自分の名前や幼いころの思い出の記憶などになります。

また、長期記憶は、長期記憶の内容により陳述記憶と非陳述記憶に分けることができます。陳述記憶は、エピソード記憶(幼いころの思い出など)や意味記憶(学校で学んだ知識など)に分けらます。
非陳述記述は、自転車に乗る運動技能、技術、習慣、慣れなどの記憶になります。 続きを読む

睡眠に最適な食べ物の3つの条件と必ず抑さえておくべき4つのサプリ

睡眠で休養が十分にとれてない人は多いと思います。
睡眠障害として、不眠(睡眠時無呼吸症候群など)、過眠(ナルコレプシーなど)が知られています。

記事では、ビタミンB6など睡眠に適した栄養素や食べ物、おすすめのサプリメントを紹介しています。
睡眠の疑問を解決し、十分な休養を目指しましょう。

1.睡眠とは

ヒトがなぜ眠らなくてはならないのかは、未だ完全には分かっていません。しかし、睡眠は、ヒトの精神的・身体的休養の基盤であり、生活習慣の一部になります。

睡眠は、ふつうの睡眠(ノンレム睡眠)とレム睡眠が繰り返されています。ノンレム睡眠は、出現する脳波の種類により浅い眠りから順に第1期~第4期に分類されます。一方、レム睡眠は、一晩に3~6回約90分の周期で出現します。

レム睡眠は、急速眼球運動を伴い、脳波上では覚醒しているが、睡眠が持続しており、刺激を加えてもなかなか覚醒しません。レム睡眠は夢をみている時期あり、全身の骨格筋が弛緩し、心拍数や呼吸数が増加します。また、レム睡眠時は、成人男性では陰茎の勃起が起こります。 続きを読む

腸内環境を整える!劇的に効く4パターンの食べ物と4のサプリ

ヒトの腸内には、善玉菌(乳酸菌のビフィズス菌など)や悪玉菌(ウェルシェ菌など)が生息しています。
オリゴ糖、乳酸菌、食物繊維などは、プレバイオティクスやプロバイオティクスとして腸内環境を整えます。

記事では、腸内環境に適したサプリメントを紹介します。腸内環境の疑問を解決できると思います。

 

1.腸内環境とは

ヒトの腸内には、500~1000種類、100兆個以上の腸内細菌が生息しています。腸内細菌のうち、乳酸菌のビフィズス菌などは生体に好都合をもたらす有用菌(善玉菌)、ウェルシェ菌などは生体に悪い影響をもたらす有害な菌(悪玉菌)と呼ばれます。また、善玉菌と悪玉菌のうち数が多い方に味方する日和見菌も存在します。腸内細菌の集まりのことを腸内フローラ(腸内細菌叢)といいます。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスは食生活、性、年齢、ストレスなどにより変動します。健康なヒトの腸内細菌のバランスは、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=4:3:3と言われています。

しかしながら、ヒトの腸内の善玉菌は年齢が上がるにつれて減少し、悪玉菌は増加します。それゆえ、日頃から腸内環境をよくする食品を積極的に摂取することが大切になります。 続きを読む

血糖値サプリを買うまえ前に絶対抑えておくべき知識とサプリ4選

血糖は、血液中のブドウ糖(グルコース)を指します。
グルコースは身体のエネルギー源になります。

血糖値やHbA1Cが高いと言われたことありませんか。
最近、血糖コントロールに血糖値(グルコース)スパイクも重要だと考えられています。

記事では、血糖値を下げる食品や食生活、血糖値に適したサプリを紹介しています。インスリンの節約は大切!

1.血糖値とは

血糖とは、血液中に含まれるブドウ糖(グルコース)のことで、血液中に一定濃度で含まれています。血糖には、フルクトースやガラクトースなどの糖質は含みません。

血糖は、エネルギー源としてグルコースしか利用できない組織(脳・神経組織、赤血球など)に必須となります。そのため、健常者の血糖値は、空腹時血糖値が70~80mg/dl(中高年では~110mg/dl)に維持されています。食後30~60分経過すると、血糖値が一時的に120~150mg/dlまで上昇しますが、2~3時間後には空腹時のレベルまで戻ります。これは、血糖値の上昇により、膵臓のランゲルハンス島β細胞からインスリンが分泌されることに由来します。 続きを読む

社会人必見!ストレスを感じたら活用したい3つの食べ物とサプリ

日常生活で悩みやストレスを感じる方は多いと思います。ストレスが長期に続くと、副腎が疲れてしまいます。
ストレス対策には、食生活や生活習慣を改善し、ストレスに強い身体を作ることも大切になります。

ストレスに適した栄養素やサプリを紹介しています。
ストレスの疑問を解決できると思います

1.ストレスとは

ストレスの要因となる刺激を”ストレッサー”と呼びます。ストレッサーは大きく4つに分けられます。
➀物理的ストレッサー(気温の変化、騒音など)
➁生物学的ストレッサー(病気、疲労など身体状態によるもの)
➂精神的ストレッサー(怒り、不安など精神状態によるもの)
➃社会的ストレッサー(家庭や職場、人間関係など社会的立場によるもの)

ストレスとは、ストレッサーが加わったことにより、「心身がゆがんだ状態」になることをいいます。ストレスの受けやすさは個人差がありますが、ストレスが長く続くと、精神的および身体的な健康に影響を及ぼします。

ストレス対策には、ストレスの要因となるストレッサーをなくすことが大切になります。また、食生活や生活習慣などを改善し、ストレスに強い身体を作ることもストレス対策につながります。 続きを読む

疲労回復を倍速させる食べ物に共通するたった2つの特徴と解決策!

乳酸やケトン体は、疲労物質として知られています。
最近では、慢性疲労症候群が話題になりました。

クエン酸など疲労に適した栄養素や食事、おすすめの健康食品を紹介しています。疲労の疑問を解決し、疲労物質がたまりにくい身体を目指しましょう。

1.疲労とは

日本疲労学会によると、「疲労とは、過度の肉体的および精神的活動、または疾病によって生じた独特の不快感と休養の願望を伴う身体の活動能力の減退状態である。」と日常生活により問題となる疲労を定義しています。

➀肉体的疲労
日常生活の仕事や家事、スポーツや運動などが原因となります。
筋肉疲労が中心で、エネルギー消費は大きいが、回復は早いのが特徴になります。

➁精神疲労
 ストレスや人間関係での悩みなどが原因となります。
中枢性疲労が中心で、エネルギー消費は小さく、回復に時間がかかります。 続きを読む

高血圧対策ために行うべき3のコトと効果を倍増させる2のサプリ

高血圧は、日本では患者数が4300万人に達しています。高血圧の原因の一つには、塩分の過剰摂取やアルコールの過飲などの食生活が関係しています。

この記事では、高血圧改善・予防のための食生活のポイントや高血圧に適した健康食品を紹介しています。高血圧の疑問を解決し、血管の健康を守りましょう。

1.高血圧とは

左心室の収縮と拡張による動脈血の圧変化を血圧といいます。左心室が収縮しきったときの血圧を収縮期血圧(最高血圧)、一方で、拡張しきったときの血圧を拡張期血圧(最低血圧)といいます。

高血圧は、収取期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90mmHg以上のどちらか、あるいはどちらも満たす場合に診断されます。高血圧は、日本では患者数が4300万人に達しています(日本高血圧学会 高血圧治療ガイドライン2014)。

至適血圧は収縮期血圧(mmHg)が<120かつ弛緩期血圧(mmHg)<80になります。正常血圧は収縮期血圧が120~129かつ/または弛緩期血圧が80~84になります。正常高血圧は収縮期血圧が130~139かつ/または弛緩期血圧が85~89になります。Ⅰ度高血圧は収縮期血圧が140~159かつ/または弛緩期血圧が90~99になります。Ⅱ度高血圧は収縮期血圧が150~179かつ/または弛緩期血圧が100~109になります。Ⅲ度高血圧は収縮期血圧が≧180かつ/または弛緩期血圧が≧110になります。収縮期高血圧は収縮期血圧が≧180かつ弛緩期血圧が<90になります。このように、高血圧が分類されています。

図:高血圧の基準(日本高血圧学会 高血圧治療ガイドライン2014) 続きを読む

コレステロールを食事で下げる誰でもできる簡単な3つの方法

LDLコレステロールは悪玉コレステロール、HDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれています。LDLコレステロールが高くなる原因は遺伝的要因、食生活、運動不足などが考えられます。

この記事では、食生活でLDLコレステロールを下げる工夫やコレステロールが気になる方に適した健康食品を紹介しています。

1.コレステロールとは

コレステロールは、体に悪いと思っていませんか?

コレステロールは、細胞の膜を構成する脂質であり、ステロイドホルモン、ビタミンD、胆汁酸を合成する材料として、生きるために欠かせない成分になります。

しかし、血中のLDLコレステロール濃度が高くなり、コレステロールが血管へ過剰に取り込まれると動脈硬化の原因となってしまいます。 続きを読む