コーヒーダイエットを成功に導くために絶対必要な5の要素と実践法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰にでも体型の悩みはある。痩せて綺麗になりたい、スタイルを維持したい、いつも思っているはずだ。

だけど、過度な食事制限はしたくない。簡単に楽に痩せる方法はないか!?

そんな時、コーヒーでダイエットできると知った。私にでもコーヒーダイエットならできそう。よくカフェや喫茶店に通うから一石二鳥だ。

事実、コーヒーでダイエットは可能だ。誰でも簡単に楽に痩せることができる!

なぜなら、コーヒーには有効なダイエット成分がいくつか含まれているからだ。脂肪吸収を抑える特定保健用食品(トクホ)のコーヒーも販売されているぐらいだ。

しかし、コーヒーダイエットは方法を間違えると失敗する。そのため、ここではコーヒーダイエットを成功に導くために絶対必要な5の要素と実践法を紹介する。

  1. 実例!ダイエットできる証明済みの『コーヒー』
  2. なぜ、コーヒーでダイエットができるのか
  3. コーヒーダイエットの効果を劇的に高める方法
  4. コーヒーダイエットで注意点すべきポイント
  5. コーヒーダイエットの3つの誤解

ぜひ、じっくりご覧頂いて、実践してみて欲しい。

1.実例!ダイエットできる証明済みの『コーヒー』

コーヒーの中には臨床試験からダイエットできると証明された商品がある。つまり、コーヒーでダイエットは可能ということだ。

では、コーヒーダイエットはどの程度の効果があるのか、研究データをみてみよう。

1-1.ブレンディ香るブラックボトルコーヒー

最初に、『ブレンディ香るブラックボトルコーヒー』のダイエット効果を紹介する。

この商品に含まれるコーヒー豆マンノオリゴ糖(マンノビオースとして)という成分には、脂肪の吸収を抑えて、内臓脂肪面積を下げる働きがある。

『ブレンディ香るブラックボトルコーヒー』は特定保健用食品(トクホ)であるから、臨床試験を行い成分の効能と安全性が証明されている。

その臨床試験から、まずは脂肪吸収の抑制に関するデータをご覧いただこう。

この研究データは健康な成人男性8名を対象に臨床試験を行った結果である。高脂肪食(含有脂肪量40g)を食べ、『ブレンディ香るブラックボトルコーヒー』を1日1本継続して飲むと、脂肪吸収が抑えられ、排斥される脂肪量が増加している。具体的に、食後180分~240分の血中中性脂肪が低下している。

図: ブレンディ香るブラックボトルコーヒーの脂肪吸収抑制効果

この研究データは健康な成人男性8名を対象に臨床試験を行った結果である。グラフの緑線(コーヒー豆マンノオリゴ糖摂取)が『ブレンディ香るブラックボトルコーヒー』を示している。

そして、高脂肪食(含有脂肪量40g)を食べ、『ブレンディ香るブラックボトルコーヒー』を1日1本継続して飲むと、脂肪吸収が抑えられ、排斥される脂肪量が増加している。食後180分~240分の血中中性脂肪が低下していることから理解できるはずだ。

次に、内臓脂肪面積の研究結果をみてみよう。

この結果はBMI25以上の成人男女48名を対象に臨床試験を実施したものである。『ブレンディ香るブラックボトルコーヒー』を1日1本、12週間継続して飲むと、内臓脂肪面積(cm²)が7.9cm²も低下している。

図:ブレンディ香るブラックボトルコーヒーによる内臓脂肪面積の減少

この結果はBMI25以上の成人男女48名を対象に臨床試験を実施したものである。グラフの黄色線(コーヒー豆マンノオリゴ糖入りコーヒー飲料)が『ブレンディ香るブラックボトルコーヒー』に該当する。

そして、この商品を1日1本、12週間継続して飲むと、内臓脂肪面積(cm²)が7.9cm²も低下している。

ご覧の通り、『ブレンディ香るブラックボトルコーヒー』で血中中性脂肪値と内臓脂肪面積が減少すると分かったはずだ。この仕組みは、食事で取り込まれる脂肪量が抑制され、その分のエネルギー不足を補う為に蓄積されている脂肪の代謝が促進され、体脂肪が減少したと考えられる。

研究論文も載せておくので、より詳細に知りたい人は読んでみるとよいかもしれない。

1-2.ヘルシアコーヒー無糖ブラック

次に紹介したい商品は特定保健用食品(トクホ)の『ヘルシアコーヒー無糖ブラック』だ!ヘルシアコーヒーは知っている人も多いだろう。

この商品には、コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸類)というダイエット成分が含まれていている。

そして、『ヘルシアコーヒー無糖ブラック』は総脂肪量消費量を増やし、腹部全脂肪面積(cm²)を下げる効果がある。つまり、脂肪の消費量が増えるから、お腹の脂肪が減るということだ。

実際に、総脂肪消費量に関するデータから紹介しよう。

この研究データは健康な成人7名を対象に臨床試験を行った結果である。そして、『ヘルシアコーヒー無糖ブラック』を1日1本、1週間継続して飲むと、食後3.5時間後の脂肪消費量が130%にまで増加している。

図:ヘルシアコーヒー無糖ブラックによる総脂肪量消費量の増加

この研究データは健康な成人7名を対象に臨床試験を行った結果である。茶色の棒グラフ(コーヒークロロゲン酸飲料)が『ヘルシアコーヒー無糖ブラック』を示している。

そして、商品を1日1本、1週間継続して飲むと、食後3.5時間後の脂肪消費量が130%に増加している。

次に、腹部全脂肪面積の研究結果をみてみよう。

この結果は軽度肥満(平均BMI27.7、平均腹部全脂肪面積350cm²)の健康な男女109名を対象に臨床試験を実施したものである。そして、『ヘルシアコーヒー無糖ブラック』を1日1本、12週間継続して飲むと、内臓脂肪面積(cm²)が有意に低下している。

図:ヘルシアコーヒー無糖ブラックによる腹部全脂肪面積の減少効果

この結果は軽度肥満(平均BMI27.7、平均腹部全脂肪面積350cm²)の健康な男女109名を対象に臨床試験を実施したものである。グラフの赤線(コーヒークロロゲン酸飲料)がこの商品に該当する。

そして、『ヘルシアコーヒー無糖ブラック』を1日1本、12週間継続して飲むと、内臓脂肪面積(cm²)が劇的に低下している。

これらの研究データは統計的に有意な差があり信頼できる。さらに詳しい研究概要は商品の公式サイトに書かれている、参考にして欲しい。

いかがだろうか?おそらく、コーヒーのダイエット効果を知って驚いたはずだ。

『ブレンディ香るブラックボトルコーヒー』に含まれるコーヒー豆マンノオリゴ糖(マンノビオースとして)、『ヘルシアコーヒー無糖ブラック』のコーヒーポリフェノール(クロロゲン酸類)は決して珍しい成分ではない。普段、皆さんが飲んでいるコーヒーにも含まれている。

そして、これこそがコーヒーダイエットの魅力的なポイントだ。コーヒーダイエットはコーヒーを習慣的に飲むだけなので、極端な食事制限やダイエットサプリから特殊な成分を補給する必要がない。

一方で、コーヒーダイエットは弱点もある。間違った知識や方法はダイエット失敗に直結する。体験談や口コミで、成功した人と失敗した人がいることからも理解できる。

だからこそ、なぜコーヒーでダイエットできるか基本的な知識を身につける必要があるだろう。そのため、コーヒーのダイエット成分についてさらに詳しく知っておこう。

2.なぜコーヒーでダイエットができるのか

コーヒーで痩せられるのは、ダイエットに有効な成分が複数含まれているからだ。例えば、先ほど紹介した『1-1.ブレンディ香るブラックボトルコーヒー』にはコーヒー豆マンノオリゴ糖(マンノビオースとして)が含まれている。

その上、コーヒーは他の飲料と異なり、ほとんどカロリーがなく、効率よくダイエットできる。

2-1.コーヒーオリゴ糖

近年、コーヒーのダイエット成分として注目されているのがコーヒーオリゴ糖だ。

コーヒーオリゴ糖は、コーヒー豆カスから抽出される成分である。そして、コーヒーオリゴ糖は脂肪の吸収を抑えて、体内にたまっている脂肪代謝を促す働きがある。そのため、短期間で内臓脂肪を絞ることができる。

現に、『味の素ゼネラルフーヅ株式会社』からコーヒーオリゴ糖がダイエット有効成分である特定保健用食品(トクホ)の商品が多数販売されている。

  • ブレンディ香るブラックボトルコーヒー
  • ブレンディデイリーサポート香るブラックインスタントコーヒータイプ
  • ブレンディ プラス インスタントコーヒータイプ 微糖タイプ
  • オリゴプラスコーヒーブラック
  • オリゴプラスコーヒー

また、コーヒーオリゴ糖はダイエットだけでなく、お腹の調子を整える、アレルギーになりにくくなるなどの健康に役立つ働きがある。

2-2.クロロゲン酸

次に、コーヒーにはクロロゲン酸というダイエット成分も含まれている。

クロロゲン酸はコーヒー酸とキナ酸が結合したものであり、コーヒーの中には10種類以上のクロロゲン酸が入っている。ポリフェノールであるクロロゲン酸は、コーヒーの主な渋み成分として知られている。

そして、クロロゲン酸はエネルギー源として体内の脂肪消費量を増やして、お腹の脂肪を減らす働きがある。クロロゲン酸がダイエット成分として含まれているコーヒーは『花王株式会社』から発売されている。もちろん、これらの商品は効能性・安全性が証明された特定保健用食品(トクホ)である。

  • ヘルシアコーヒー無糖ブラック
  • ヘルシアコーヒー微糖マイルド
  • ヘルシアコーヒー微糖ミルク

その上、コーヒーに含まれるクロロゲン酸には抗酸化作用があり、老化防止、美容効果、生活習慣病の予防を期待できる。そのため、コーヒーダイエットは女性にとてもおすすめだ。

2-3.カフェイン

カフェインはコーヒーの代表的な苦み成分として知られ、コーヒー1杯あたりには0.06g含まれている。

コーヒーの効果として挙げられるものは主にカフェインの働きによるものである。例えば、コーヒーの作用として知られる眠気覚まし、記憶力の活性化、疲労回復はカフェインの働きである。

そして、カフェインはダイエット効果も期待できる。カフェインには交感神経を刺激し、脂肪細胞の脂肪分解を促す働きがあるからだ。このダイエットの仕組みは、唐辛子のカプサイシンとほぼ同じである。

実際に、ダイエット飲料として高く評価されている特定保健用食品の高濃度茶カテキン(ヘルシア緑茶)には、カフェインが有効成分として含まれている。

その他にもダイエットの成分や仕組みはいつくかある。詳しく知りたい方は、『簡単!ダイエットサプリの効果を劇的に高めるために必要な4の手順』も目を通しておこう。

2-4.カロリー

ダイエットは摂取カロリーを減らすことが重要だ。たとえダイエットの有効成分を補給しても、カロリーが高ければ十分な効果は得られない。

そのため、コーヒーのカロリーがどのくらいか気になっている人は多いはずだ。

答えは「コーヒーはカロリーの心配をする必要がない。」だ。

この理由はシンプルで、コーヒーは他の飲料とは異なり、カロリーがほとんどないからだ。ブラックコーヒーならばたった0~4kcalほどである。コップ1杯(200ml)のオレンジジュースが84kcalであるのと比べれば、一目瞭然だ。

また、ブラックコーヒーが苦手な人は砂糖やミルクを入れても大丈夫である。砂糖5g(スッティクシュガー1本分、角砂糖1個分)はたった19kcal、コーヒー用ミルクは1個あたり13kcalしかない。1日に摂取する総カロリーは2000kcal程度であるから、そのうち10~20kcalだけ多くなっても問題にならない。

3. コーヒーダイエットで注意点すべきポイント

コーヒーダイエットをするなら、ダイエット効果を最大限まで高めたい。そのためにすぐ実践できる簡単なテクニックを紹介する。

3-1.コーヒーは食前か食後すぐに飲む

コーヒーをいつ飲むか工夫すれば、コーヒーダイエット成功に大きく繋がる。そして、最もダイエット効果を引き出すためには、食前や食後すぐにコーヒーを飲むのがおすすめだ。

先ほどもお話ししたように、コーヒーに含まれるコーヒーオリゴ糖は、食事に含まれる脂肪の吸収を抑えて、エネルギーの不足分を補う為に体内の脂肪代謝を促す。

そのため、食前あるいは食後すぐにコーヒーを飲むことで、食事の脂肪の吸収を抑えて、効率的に脂肪を代謝することができる。

実際に、特定保健用食品である『ブレンディ香るブラックボトルコーヒー』の臨床試験では食事の際にコーヒーを飲むことで、脂肪の吸収を抑えている。

3-2.コーヒー+運動

ダイエットは食事からの摂取カロリーを減らすだけでなく、運動して消費カロリーを増やすことも有効である。消費カロリーを増やせば、その分体脂肪を燃焼できることから理解できるだろう。

そして、コーヒーに含まれるクロロゲン酸は脂肪消費量を増やす働きがある。そのため、結果的に熱生産量が上がり、消費カロリーを増やすことができる。

このことから、運動とコーヒーを組み合わせれば、より効率的に消費カロリーを増やすことができ、ダイエット効果をさらに高めることができる。

3-3.特定保健用食品(トクホ)のコーヒーがおすすめ

やはり、コーヒーダイエットには特定保健用食品(トクホ)の商品が最もおすすめだ。

なぜなら、コーヒーはインスタントコーヒー、ドリップコーヒー、缶コーヒーなどの種類があり、作り方が変わるだけで含有成分も微妙に異なるからだ。同じブラックコーヒーであっても、苦味が少ないものや苦いものがあることからも理解できるだろう。

そして、コーヒーの含有成分が変わるならば、ダイエット効果も商品によって異なるということだ。

その点、特定保健用食品(トクホ)のコーヒーは臨床試験から効能と安全性が証明済であるから、ダイエット効果があると信頼できる。一方、トクホ以外の商品は臨床試験をしている訳ではない。そのため、どの程度のダイエット効果があるのか、あるいは本当にダイエットに効くのか判断できない。

このことから、コーヒーダイエットは特定保健用食品(トクホ)の商品を利用するのが最も結果にコミットできる。もちろん、この記事で解説しているトクホの『ヘルシアコーヒー無糖ブラック』や『ブレンディ香るブラックボトルコーヒー』はコンビニ、スーパー、ネットで簡単に購入できる。ぜひ、試してみて欲しい。

4.コーヒーダイエットで注意点すべきポイント

コーヒーダイエットの魅力は誰でも簡単に始められることだ。一方で、その簡便性からいくつか注意すべきポイントがある。コーヒーダイエットの前にしっかりと確認しておこう。

4-1.コーヒーの飲み過ぎ

コーヒーを飲み過ぎると、体内に悪い影響を及ぼす恐れがある。例えば、コーヒーを習慣的に飲む人では、高血圧、骨粗しょう症、関節リウマチ、膀胱がん、肺がんの発症リスクが僅かに上昇するらしい。

一方で、コーヒーには大きなメリットもある。事実、コーヒーを1日1杯飲むと、肝臓がん、2型糖尿病、パーキンソン病(AD)の発症リスクが劇的に低下すると分かっている。

そのため、コーヒーダイエットだからといって、飲み過ぎるのではなく、1日1~3杯程度にするのがよいだろう。

4-2.妊娠中のコーヒー

妊活中の人や妊婦さんはコーヒーダイエットを控えるべきである。妊娠中のダイエットにコーヒーは不向きだ。

なぜなら、コーヒーを大量に飲むと流産のリスクが高くなるからだ。もちろん、2~3杯/日以内であればコーヒーを飲んでも何も問題はない。

しかし、妊娠中にコーヒーダイエットをして、流産が心配になるなら、別のダイエット法を選び、精神的ストレスを減らすべきだろう。

4-3.就寝前のコーヒー

就寝前のコーヒーは避ける必要がある。寝る前にコーヒーを飲むと、中枢神経が興奮し、眠気が覚めてしまうからだ。その上、コーヒーには利尿を促す働きがあり、夜中に目が覚める原因にもなる。

ダイエットのために、生活に支障が出ては困るだろう。

これらの作用はコーヒーに含まれるカフェインの働きが大きいため、カフェインレスのコーヒーに変えれば就寝前に飲んでも問題はない。

5.コーヒーダイエットの3つの誤解

コーヒーダイエットの間違ったやり方や知識がネット上に蔓延している。実際に、多くのサイトには、ブラックコーヒーにした方がいい、インスタントコーヒーよりもドリップコーヒーがいいと当たり前のように書かれている。

これらの内容は、正しいように感じるが、正確には誤りである。そのため、この記事に辿りついた皆さんには、コーヒーダイエットの正しい情報を知ってほしい。

5-1.ブラックコーヒーにした方がいい

先ほど『2.なぜコーヒーでダイエットができるのか』でお話ししたように、コーヒーダイエットはブラックコーヒーにこだわる必要はない。コーヒーに砂糖やミルクを入れても問題ない。

なぜなら、砂糖5gやコーヒー用ミルク1個分のカロリーは、たったの10~20kcalであるからだ。食器や皿洗いを10分程度すれば簡単に10~20kcal消費できる。このことからも、コーヒーに砂糖やミルクを入れても大丈夫だと理解できる。

5-2.インスタンスコーヒーよりドリップコーヒーがいい

よくインスタントコーヒーよりもドリップコーヒーがいいと耳にする。これは、ダイエットに関わるカフェインやクロロゲン酸の量がドリップコーヒーに多く含まれることから、そう言われている。

しかしながら、インスタンスコーヒーとドリップコーヒーのダイエット効果の差を調べた研究報告は存在しない。その上、特定保健用食品の『ブレンディデイリーサポート香るブラックインスタントコーヒータイプ』のように、インスタントコーヒーであってもダイエットに有効だと証明されている商品がある。

つまり、ダイエット成分はドリップコーヒーの方が多く入っているが、ダイエット効果を引き出すためにはインスタントコーヒーに含まれる量で充足しているということだ。

そのため、コーヒーダイエットの面からは、インスタンスコーヒーとドリップコーヒーどちらを選んでもいいだろう。

5-3.アイスコーヒーよりホットコーヒーのほうがいい

ダイエットのためには、食事からの摂取カロリーを抑える、あるいは消費カロリーを増やして体脂肪を燃焼させる必要がある。

そして、ホットコーヒーを飲むと体が温まり、消費カロリーが増えるからホットコーヒーの方がいいと勘違いしている人が多い。実際はホットコーヒーを飲んで体が温まったとしても、消費カロリーが増えることはない。

なぜなら消費カロリーを上げるには、運動や新陳代謝を高めて、基礎代謝量あるいは熱生産量を増やす必要があるからだ。ホットコーヒーは体が温まるだけで、そのような効能はない。

そのため、アイスコーヒーとホットコーヒーどちらでもダイエット効果に差はないだろう。現に、特定保健用食品(トクホ)の『ヘルシアコーヒー無糖ブラック』は、臨床試験の際にコーヒーの温度設定をしていない。

6.最後に

コーヒーは有効なダイエット法の一つである。

そして、コーヒーダイエットは誰にでも簡単に実践できるから魅力的だ。よくカフェや喫茶店に通う人やコーヒーが好きな人なら、一石二鳥だろう。

しかしながら、コーヒーダイエットは方法を間違うと失敗する。そのため、ここで紹介したコーヒーダイエットを成功に導くために絶対必要な5の要素と実践法をしっかり理解しておいて欲しい。

コーヒーダイエットを成功させて、今よりも綺麗になれば、恋の香りも漂うはずだ。

早速、試してみよう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク