バイタルフローラは腸内環境を整えるサプリ!効果や評判は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1:VITAL FLORA(バイタルフローラ)

1-1.バイタルフローラとは?

普段、なんだかすっきりせず、お腹の調子が気になる人は多いと思います。
太ったかもしれないと感じることやハリ・うるおいがなくなったと思うこともありますよね。

もしかしたら、腸内環境(腸内フローラ)の乱れが原因の一つかもしれません。

バイタルフローラ (健康コーポレーション株式会社)は、腸内環境を良好にし、腸の調子を整える機能性表示食品になります(2017/04/19に更新)。

バイタルフローラは、関与する成分としてビフィズス菌BB536が含まれています。
ビフィズス菌は善玉菌として知られています。

また、外食やストレス発散についつい食べ過ぎてしまう人など食生活が偏っている人もいますよね!

そのため、バイタルフローラは➀すっきりしない人、➁お腹の調子を整えたい人、➂ハリやうるおいが気になる人、➃食生活が偏りがちの人などにおすすめの腸内環境を整えるサプリになります。

1-2.基本情報

バイタルフローラ

ハリ・うるおいのある毎日へ!
女性に注目の腸内環境を整えるサプリ

効果の評価:★★★★★★★★★☆ 9/10

食品の分類

機能性表示食品

機能性関与:
ビフィズス菌BB536

原材料

デンプン、ラクチュロースパウダー(乳成分を含む)、乳タンパク消化物、ビフィズス菌末(デンプン、ビフィズス菌乾燥原末)/HPMC、ステアリン酸カルシウム、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素

通常価格

5500円(税別)

初回価格

64%OFFの1980円
(税別)

1日の目安量

1日2粒

容量

約1か月分(60粒)

1-3. バイタルフローラの成分

栄養成分の含有量(2粒あたり)はこちらになります。

表:栄養成分の含有量

・エネルギー 2.4kcal ・炭水化物 0.55g
・たんぱく質 0.009g ・食塩相当量 0.008g
・脂質 0.0075g  

機能成分の含有量(2粒あたり)はこちらになります。

表:機能成分の含有量

・ビフィズス菌BB536 20億個

1-4. バイタルフローラの効果

バイタルフローラにはビフィズス菌BB536が20億個と豊富に含まれています。

ビフィズス菌BB536は、腸内環境を良好にし、腸の調子を整える効果があると分かっています。

なお、バイタルフローラのビフィズス菌BB536の効果は、最終製品ではなく、機能性関与成分に関する研究レビューで、機能性を評価しています。

統計レビューにおいて、サプリメント形状の加工食品の場合に、摂取量を踏まえた臨床試験で肯定的な結果が得られています。

1-4-1.ビフィズス菌BB536

最近、腸内細菌が様々な疾患の発症や進展に関わることが分かってきていますね!

排便回数が少ないなど消化器官の運動不調は、腸内菌叢と呼ばれる腸内細菌の構成に影響します。

また、腸内細菌の一部(悪玉菌)はタンパク質などの窒素源を代謝することで、アンモニアや硫化水素、フェノール類などの人体に有害な腐敗産物を腸内で生成します。

一方、腸内環境の活動によって生成する酢酸などの短鎖脂肪酸は腸管の蠕動運動を促す作用あります。そして、ビフィズス菌や乳酸菌等のプロバイオティクスは短鎖脂肪酸などの代謝産物に影響を与えて、腸内環境を調節することで機能的便秘の人の腸管の活動を促進すると考えられています。

その上、ビフィズス菌BB536は自らの活動によって代謝産物の酢酸を生成して、腸内環境を調節し消化器官の活動を助けると言われています

さらに、ビフィズス菌BB536にはアンモニアを産生する腸内細菌の活動を抑えて、そのウレアーゼ活性を低減させることにより、腸内のアンモニア量を低下させる効果があります。

このように、ビフィズス菌BB536は腸内環境を良好にし、腸の調子を整えます。

バイタルフローラにはビフィズス菌BB536が20億個と多く含まれており、腸内環境を整えるサプリだと分かっていただけたと思います。

腸内環境について詳しくまとめた記事」もあるので参考にしてください。

1-5.副作用はあるのか?

ビフィズス菌BB536は乳児の糞便から分離した菌株であり、酸素や酸に対して耐性を持ち、高い安全性が証明されており、世界中の多くの国でヨーグルトやサプリメント、育児用粉ミルクに利用されているビフィズス菌になります。

また、ビフィズス菌BB536を150億(3カプセルあたり)含んでいる「森永BB536」という商品が2014年から販売されており、これまで安全性上の大きな有害事象は報告されていません。

なお、バイタルフローラにはビフィズス菌BB536が20億個含まれています。

ちなみに、ビフィズス菌BB536は特定保健用食品の関与成分としても使用されています。

それゆえ、バイタルフローラを摂取目安量摂取した場合に副作用が生じる可能性は低いと思います。

*バイタルフローラは特定保健用食品ではなく、機能性表示食品になります。

1-6.まとめ

バイタルフローラの効果を「★9/10」と高く評価しました。腸内環境を整えるサプリとして、マイナスした点が1つ、高く評価したポイントが主に3つあります。

なお、効果の評価は、他の項目も踏まえて、総合的に判断しています。

  1. 人を対象とした試験を実施しておらず、効能が統計的レビューでの評価である。
  1. 機能性表示食品である。
  2. 機能性成分として、ビフィズス菌BB536が豊富含まれている。
  3. ビフィズス菌BB536の含有量の表示がされており、不透明な点がなく、有効性・安全性を判断できる。

どんな健康食品やサプリメントも完璧な食品はありませんが、腸内環境を整えるサプリとして、欠点と利点を総合的に考え、メリットの方が大きいと評価しました。

バイタルフローラは効果が十分に見込める腸内環境を整えるサプリであると思います。

最後に、今までの食生活・生活習慣を変えるのは難しいと思います。
ぜひ、「健康食品やサプリメント」を活用し、食生活・生活習慣を変える“きっかけ”を作りましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

スポンサードリンク