20代〜40代の女性必見! PMSサプリ「ルナベリー」を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:ルナベリー

1-1. ルナベリーとは?

PMS(月経前症候群)は、20代〜40代の女性の8割以上が抱えていると言われています。

PMSは、生理の1週間~10日前から、女性ホルモンの乱れによって生じる身体と心の変化になります。体がだるい・重いと感じる、イライラする、人や物にあたってしまうなどありますよね。

しかしながら、職場の人や男性の理解が足りず、ストレスを感じることも多いと思います。

PMSを解消して、生理前の悩みがなくなるといいですよね!

ルナベリー (株式会社ミーロード)は、PMS(月経前症候群)に効果があると分かっているチェストベリーが豊富に含まれています。

その上、ルナベリーは栄養機能食品(ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6ビタミンB12)でもあります。

そのため、ルナベリーは➀20代〜40代の女性、➁体がだるい・イライラするなどPMS(月経前症候群)に悩んでいる人、➂効率的にビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6ビタミンB12を補給したい人などにおすすめのPMS(月経前症候群)サプリだと思います。

1-2.基本情報

ルナベリー

PMS(月経前症候群)サプリ!
生理前の女性の悩みを解消!

効果の評価:★★★★★★★★★☆ 9/10

食品の分類

栄養機能食品

対象の栄養素:ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12

原材料

月見草油(γ-リノレン酸含有)、亜麻仁油、チェストベリーエキス末(チェストベリーエキス、マルトデキストリン)、ブラックコホシュエキス末、ワイルドヤムエキス末、レッドクローバーエキス末、大豆胚芽エキス末(イソフラボン含有)、イチョウ葉エキス末、チャボトケイソウエキス末、フランス海岸松樹皮エキス末、ゼラチン、グリセリン、コメヌカロウ、グリセリン脂肪酸エステル、サンゴカルシウム、クチナシ赤色素、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、ビタミンB12、[原材料の一部に大豆、ゼラチンを含む]

通常価格

4400円(税込)

初回価格

送料500円(税込)のみで実質無料

1日の目安量

1日1粒

容量

約1か月分(30粒)

1-3. ルナベリーの成分

栄養成分の含有量(1粒あたり)はこちらになります。

表:栄養成分の含有量

・エネルギー 3.04kcal ・ビタミンB1 1.2mg
・たんぱく質 0.13g ・ビタミンB2 1.4mg
・脂質 0.24g ・ビタミンB6 1.3mg
・炭水化物 0.08g  ・ビタミンB12 2.4µg
・ナトリウム 0.48mg  

なお、PMS(月経前症候群)に効果があるチェストベリーは40mg/粒含まれています。

1-4.栄養成分の機能

1-4-1.ビタミンB1

ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB1について詳しくまとめた記事」もあるので参考にしてください。

1-4-2.ビタミンB2

ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB2について詳しくまとめた記事」もあるので参考にしてください。

1-4-3.ビタミンB6

ビタミンB6は、たんぱく質からのエネルギーの産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB6について詳しくまとめた記事」もあるので参考にしてください。

1-4-4.ビタミンB12

ビタミンB12は、赤血球の形成を助ける栄養素です。

ビタミンB12について詳しくまとめた記事」もあるので参考にしてください。

1-5.チェストベリー

1-5-1.チェストベリーとは?

チェストベリー(別名:イタリアニンジンボク、西洋ニンジンボク、チェストツリー、ビッテクス)は、クマツヅラ科の落葉低木であるセイヨウニンジンボクの果実(種子)になります。

原産地は南ヨーロッパから中央アジアになります。

1-5-2.チェストベリーの効果

チェストベリーの有効成分は、脳下垂体から黄体ホルモン(LH)の生成を促し、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促進します。同時に、卵胞刺激ホルモン(FSH)の分泌を抑え、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌を抑制する作用があります。

つまり、チェストベリーはプロゲステロンを増やして、エストロゲンを減らす方向に、女性ホルモンのバランスを調節する働きがあります。

実際に、PMS(月経前症候群)の症状に対して、チェストベリーを摂取するとPMSの一部の症状、特に胸部痛あるいは圧痛(乳房痛)、浮腫、便秘、過敏、抑うつ気分または気分変化、怒り、および頭痛を減少させる効果があると考えられています。

一方で、チェストベリーは鼓腸の症状、または甘味欲求、発汗、動悸、およびめまいからなる症状などがみられる特定の型のPMSにはあまり効果がみられていません。

また、チェストベリーの効果があらわれるまでには個人差があり、4~12週間かかる場合もあります。

1-5-3.チェストベリーの摂取量や食べる時間

チェストベリーをどのくらい摂取すると効果があるのかは、まだ結論が出ていません。

一般的に、ルナベリーのような生ハーブ抽出物の場合には20~240mg/日、最大1800mg/日を2~3回に分けて、使用されています。ルナベリーには、チェストベリーが1日の摂取目安量あたり40mg含まれていますね!

さらに、チェストベリーの効果を最大限に発揮するには、空腹時や朝に摂取することがよいとされています。

ちなみに、ドイツではチェストベリーがPMS(月経前症候群)、月経不順、乳房腫痛に効果のある医薬品としても使用されています。

ルナベリーにはチェストベリーが豊富に含まれており、PMS(月経前症候群)サプリメントの成分として有効であると分かっていただけたと思います。

1-6.まとめ

ルナベリーの効果を「★9/10」と高く評価しました。PMS(月経前症候群)サプリとして、マイナスした点が1つ、高く評価したポイントが4つあります。

なお、効果の評価は、他の項目も踏まえて、総合的に判断しています。

  1. 原材料の成分に「ワイルドヤムエキス末」などの表示があり、どのくらいの量のワイルドヤムから、どのような方法でエキスを抽出したのか分かりません。
  1. 栄養機能食品である。
  2. ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6ビタミンB12の補給ができる。
  3. PMS(月経前症候群)に効果があるチェストベリーが含まれている。
  4. チェストベリーの含有量の表示がされており、不透明な点がなく、有効性・安全性を判断できる。

どんな健康食品やサプリメントも完璧な食品はありませんが、PMS(月経前症候群)サプリとして欠点と利点を総合的に考え、メリットの方が大きいと評価しました。

ルナベリーは効果が十分に見込めるPMSサプリであると思います。

最後に、今までの食生活・生活習慣を変えるのは難しいと思います。
ぜひ、「健康食品やサプリメント」を活用し、食生活・生活習慣を変える“きっかけ”を作りましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク