小林製薬のルテインで目の健康を維持!成分の効果を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:小林製薬のルテイン

1-1.小林製薬のルテインとは?

年齢を重ねて視界がぼやけるようことや目がしょぼしょぼすることはありませんか。
また、パソコンやスマホを使うと、知らず知らずのうちに目に負担をかけているかもしれません。

ルテイン(小林製薬株式会社)は目の機能性表示食品になります(2017/04/07に更新)。
商品名にあるルテインが機能性成分として含まれています。

そのため、ルテインは➀目の視界が気になる人、➁目の老化を予防したい人、➂パソコンやスマホの使用時間が多い人などにおすすめの目のサプリになります。

1-2.基本情報

小林製薬のルテイン

視界の”ぼやけ”をクリアに!
ルテインが目の網膜(黄斑部)の健康を維持!

効果の評価:★★★★★★★★★☆ 9/10

食品の分類

機能性表示食品

機能性関与成分:ルテイン

原材料

植物油、ゼラチン、フランス海岸松樹皮エキス/グリセリン、グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、マリーゴールド、ビタミンE

通常価格

1728円(税込)

初回特典

なし

1日の目安量

1日1粒

容量

約1か月分(30粒)

1-3.小林製薬のルテインの成分

栄養成分の含有量(1粒あたり)はこちらになります。

表:栄養成分の含有量

・エネルギー 3.3kcal ・炭水化物 0.046g
・たんぱく質 0.14g ・食塩相当量 0~0.0016g
・脂質 0.28g  ・ビタミンE 0.005~0.5mg

機能成分の含有量(1粒あたり)はこちらになります。

表:機能成分の含有量

・ルテイン 10mg

1-4.小林製薬のルテインの効果

ルテイン(小林製薬)にはルテインが10mgと豊富に含まれます。ルテインは、網膜の黄斑色素を増やすことで目の黄斑部の健康を維持する働きがあると報告されています。

網膜やその中心にある黄斑は、視覚機能に重要な役割を担っています。網膜部分は、光を受容して感知する杆体細胞が多く、光覚を司る部分と言われています。黄斑は、色彩に鋭敏な錐体細胞が高密度にあり、視力や色覚を含めた視機能に重要になります。

ルテインは、緑黄色野菜のにんじんなどに含まれており、体内では黄斑部に多く存在する成分として知られています。

ルテインは、紫外線やパソコン・スマホの強い光(ブルーライト)のような高エネルギーの光を吸収し、その上、ブルーライトよって発生する 活性酸素を消去する作用があります。そのため、ルテインは網膜を保護し、目の健康を維持すると働きがあると言われています。

なお、小林製薬のルテインの効果は最終製品ではなく、機能性関与成分に関する研究レビューにより、機能性を評価しています。統計レビューにおいて、サプリメント形状の加工食品の場合や摂取量を踏まえた臨床試験で肯定的な結果が得られています。

1-5.まとめ

小林製薬のルテインの効果を「★9/10」と高評価しました。目のサプリとしてマイナスした点が1つ、高く評価したポイントが主に3つあります。なお、効果の評価は他の項目も踏まえ、総合的に判断しています。

  1. 原材料の成分に「フランス海岸松樹皮エキス」の表示があり、どのくらいの量のフランス海岸松樹皮から、どのような方法でエキスを抽出したのか分かりません。
  1. 機能性表示食品である。
  2. 機能性成分として、ルテインが豊富含まれている。
  3. 様々なビタミンや成分を詰め込んだサプリが多い中、無駄な成分(ヒアルロン酸やコラーゲンなど)が含まれておらず、良い印象を受ける。また、成分同士の相互作用のリスクも低い。

どんな健康食品やサプリメントでも完璧な食品ありませんが、小林製薬のルテインは欠点と利点を総合的に考えて、メリットの方が大きいと評価しました。小林製薬のルテインは効果が十分に見込める目のサプリであると思います。

最後に、今までの食生活・生活習慣を変えるのは難しいと思います。
ぜひ、「健康食品やサプリメント」を活用し、食生活・生活習慣を変える“きっかけ”を作りましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク