大人のカロリミットの効果は三刀流!代謝&脂肪・糖吸収を抑制

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:大人のカロリミット

1-1.大人のカロリミットとは?

食事の量は変わっていないのに体重が増えていませんか。
また、運動しても効果を実感できない人もいると思います。
他にも、糖や脂質の多い食事をついつい食べてしまう人も多いと思います。

大人のカロリミット(株式会社ファンケル)は、日常活動時の脂肪を代謝する力を高め、その上、食事の脂肪・糖の吸収を抑える機能性表示食品になります(2017/3/14に更新)。

大人のカロリミットは、ギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして)、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミン、ペンタメトキシフラボンの計6つの機能性成分が含まれています。

そのため、大人のカロリミットは➀代謝が悪くなったと感じる人、➁運動しても効果が出にくい人、
➂糖や脂質の多い食事をとる人などにおすすめの「代謝サプリ」&「脂肪や糖の吸収を抑えるサプリ」になります。

1-2.基本情報

大人のカロリミット

脂肪の代謝サプリであり、脂肪・糖の吸収を抑えるサプリ!
大人のカロリミットで3つの効果を実感!

効果の評価:★★★★★★★★★☆ 9/10

食品の分類

機能性表示食品

(ギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー<ファゴミンとして>、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミン、ペンタメトキシフラボン)

原材料

緑茶エキス、桑の葉エキス末(桑の葉エキス、でんぷん分解物)、キトサン(かにを含む)、ブラックジンジャーエキス末(ブラックジンジャーエキス、でんぷん分解物)、でんぷん、ギムネマシルペスタエキス、インゲン豆エキス/セルロール、環状オリゴ糖、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、シェラック、グリセリン、レシチン(大豆由来)、植物ワックス、甘味料(ネオテーム)

通常価格

1000円(税込)

初回特典

2週間分がもう一袋ついてくる

1日の目安量

1日4粒

容量

2週間分×2袋(56粒×2袋)

1-3.大人のカロリミットの成分

栄養成分の含有量(4粒あたり)はこちらになります。

表:栄養成分の含有量

・エネルギー 3.1kcal ・炭水化物 0.76g
・たんぱく質 0.14g ・食塩相当量 0.003g
・脂質 0.03g  

機能成分の含有量(4粒あたり)はこちらになります。

表:機能成分の含有量

・ギムネマ酸 9.4mg ・キトサン 100mg
・桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして) 0.2mg ・インゲン豆由来
ファセオラミン
0.29mg
・エピガロカテキンガレート 14mg  ・ペンタメトキシフラボン 2.25mg

1-4.大人のカロリミットの効果

大人のカロリミットには6種類も機能成分(ギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミン、ペンタメトキシフラボン)が含まれています。

ギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして)、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミン、ペンタメトキシフラボンは、日常活動時のエネルギー代謝において、脂肪を代謝する力を高める機能があります。

また、ギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして)、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミンは、食事の糖の吸収を抑え、食後の血糖値の上昇を抑えることが報告されています。

その上、ギムネマ酸、エピガロカテキンガレート、キトサンは、食事の脂肪の吸収を抑え、食後の血中中性脂肪値の上昇を抑えることが報告されています。

1-4-1.どのように、脂肪を代謝する力が高まるのか!?

活動時にエネルギーとして脂肪を代謝する力を高める機序は、交感神経活動の活性化が考えられます。

大人のカロリミットに含まれるエピガロカテキンガレートは、交感神経活動を刺激し、ホルモンのノルアドレナリンの分泌を増やします。ノルアドレナリンは、白色脂肪組織のホルモン感受性リパーゼを活性化し、脂肪の分解を促します。それと同時に、褐色脂肪組織において、脂肪酸の利用を亢進します。その上、エピガロカテキンガレートはノルアドレナリンを分解する酵素を阻害する働きも報告されています。

また、ペンタメトキシフラボンにも交感神経活動を刺激する作用があります。ペンタメトキシフラボンは、脂質代謝に関わるアディポネクチンの遺伝子発現量や分泌量を高めます。その上、ホルモン感受性リパーゼの遺伝子発現量を高めることも報告されています。

まとめると、エピガロカテキンガレートとペンタメトキシフラボンはエネルギー代謝における脂肪酸の利用を促す効果があると言うことになります。

それゆえ、大人のカロリミットは脂肪の代謝サプリになります。

なお、「日常活動時のエネルギー代謝において、脂肪を代謝する力を高める機能」は、最終製品を用いた臨床試験(人を対象とした試験)により、機能性を評価しています。

1-4-2.どのように、食事の脂肪の吸収を抑えるのか!?

キトサンギムネマ酸エピガロカテキンガレートが食後の血中中性脂肪を抑える効果に関わっています。

キトサンは食物繊維の1種であり、脂質を吸着して体外に排斥する働きがあります。また、キトサンギムネマ酸エピガロカテキンガレートは脂質を分解する酵素のリパーゼの活性を阻害する作用があります。さらに、ギムネマ酸には、遊離脂肪酸の吸収を抑える働きがあります。

それゆえ、大人のカロリミットは脂肪の吸収を抑えるサプリになります。

「食事の脂肪の吸収を抑える機能」は、最終製品ではなく、機能性関与成分に関する研究レビューで、機能性を評価しています。

統計レビューでは、サプリメント形状の加工食品の場合、摂取量を踏まえた臨床試験で肯定的な結果が得られています。

1-4-3.どのように、食事の糖の吸収を抑えるのか!?

桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして)エピガロカテキンガレートインゲン豆由来ファセオラミンキトサンギムネマ酸が食後の血糖値の上昇を抑える効果に関わります。

桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして)エピガロカテキンガレートインゲン豆由来ファセオラミンキトサンは、糖を分解する酵素の活性を阻害する働きがあります。また、ギムネマ酸は糖輸送担体を阻害して糖の吸収を抑える作用があります。

それゆえ、大人のカロリミットは糖の吸収を抑えるサプリになります。

「食事の糖の吸収を抑える機能」は、最終製品ではなく、機能性関与成分に関する研究レビューで、機能性を評価しています。

統計レビューでは、サプリメント形状の加工食品の場合、摂取量を踏まえた臨床試験で肯定的な結果が得られています。

1-5.副作用はあるのか?

大人のカロリミットは、2014 年6月から2016 年1月までの期間に約490万製品が販売されています。
報告されている健康被害は、食物アレルギーなどの個人の体質や体調に起因していると考えられるものが多く、また当該製品と類似する製品による重篤な健康被害は生じていません。

大人のカロリミットは、機能成分が6種類含まれているため、相互作用による副作用を心配されている人もいると思います。現時点の報告や論文によると、機能性関与成分同士の相互作用により、健康被害が生じる可能性は低いと考えられます。

ただし、機能性成分同士の相互作用により、「食事の脂肪の吸収を抑える機能」が高まる可能性があると分かっています。このような相乗効果は嬉しい限りですが、機能性成分同士の相互作用が悪い方向に働く可能性も0%とは言えない裏付けになると思います。

もし、明確な副作用が報告されましたら、お伝えしたいと思います。今のところ、あまり気にする必要はないと思います。

1-6.まとめ

大人のカロリミットの効果を「★9/10」と高く評価しました。マイナスした点として2つ、高評価したポイントとして主に3つあります。なお、効果の評価は他の項目も踏まえ、総合的に判断しています。

  1. 原材料成分に「緑茶エキス、桑の葉エキス末」などの表示があり、どのくらいの量の緑茶や桑の葉から、どのような方法でエキスを抽出したのか分かりません。
  2. 機能性成分が6種類含まれており、「食後の脂肪・糖の吸収を抑える機能」については統計レビューのみで評価されている。そのため、相互作用により効果が変わる可能性がある。
  1. 機能性表示食品である。
  2. 機能性成分として、ギムネマ酸、桑の葉由来イミノシュガー(ファゴミンとして)、エピガロカテキンガレート、キトサン、インゲン豆由来ファセオラミン、ペンタメトキシフラボンの6種類が含まれる。
  3. 「日常活動時のエネルギー代謝において、脂肪を代謝する力を高める機能」は、人を対象とした試験を実施し、効果が認められている。

どんな健康食品やサプリメントも完璧な食品はありませんが、大人のカロリミットは欠点と利点を総合的に考え、メリットの方が大きいと評価しました。大人のカロリミットは効果が十分に見込める「代謝サプリ」&「脂肪・糖の吸収を抑えるサプリ」であると思います。

最後に、今までの食生活・生活習慣を変えるのは難しいと思います。
ぜひ、「健康食品やサプリメント」を活用し、食生活・生活習慣を変える“きっかけ”を作りましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク