チアシードでもっちり美肌が手に入る!簡単な6の使い方を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チアシードはメキシコでは何世紀も前から主食のひとつです。最近、国内でもチアシードを食べる方が増えています。

人気の理由は、チアシードが体にいいからです。

チアシードはオメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)、骨に必要な栄養素や抗酸化物質がたっぷりに含まれ、とても健康的です。ベジタリアン(菜食主義者)の方にとっては貴重な栄養源になります。

また、チアシードの11の健康効果は魅力です。例えば、自然にエネルギー代謝が高まり、血糖値の上昇が穏やかになり、デトックスで体の中をキレイにしてくれます。さらに、抗がん作用があり、癌の予防・改善にも有効です。

それに、チアシードはどんな料理とも相性抜群で、いつでも気軽に使うことができ、便利ですよね。チアシードのレシピについては「チアシードの食べ方40選~人気レシピから学ぶスゴイ使い方」を参考にしてください。

しかし、チアシードの凄さはそれだけじゃありません。

チアシードには肌を健康的に若々しく保つ効果があるんです!

そこで、本日は、チアシードで美しく健康な肌と体を作るための基礎知識と肌ケア方法を紹介します。

チアシードが肌と体にいい5の理由

チアシードは健康的な肌と体を作るために必要な栄養素が豊富に含まれています。重要なポイントが5つあるので順に解説します。

*チアシードで美しい肌を手に入れる具体的な方法については、「チアシードでもっちり美肌を手に入れる6の使い方」の項目をご覧ください。

ADVERTISEMENT

1.血糖値が安定する

チアシードは食物繊維が豊富で水に浸すとゲル状になるため、体内で栄養素の消化・吸収速度を遅らせます。その結果、血糖値の急な上昇を防げ、血糖値が安定します。

食後の高血糖は糖尿病の原因になりますし、動脈硬化の進行や肥満の引き金にもなります。ですから、チアシードを食べて血糖値を安定させることは大切です。

2.オメガ3脂肪酸が豊富

チアシードはオメガ3脂肪酸がたっぷり含まれます。実際、チアシード大さじ1杯(12g)にオメガ3脂肪酸は約2mg含まれています。

オメガ3脂肪酸は健康に必須の脂肪酸で、フラックスシード(亜麻仁の種)やイワシに多いことで有名です。それらの食材より、チアシードの方がさらに多く含まれているから驚きですね!

ちなみに、チアシードの”チア”はナワトル語(ユト・アステカ語族に属する言語)で”油”を意味する”チアン”に由来しています。名前の由来になるぐらい、チアシードは健康な脂肪が豊富なんです!

3.骨が丈夫になる

チアシードは骨の健康維持に役立ちます。大さじ1杯(12g)でカルシウムの1日の必要量の約20%を補給できます。

カルシウムは骨を健康に保つ働きがあり、骨粗鬆症の予防に必須の栄養素です。ですから、毎日少量だけでも、チアシードを食べることがおすすめです。

ADVERTISEMENT

4.健康な体を作る

チアシードには健康の維持・増進に必須のミネラルであるリンが含まれます。

リンは体内でタンパク質合成、細胞の機能維持、組織の成長や活動に利用され、健康な体を作ります。

5.お腹の脂肪が落ちる

チアシードは血糖値とインスリン抵抗性を改善する作用があるため、過剰なお腹の脂肪を落とすことができます。

メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防・改善にとても効果的ですね。

チアシードでもっちり美肌を手に入る!6の使い方を紹介

先ほどお話ししたように、チアシードを毎日の生活に取り入れると、沢山の健康効果を得られます。

そして、本気で美肌を目指したい方は、チアシードをスキンケアにも活用するのがおすすめです。特に、チアシードから抽出される「チアシードオイル」には、信じられないほどの美容・美肌効果があります。

なぜなら、チアシードオイルはオメガ3脂肪酸豊富で、また、高い抗炎症作用、抗酸化作用、リラックス効果を期待できるからです。敏感肌の赤みや炎症を抑え、紫外線などの酸化ストレスから肌を守り、シワを防ぐことができますよ。

ただ、チアシードでスキンケアをするには、まずチアシードオイルを購入する必要があります。(例外として、フェイスマスクとして使うときは、無添加ホワイトチアシードなどを購入してください。)

ちなみに、私は「チアセラム」という商品を使用しています。チアセラムは、チアシードオイルにビタミンが配合されており、オメガ3脂肪酸豊富なのでおすすめです。

それでは、早速、チアシードの具体的な使用方法を6つご紹介します。乾燥肌・むくみ肌に悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。

1.チアシードオイルを乾燥しやすい部位に塗る

最もシンプルな使い方は、チアシードオイルを1~3滴お肌に塗ることです。

もちろん、チアシードオイルは肌以外の乾燥しやすい部位にも塗布できます。例えば、手の甲や指先指の付け根ひじなどに塗ることが可能です。

2.チアシードオイル+保湿クリームでお肌の保湿力を高める

チアシードオイルは肌の乾燥を改善する作用があります。

お肌の乾燥がひどい原因は肌の水分や皮脂の不足ですので、保湿クリームを使い乾燥肌対策をされている方は多いと思います。その際、保湿クリームにチアシードオイルを数滴加えてから使用してください。

保湿クリームにチアシードオイルをブレンドすると、保湿力がさらに高まり、肌にふっくらとしたハリ・ツヤを与えます。また、小じわ・たるみ・ほうれい線などのエイジングケアにも効果がありますよ。

3.チアシードオイルを持ち運ぶ

ひどい乾燥肌に悩んでいる方は、チアシードオイルをカバンに入れ、いつでもどこでも使えるようにするのがおすすめです。

肌の乾燥が気になったとき、手を洗ってから、チアシードオイルを1~3滴手になじませ、肌に塗るといいです。輝くもっちりツヤ肌になります。(すでに化粧をしている場合にも効果があり、メイク崩れの防止やシワ隠しに有効です。)

ADVERTISEMENT

4.チアシードオイルで若返り

実年齢より若く見られると嬉しいですよね。今日からチアシードオイルで若返り習慣はじめてみませんか?

朝のお出かけ前に、チアシードオイル(2~3滴)を襟足(うなじ)に塗るだけで見た目に大きな差がでます。

肌が日焼けしていても、輝くきれいな肌になり、誰でも簡単に若返ることができます。

5.チアシードオイルで唇に潤いを与える

チアシードオイルは唇にうるおいを与え、唇の荒れや乾燥を防ぐことができます。

もし、唇をぷっくり見せるため、リッププランパー(唇用の美容液)を使用されている方がおられましたら、リッププランパーを塗ってからチアシードオイルを塗ってください。もちろん、チアシードオイルのみでも十分に効果があります。

チアシードオイルで唇に潤いを与えると、モデルのようなふっくら艶やかな唇に変わります!

6.チアシードのフェイスマスク

美白ケア、毛穴や角質ケア、エイジングケアに悩んでいる方には、チアシードのフェイスマスクがおすすめです。

材料はホワイトチアシード(ブラックチアシードも可)、ココナッツオイル、レモンジュースの3つです。たった3つの材料なので、毎日のスキンケアに手軽にプラスできますね。

分量と使い方は以下を参考にしてください!

材料(1回分)

  • 無添加ホワイトチアシード: 大さじ2杯
  • オーガニックココナッツオイル: 1/2カップ
  • レモンジュース: 小さじ1杯

手順

  1. 容器にオーガニックチアシード、オーガニックココナッツオイル、レモンジュースを入れて混ぜる。
  2. チアシードがゲル状になるまで5~10分間放置する。
  3. チアシードがケル状になった後、もう一度混ぜたら、チアシードフェイスマスクの完成です。
  4. チアシードフェイスマスクを顔に塗る。(目に触れないよう注意してください。)
  5. 指の腹で軽くマッサージするなどして、チアシードを肌になじませ、10~15分間待つ。
  6. ぬるま湯でチアシードを洗い落とし、パンパンと軽く叩いて水分をふき取って下さい。毛穴の角質や汚れをごっそり除去できます。

チアシードでもっちり美肌を手に入れる6の方法:1.チアシードオイルを乾燥しやすい部位に塗る、2.チアシードオイル+保湿クリームでお肌の保湿力を高める、3.チアシードオイルを持ち運ぶ、4.チアシードオイルで若返り、5.チアシードオイルで唇に潤いを与える、6.チアシードのフェイスマスク。

ADVERTISEMENT

チアシードを使ったスキンケアをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

チアシードはスープ、サラダのドレッシング、ジュースヨーグルト、オートミールなどに入れて食べるのが人気ですが、体の外側から塗布してスキンケアアイテムとしても利用できます。

この記事を通し、健康のためにチアシードを食べることはもちろん、お肌のケアにも効果抜群だと分かっていただけたら嬉しいです。

化粧水や化粧品を使ってもイマイチ効果を実感できず悩んでいる方は、ぜひ、チアシードを使ってみてください!

最後に、チアシードのアイデアレシピや面白い使い方をTwitterPinterestでも発信していますので、フォローの方お願いします!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク