症状から探す

ビールを注意されたら使おう!ビールの良い効能のまとめ

こんにちは!管理栄養士の健康食品で得する人と申します。
私はビールが好きなので、良い効能をまとめました。

ビールは、心血管疾患や2型糖尿病の発症リスクの低下、高齢になってからの認知機能の維持などに効果があります。

記事では、どのくらい飲むと良いか、男性と女性どちらに効くのかも解説しています。ぜひ参考にしてください!

 

1.ビールについて

健康食品を取り上げているサイトで「ビール」を紹介していいのか!と思われるかもしれませんが、ビールも健康食品の一つだと思います。

たしかに、ビールを過剰に飲み過ぎると有害作用が生じるかもしれませんが、適量であればむしろ良い効能が多くあります。 続きを読む

癌予防の効果が高い食べ物8選紹介(後編)にんじんは効く?

癌予防の効果が高い食べ物として、にんにく、キャベツ、甘草、大豆、しょうが、にんじん、セロリ、パースニップなどがあります。

後編は、しょうが、にんじん、セロリ、パースニップの癌予防の効果を解説します。

ヒトのどの癌に効果があり、食材あるいはサプリのどちらから摂取すべきか分かっていただけると思います!

 

1.がん予防の効果がある食べ物とは!?

最近は、癌予防がより一層注目されていると思います。

メディアやネットでは、たくさんの健康食品が取り上げられ、情報が散乱しており、「本当に、癌予防の効果が高い食べ物は何なのか?」分からずにいると思います。

そして、これらの情報は間違いや説明不足のことが多く、今回記事にさせていただきました。

「本当に、癌予防の効果が高い食べ物は何なのか?」を知っていただけると思います。

最初に、癌予防の効果が高い食べ物を判断する際に重要なポイントが主に3つあります。 続きを読む

癌予防の効果が高い食べ物8選紹介(前編)にんにくは効く?

癌予防の効果が高い食べ物としては、にんにく、キャベツ、甘草、大豆、しょうが、にんじん、セロリ、パースニップなどがあります。

前編では、にんにく、キャベツ、甘草、大豆の癌予防の効果を解説します。

ヒトのどの癌に効果があり、食材あるいはサプリのどちらから摂取すべきか分かっていただけると思います!

 

1.がん予防の効果がある食べ物とは!?

最近は、癌予防がより一層注目されていると思います。

メディアやネットでは、たくさんの健康食品が取り上げられ、情報が散乱しており、「本当に、癌予防の効果が高い食べ物は何なのか?」分からずにいると思います。

そして、これらの情報は間違いや説明不足のことが多く、今回記事にさせていただきました。

「本当に、癌予防の効果が高い食べ物は何なのか?」を知っていただけると思います。

最初に、癌予防の効果が高い食べ物を判断する際に重要なポイントが主に3つあります。 続きを読む

コーヒーの効果!糖尿病やパーキンソン病のリスクを下げる

こんにちは!私は、コーヒー好きで知られています。
コーヒーインストラクター2級の資格も持っています。

コーヒーは、生活習慣病の糖尿病、パーキンソン病の発症リスクを下げる効果があります。

記事は、コーヒーと疾患について解説しています。
3分で読んでいただけると思います。

 

1.コーヒーと疾患

コーヒーを飲めば疾患のリスクが低下するのだろうか?

現在、疫学調査により、コーヒーと疾患のリスクを検討した報告は数多くあります。徐々に、コーヒーと疾患リスクとの関係が解明されつつあります。

1-1.コーヒーで発症リスクが低下する疾患

コーヒーを飲むと発症リスクが低下する疾患として、2型糖尿病、パーキンソン病(PD)があります。

また、論争中であるが、アルツハイマー病(AD)、胆石、脳卒中、心血管系疾患、うつ病なども発症リスクが低下する可能性があると言われています。 続きを読む

コーヒーの効果は?女性の大腸がん・肝がんのリスクを下げる

こんにちは!私は、コーヒーが好きで知られています。
コーヒーインストラクター2級も取得しています。

コーヒーは発がん性があるのか、コーヒーを飲むと発がんリスクが低下するのかどちらでしょうか?
コーヒーと膀胱がん・肝がん・大腸がんを解説ます。
3分で読んでいただけると思います。

 

1.コーヒーの発がん性と発がん物質

1-1.コーヒーと発がん性

コーヒーを飲めば”がん”になると聞いたことはないだろうか。

2016年以前まで、コーヒーはWHO(世界保健機構)の下部組織のIARC(国際がん研究機関)が公開している「IARC発癌性リスク一覧」において、「グループ2B:ヒトに対して発がん性がある可能性がある」に分類されていました。

そのため、コーヒーには発がん性があると思っている人が多くいます。

しかしながら、コーヒーに関する多くの疫学研究や動物実験の新しい結果が反映され、2016年以降、「IARCの発癌性リスク分類」において、「グループ2B」から「グループ3:ヒトに対する発がん性について分類できない」に変更されました。

そして、コーヒーと発がん性についての最新の知見はこのように変りました。
➀膵臓、乳、前立腺の発がん性が否定された。
➁肝臓や子宮内膜がんの発がん性がより低いと証明された。
➂その他のがんに関しては結論を出すのに十分なエビデンス(科学的根拠)がないと分かった。 続きを読む

記憶力を最大化!有効な食べ物や栄養素と厳選サプリ3選

記憶力の低下を感じている人は多いのでしょうか。
記憶力を保ち、認知症を予防する方法を記載しています。

また、認知症に限定せず、脳神経系の機能の維持・向上に必要な食べ物や栄養素、厳選サプリメントを紹介します。

記憶力の疑問を解決し、記憶力の維持・向上を目指そう。

 

1.記憶力とは

記憶は、短期記憶と長期記憶の2つに分けられます。

1-1.短期記憶

短期記憶は、数秒間だけ保持される記憶のことをいいます。短期記憶の例として、すれ違った見知らぬ人の顔や服の色の記憶、一度だけかける電話の電話番号の記憶などになります。

短期記憶は、数秒間保持した後に忘却されますが、何度も復唱して反復すると長期記憶に変わります。

1-2.長期記憶

長期記憶は、さらに二次記憶と三次記憶に分けられます。二次記憶は、数分から数年間だけ保持される記憶のことをいいます。三次記憶は、死ぬまで保持される記憶のことをいいます。三次記憶の例として、自分の名前や幼いころの思い出の記憶などになります。

また、長期記憶は、長期記憶の内容により陳述記憶と非陳述記憶に分けることができます。陳述記憶は、エピソード記憶(幼いころの思い出など)や意味記憶(学校で学んだ知識など)に分けらます。
非陳述記述は、自転車に乗る運動技能、技術、習慣、慣れなどの記憶になります。 続きを読む

40代必見、睡眠で休養を目指す!食べ物と厳選サプリ3選

睡眠で休養が十分にとれてない人は多いと思います。
睡眠障害として、不眠(睡眠時無呼吸症候群など)、過眠(ナルコレプシーなど)が知られています。

記事では、ビタミンB6など睡眠に適した栄養素や食べ物、おすすめのサプリメントを紹介しています。
睡眠の疑問を解決し、十分な休養を目指しましょう。

 

1.睡眠とは

ヒトがなぜ眠らなくてはならないのかは、未だ完全には分かっていません。しかし、睡眠は、ヒトの精神的・身体的休養の基盤であり、生活習慣の一部になります。

睡眠は、ふつうの睡眠(ノンレム睡眠)とレム睡眠が繰り返されています。ノンレム睡眠は、出現する脳波の種類により浅い眠りから順に第1期~第4期に分類されます。一方、レム睡眠は、一晩に3~6回約90分の周期で出現します。

レム睡眠は、急速眼球運動を伴い、脳波上では覚醒しているが、睡眠が持続しており、刺激を加えてもなかなか覚醒しません。レム睡眠は夢をみている時期あり、全身の骨格筋が弛緩し、心拍数や呼吸数が増加します。また、レム睡眠時は、成人男性では陰茎の勃起が起こります。

レム睡眠は、新生児の全睡眠時間の50%を占め、成人では20%程度になります。熟睡感は、レム睡眠により得られます。通常の睡眠薬はノンレム睡眠のみを延長するため、睡眠薬を服用しても熟睡感を得ることは難しいと思います。 続きを読む

OLさん応援!善玉菌が腸内環境整え、お通じ改善&サプリ

ヒトの腸内には、善玉菌(乳酸菌のビフィズス菌など)や悪玉菌(ウェルシェ菌など)が生息しています。
オリゴ糖、乳酸菌、食物繊維などは、プレバイオティクスやプロバイオティクスとして腸内環境を整えます。

記事では、腸内環境に適したサプリメントを紹介します。腸内環境の疑問を解決できると思います。

 

1.腸内環境とは

ヒトの腸内には、500~1000種類、100兆個以上の腸内細菌が生息しています。腸内細菌のうち、乳酸菌のビフィズス菌などは生体に好都合をもたらす有用菌(善玉菌)、ウェルシェ菌などは生体に悪い影響をもたらす有害な菌(悪玉菌)と呼ばれます。また、善玉菌と悪玉菌のうち数が多い方に味方する日和見菌も存在します。腸内細菌の集まりのことを腸内フローラ(腸内細菌叢)といいます。

善玉菌、悪玉菌、日和見菌のバランスは食生活、性、年齢、ストレスなどにより変動します。健康なヒトの腸内細菌のバランスは、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=4:3:3と言われています。

しかしながら、ヒトの腸内の善玉菌は年齢が上がるにつれて減少し、悪玉菌は増加します。それゆえ、日頃から腸内環境をよくする食品を積極的に摂取することが大切になります。 続きを読む

血糖値が不安な人集まれ!40代はベジファースト&サプリ

血糖は、血液中のブドウ糖(グルコース)を指します。
グルコースは身体のエネルギー源になります。

血糖値やHbA1Cが高いと言われたことありませんか。
最近、血糖コントロールに血糖値(グルコース)スパイクも重要だと考えられています。

記事では、血糖値を下げる食品や食生活、血糖値に適したサプリを紹介しています。インスリンの節約は大切!

 

1.血糖値とは

血糖とは、血液中に含まれるブドウ糖(グルコース)のことで、血液中に一定濃度で含まれています。血糖には、フルクトースやガラクトースなどの糖質は含みません。

血糖は、エネルギー源としてグルコースしか利用できない組織(脳・神経組織、赤血球など)に必須となります。そのため、健常者の血糖値は、空腹時血糖値が70~80mg/dl(中高年では~110mg/dl)に維持されています。食後30~60分経過すると、血糖値が一時的に120~150mg/dlまで上昇しますが、2~3時間後には空腹時のレベルまで戻ります。これは、血糖値の上昇により、膵臓のランゲルハンス島β細胞からインスリンが分泌されることに由来します。

インスリンは、血糖値を下げる唯一のホルモンであり、血中のグルコースを筋肉や脂肪組織に取り込ませ、血糖値を下げます。それゆえ、インスリンの分泌不足あるいはインスリンの作用が発揮されないと血糖値が高くなり、糖尿病になります。 続きを読む

30~50歳代必見!ストレスフリーに必要な栄養素&サプリ

日常生活で悩みやストレスを感じる方は多いと思います。ストレスが長期に続くと、副腎が疲れてしまいます。
ストレス対策には、食生活や生活習慣を改善し、ストレスに強い身体を作ることも大切になります。

ストレスに適した栄養素やサプリを紹介しています。
ストレスの疑問を解決できると思います

 

1.ストレスとは

ストレスの要因となる刺激を”ストレッサー”と呼びます。ストレッサーは大きく4つに分けられます。
➀物理的ストレッサー(気温の変化、騒音など)
➁生物学的ストレッサー(病気、疲労など身体状態によるもの)
➂精神的ストレッサー(怒り、不安など精神状態によるもの)
➃社会的ストレッサー(家庭や職場、人間関係など社会的立場によるもの)

ストレスとは、ストレッサーが加わったことにより、「心身がゆがんだ状態」になることをいいます。ストレスの受けやすさは個人差がありますが、ストレスが長く続くと、精神的および身体的な健康に影響を及ぼします。

ストレス対策には、ストレスの要因となるストレッサーをなくすことが大切になります。また、食生活や生活習慣などを改善し、ストレスに強い身体を作ることもストレス対策につながります。 続きを読む