食材から探す

きのこは種類により栄養と機能が違う!一番のおすすめ紹介

こんにちは!健康食品で得する人と申します。

きのこは種類により栄養価や機能性が異なります。

最も栄養を効率的に補給でき、血圧上昇抑制効果など機能性も優れている「きのこの種類」を紹介します。

きのこ類の栄養素ランキングも記載していますよ!

1.きのこ類の栄養成分の特徴

きのこに含まれる炭水化物の大半は 食物繊維であり、栄養学的には低エネルギー食品になります。

また、きのこ類に含まれる 食物繊維は他の植物性食品(野菜、果物など)と異なり、キチンという不溶性食物繊維が多く含まれています。

きのこ全般にはビタミン類( ビタミンD ビタミンB1 ビタミンB2 ナイアシン パントテン酸 葉酸など)が豊富に入っている特徴があります。

ちなみに、きのこ類の生しいたけはプロビタミンD2(ビタミンDの前駆体)のエルゴステロールが多く、日を浴び紫外線に当たることで ビタミンD2になります。 続きを読む

秋の果物2選!栄養価が高く、効果がある秋の食材だけ紹介

こんにちは!季節は秋を迎え、食欲がわいています。

秋の果物は、柿、イチジク、梨、ブドウなどたくさんあります。
記事は、栄養価が高く、効果のある秋食材の「柿」と「イチジク」を解説します。果物の栄養素ランキングも記載しています。

管理栄養士・栄養士の知識をぜひ参考にしてください!

1.柿

1-1柿とは?

柿の原産地は中国や日本などの東南アジアになります。そのため、日本では昔から、柿の果実、渋柿、柿の蒂(へた)、柿の葉などが民間薬として利用されています。

日本での主な産地は、和歌山県、奈良県、福岡県、岐阜県になります。

柿は甘柿と渋柿に分けられ、甘柿の種類としては富有柿、次郎柿、駿河柿、御所柿が知られています。

柿の渋味成分のタンニンは、甘柿の場合には成熟するにつれて不溶性のコロイド(水に溶けない状態)になるため渋味を感じることはありません。一方で、渋柿の場合には成熟しても水溶性のコロイド(水に溶ける状態)であるため渋味を感じます。

ちなみに、「酒を飲む前に柿を食べると悪酔いしない」とよく言われますが、柿に含まれるタンニンの作用であると考えられています。 続きを読む

ビールを注意するのに使える!飲み過ぎで生じる50の悪影響

こんにちは!!管理栄養士の健康食品で得する人と申します。ビールを注意しやすいように、悪い影響をまとめました。

ビールは飲む量に応じて、または多量に長期間飲むと副作用が生じます。その上、飲む量に関係なく、女性の乳癌のリスクは上昇します。

記事では、どのくらい飲むと、どのような悪い影響が生じるかを解説しています。ぜひ参考にしてください!

 

1.ビールについて

ビールは適量であれば良い効能が多くあります。
しかし、ビールを過剰に飲み過ぎると有害作用が生じるリスクがあります。

ちなみに、日本人は、ビールを一人一年間あたり42.6Lほど消費しているそうですよ。この量は、350mlの缶ビールおそよ122本分に相当します。

安全性の面から言うと、ビールは一日に720ml(≒350mlの缶ビール2.1本分)以下であれば安全であると言わています。

しかしながら、一日に720ml以上飲むと、副作用が生じる可能性が高くなります。

また、妊婦(特に、妊娠2カ月までの間)や授乳婦はビールを飲むのを避けた方がよいでしょう!

では、ビールの悪い影響について詳しく解説してゆきます。 続きを読む

秋の食材で栄養価が高く、効果がある野菜3つ紹介(後編)

こんにちは!季節は秋を迎え、食欲がわいています。

秋の野菜はかぼちゃ、人参、かぶなどたくさんあります。
後編では、栄養価が高く、効果のある秋の食材の「かぶ」を解説します。野菜の栄養素ランキングも記載しています。

管理栄養士・栄養士の知識をぜひ参考にしてください!

1.かぶ

1-1.かぶとは?

かぶは、アブラナ科アブラナ属の越年草になります。かぶは、かぶら・かぶらな・すずな(鈴奈、菘)・ほうさい(豊菜)・だいとうな(大頭菜)などと呼ばれることもあります。

かぶの原産地はヨーロッパ、あるいは中央アジアと言われています。日本では、千葉県や埼玉県で多く生産されています。

かぶの食べごろは、甘味が強くなる秋から冬(10月~1月頃)になります。なお、かぶの別名の「すずな」は春の七草の一つであり、春のかぶは肉質が柔らかい特徴があります。

また、かぶは主に肥大した根の部分が食べられますが、葉もおいしく、品種により茎葉が主体のものがあります。

ちなみに、かぶの根は淡色野菜、葉は緑黄色野菜になります。そのため、かぶの根と葉では栄養成分が大きく異なり、かぶは葉の部分の方が栄養分を豊富に含んでいます。 続きを読む

秋の食材で栄養価が高く、効果がある野菜3つ紹介(前編)

こんにちは!季節は秋を迎え、食欲がわいています。

秋の野菜はかぼちゃ、人参、かぶなどたくさんあります。
前編は、栄養価が高く、効果のある秋の食材のかぼちゃ、人参を解説します。

管理栄養士・栄養士の知識をぜひ参考にしてください!

1.かぼちゃ

1-1.かぼちゃとは?

かぼちゃ(南瓜)は、ウリ科カボチャ属の果菜の総称になります。

かぼちゃの原産地は南北アメリカ大陸になります。日本では、北海道で生産量が最も多く、鹿児島県や茨城県が続きます。

かぼちゃは、7~8月に収穫されて、2~3か月ねかせてた頃が食べごろになります。それゆえ、かぼちゃの旬は秋から冬になります。 続きを読む

ビールを飲む口実に使える!健康に良い10の理由と効果的な活用法

こんにちは!管理栄養士の健康食品で得する人と申します。
私はビールが好きなので、良い効能をまとめました。

ビールは、心血管疾患や2型糖尿病の発症リスクの低下、高齢になってからの認知機能の維持などに効果があります。

記事では、どのくらい飲むと良いか、男性と女性どちらに効くのかも解説しています。ぜひ参考にしてください!

 

1.ビールについて

健康食品を取り上げているサイトで「ビール」を紹介していいのか!と思われるかもしれませんが、ビールも健康食品の一つだと思います。

たしかに、ビールを過剰に飲み過ぎると有害作用が生じるかもしれませんが、適量であればむしろ良い効能が多くあります。 続きを読む

癌予防の効果が高い食べ物8選紹介(後編)にんじんは効く?

癌予防の効果が高い食べ物として、にんにく、キャベツ、甘草、大豆、しょうが、にんじん、セロリ、パースニップなどがあります。

後編は、しょうが、にんじん、セロリ、パースニップの癌予防の効果を解説します。

ヒトのどの癌に効果があり、食材あるいはサプリのどちらから摂取すべきか分かっていただけると思います!

 

1.がん予防の効果がある食べ物とは!?

最近は、癌予防がより一層注目されていると思います。

メディアやネットでは、たくさんの健康食品が取り上げられ、情報が散乱しており、「本当に、癌予防の効果が高い食べ物は何なのか?」分からずにいると思います。

そして、これらの情報は間違いや説明不足のことが多く、今回記事にさせていただきました。

「本当に、癌予防の効果が高い食べ物は何なのか?」を知っていただけると思います。

最初に、癌予防の効果が高い食べ物を判断する際に重要なポイントが主に3つあります。 続きを読む

癌予防の効果が高い食べ物8選紹介(前編)にんにくは効く?

癌予防の効果が高い食べ物としては、にんにく、キャベツ、甘草、大豆、しょうが、にんじん、セロリ、パースニップなどがあります。

前編では、にんにく、キャベツ、甘草、大豆の癌予防の効果を解説します。

ヒトのどの癌に効果があり、食材あるいはサプリのどちらから摂取すべきか分かっていただけると思います!

 

1.がん予防の効果がある食べ物とは!?

最近は、癌予防がより一層注目されていると思います。

メディアやネットでは、たくさんの健康食品が取り上げられ、情報が散乱しており、「本当に、癌予防の効果が高い食べ物は何なのか?」分からずにいると思います。

そして、これらの情報は間違いや説明不足のことが多く、今回記事にさせていただきました。

「本当に、癌予防の効果が高い食べ物は何なのか?」を知っていただけると思います。

最初に、癌予防の効果が高い食べ物を判断する際に重要なポイントが主に3つあります。 続きを読む

今改めて評価するべき「コーヒーの効果」~糖尿病や認知症~

こんにちは!私は、コーヒー好きで知られています。
コーヒーインストラクター2級の資格も持っています。

コーヒーは、生活習慣病の糖尿病、パーキンソン病の発症リスクを下げる効果があります。

記事は、コーヒーと疾患について解説しています。
3分で読んでいただけると思います。

 

1.コーヒーと疾患

コーヒーを飲めば疾患のリスクが低下するのだろうか?

現在、疫学調査により、コーヒーと疾患のリスクを検討した報告は数多くあります。徐々に、コーヒーと疾患リスクとの関係が解明されつつあります。

1-1.コーヒーで発症リスクが低下する疾患

コーヒーを飲むと発症リスクが低下する疾患として、2型糖尿病、パーキンソン病(PD)があります。

また、論争中であるが、アルツハイマー病(AD)、胆石、脳卒中、心血管系疾患、うつ病なども発症リスクが低下する可能性があると言われています。 続きを読む

体にいい食べ物!管理栄養士おすすめ食材4つ紹介(後編)

こんにちは!管理栄養士の健康食品で得する人です。

おすすめの体にいい食べ物として、ウナギのかば焼き、卵の卵黄、ほうれん草、バナナなどがあります。後編は、ほうれん草とバナナの栄養価や効果を解説します。

管理栄養士・栄養士のおすすめ食材をぜひ参考にしてね!

1.ほうれん草

1-1.ほうれん草とは?

ほうれん草は、アカザ科の緑黄色野菜になります。

ほうれん草の原産地はペルシャ地方といわれており、江戸時代初期に日本へ伝わったとされています。日本では、千葉県、埼玉県、群馬県などで比較的多く生産されています。

ほうれん草は、11月~1月が旬の野菜であり、ビタミンCは夏採りほうれん草よりも冬採りほうれん草の方が多くなります。

そして、ほうれん草はとても栄養価の高い緑黄色野菜として知られています。ほうれん草は、β-カロテン、ビタミン類(ビタミンAビタミンKビタミンC葉酸など)、ミネラル類(カリウムカルシウムマグネシウム鉄分など)、食物繊維が豊富に含まれています。 続きを読む