チアシード&ラズベリーの低糖質ジャム【パン・ヨーグルト相性抜群】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今すぐ、大きな袋に入った砂糖と甘い果物の缶詰を買うのを辞めよう!

本日は、砂糖不使用で新鮮なラズベリーを使い、簡単に作れる低糖質ジャムのレシピをお伝えする。また、このジャムには健康に良いチアシードが入っている。チアシードは水分を吸収して、ゲル化する性質があり、この特性を活かし、低糖質のジャムを作る。

一体チアシードとは何か、その小さな種子に秘めたる力は?

5年前、私はこの小さな黒い種子が、他の食材よりも優れていることを知った。“スーパーフードを教えて”と聞かれたら、真っ先に”チアシード”と答えるだろう。

なぜなら、チアシードには食物繊維、オメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)、植物性タンパク質などが豊富に含まれているからだ。

アステカでは何百年前からすでにチアシードを食べる習慣があったそうだ。

そして、ジャムに作りに重要なのは、水分を濃厚なゲルにすることだ。チアシードは10~12倍量の水分を吸収して、ゼリー状の物質になる特性があり、これによりジャムを作ることができる

チアシードのフルーツジャムの作り方

チアシードのフルーツジャムを作るとき、この小さな種子はとても重要な役割を担っている。一般的なジャムは、果物を煮てペクチンを溶かし、そこへ砂糖を加えて、ゼリー状にしている。他方、チアシードのジャムは、果物を煮てすりつぶし、そこへチアシードを大さじ2~3杯加えて、ゼリー状にする。

ジャムの風味を均一にするため、チアシードを加える前に、鍋に果物を入れ、熱をかけてしっかり潰し、他の材料を混ぜておくことがコツだ。熱しながら果物を崩した方が、そのまますり潰すよりも楽だし、丁度良い具合に柔らかくなる。

ラズベリーを鍋で熱している写真。

そして、チアシードを入れてから数分経つと、フルーツの果汁を吸収し、ジャム特有の粘りが出てくる。

このようにして、健康に悪い砂糖を使わずにジャムを作ることが出来る。果物は好きなものを選んで構わないが、私はラズベリーが最も好きだ。ラズベリーはジャムにすると、鮮やかな赤色に変わり、味は深みが増してフルーティーになる。

チアシードとフルーツの理想的な比率は、チアシード大さじ2杯に対しフルーツ2カップである。最初はこの分量で作ることをオススメする。ま熱する時間が短かいと、やや緩くてシロップのようなジャムになる。もし、ジャムが水っぽく、もっと粘りを出したいと思ったら、チアシード大さじ1杯を追加すると良い。

もちろん、普通の作り方でやや固いジャムを作って、そこにチアシードを入れても良い。しかし、この場合は砂糖が入ってしまう。ご自身の好みに合わせて、美味しいジャムを完成させて欲しい。

チアシードのジャムと普通のジャムの違いは?

チアシードジャムは、お店で購入したり、家庭で作る一般的なジャムと比べ、少し緩く、フルーツソースのような感じになる。チアシードジャムをしばらく冷蔵庫に入れておけば、とろみがでて固くなるが、やはり普通のジャムの粘性とは多少異なっている。

しかしながら、市販のジャムと同様に、トーストに塗ったり、ヨーグルトにかけたり、オートミールに加えると相性が良い。チアシードジャムは砂糖が入っておらず、甘さ控えめでとても美味しい。

私は砂糖不使用のチアシードジャムを食べているが、甘い方が好きなら、甘味料を加えても構わない。砂糖、はちみつ、メープルシロップ、アガベシロップなど、どれでも大丈夫だ。

ADVERTISEMENT

チアシードの斑点と赤いラズベリーの組み合わせが可愛い

チアシードとラズベリーでジャムを作ると、とても上品で可愛い。思わず目を引く!

チアシード&ラズベリーの低糖質ジャムの拡大写真。

その他にも、赤いイチゴや赤紫のブルーベリーはチアシードと相性が良く、見栄えが綺麗だ。一方、桃やキウイにチアシードの斑点が入ってしまうと、味は美味しいが、見た目に違和感がある。

もし、チアシードが見えるのが嫌だと思う人がいるなら、あらかじめチアシードの硬い外殻をコーヒーミルやミキサーで粉砕しておくと良い。そうすると、チアシードの斑点は気にならなくなる。

チアシード&ラズベリージャムの低糖質ジャムの食べ方

私はチアシードとラズベリーの組み合わせでジャムを作り、ピーナッツバターと一緒にトーストに塗ったり、朝食のヨーグルトに加えるのが好きだ。

チアシード&ラズベリーの低糖質ジャムをヨーグルトにかけて食べている写真。

2カップ分のラズベリーでおおそよ1.5カップ分のジャムが出来る。毎日、朝食に食べると2週間で使い切ることが出来るだろう。

そしたら、またラズベリーを買いに行って、ジャムを作ると良い。もちろん、他の果物を試しても構わない。あなたが最も好きな組み合わせを見つけて欲しい。

また、私はこのジャムを他の料理に使ったことはないが、いずれは色々と試してみたいと思っている。ラズベリーの果汁が濃縮され濃厚で、やや柔らかいので、丸いクッキーの上にのせたり、クッキーバーの材料に加えても美味しいだろう。

試してみたら、コメント欄に感想を書いていただけたら幸いだ。あなたのアレンジレシピを楽しみにしている!

以下に、『チアシード&ラズベリーの低糖質ジャム』の詳しい材料と作り方をメモしている。さっそく作ってみよう。たった15分で作れる!

チアシード&ラズベリーの低糖質ジャムの作り方

材料(1.5カップ分)

  • ラズベリー: 2カップ(冷凍のものを使用する場合、最初に解凍しておくこと)
  • チアシード: 大さじ2杯
  • レモンジュース(温水でも可): 大さじ2杯
  • はちみつ: 大さじ2杯
  • バニラエッセンス: 小さじ1/2杯

ラズベリーの他に、イチゴ、ブラックベリー、ブルーベリー、さくらんぼ、アプリコット、すもも、もも、パイナップル、キウイなどを使用しても良い。いずれも分量は2カップで大丈夫だ。

チアシード&ラズベリーの低糖質ジャムの材料の写真。

手順

  1. ラズベリーを洗う。ラズベリー以外の果物を使用する場合、必要に応じて、茎、果皮、種を取り除く。また、パイナップルのように大きい果物は小さく切っておくこと。ラズベリーなら下処理はいらない。ここから先は、どの果物も同じ処理になる。
  2. ラズベリーを鍋に移し、中火にかける。ラズベリーをヘラやポテトマッシャーで潰していく。5~10分でほぐれていく。果物の形を少し残すか、全部すり潰すかは好みで決めると良い。
  3. 火を止めて、レモンジュース、はちみつ、バニラエッセンスを加える。味見をして、物足りなさを感じたら、少量追加しておこう。
  4. ここで、チアシードを入れる。
  5. チアシードがレモンジュースや果汁を吸い取るまで約5分待ったら出来上がりだ! 普通のジャムのような粘りは出ないが、チアシードがゲル化して徐々に粘性が増してゆく。もっと固くしたいなら、チアシードを大さじ1杯加えてると良い。特に、新鮮な果物を使っている場合、果汁が多く緩くなる。
  6. ジャムは瓶などの容器に入れて、冷蔵庫で保管するようにしよう。3か月以内に使い切ること。また、冷蔵庫で冷やすと、ジャムの粘度が高くなる。

その他の作り方

  • 火を使わず、チアシード&ラズベリージャムを作る方法: ラズベリーをフォークやポテトマッシャーで潰して、残りの材料を加える。または、ミキサーやハンドミキサーにすべての材料を入れて、滑らかになるまで混ぜ合わせる。火を使わず、チアシードジャムを作ると、加熱した場合と比べて、さらに緩く、ソース状になる。もちろん、チアシードを多めに入れると、粘りを出せる。
  • チアシードが目立たない、ラズベリージャムを作る方法: チアシードは健康的で、食生活に取り入れたいと思っている人は多い。しかし、ジャムの中にチアシードの黒い斑点が入っていると、子どもは避けてしまうかもしれない。そうゆう時は、チアシードをコーヒーミルやミキサーで粉砕してから調理しよう。チアシードがほとんど気にならなくなる。

栄養価(1.5カップ分)

  • エネルギー:  353kcal
  • 糖質:  52.3g
  • たんぱく質:  6.8g
  • 脂質:  7.7g
  • 食物繊維:  19.6g(栄養素等表示基準値の103%)
  • 鉄分:  3.66mg(栄養素等表示基準値の54%)
  • マグネシウム:  134mg(栄養素等表示基準値の42%)
  • カルシウム:  208mg(栄養素等表示基準値の31%)
  • 亜鉛:  2.10mg(栄養素等表示基準値の24%)
  • カリウム:  517mg(栄養素等表示基準値の18%)
  • 銅:  0.32mg(栄養素等表示基準値の36%)
  • ビタミンC:  68mg(栄養素等表示基準値の68%)
  • ビタミンE:  2.0mg(栄養素等表示基準値の32%)
  • ナイアシン:  3.64mg(栄養素等表示基準値の28%)
  • 葉酸:  100µg(栄養素等表示基準値の42%)
  • パントテン酸:  1.13mg(栄養素等表示基準値の24%)

チアシード&ラズベリーの低糖質をヨーグルトにかけている写真とパンに塗っている写真。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク