栄養素と機能性成分の紹介

目・皮膚・粘膜はビタミンA!食生活のポイントとサプリ

ビタミンAは、皮膚・粘膜や視覚機能の維持に大切になります。ビタミンAは、皮膚や粘膜が弱い人、目が疲れやすい人、夜盲症の人などにおすすめの栄養素になります。

ビタミンAの多い食品やサプリメントを紹介しています。ビタミンAの疑問を解決できると思います。

 

1.ビタミンAとは

1-1.ビタミンA

通常、ビタミンAはアルコール型のレチノールをいいます。身体の中では、アルコール型のレチノールが酸化されたアルデヒド型のレチナールやカルボン酸型のレチノイン酸に変化します。そして、ビタミンA(レチノール)およびビタミンA関連化合物(レチノールやレチノイン酸など)を総称してレチノイドと呼びます。ビタミンAは、動物性食品に多く含まれています。

なお、ビタミンA活性を示す単位は、「レチノール活性当量(RAE)」が用いられています。 続きを読む

妊活や妊婦の必需品!葉酸サプリでようさん(たくさん)摂取

葉酸は、造血機能を保ち、成長や妊娠を維持する働きがあります。葉酸の適切な摂取は、胎児の神経管閉鎖障害の発症リスクを低減します。葉酸は、貧血気味の人、妊活中の人、妊婦や授乳婦などにおすすめの栄養素になります。

記事では、AFC葉酸サプリやベルタ葉酸サプリなどの葉酸サプリの比較も行っています。葉酸の疑問を解決できると思います。

 

1.葉酸とは

葉酸は、水に溶ける水溶性ビタミンの一つで、ビタミンB群の仲間になります。 葉酸とは、狭義には4-{[(2-アミノ-4(3H)-オキソプテリジン-6-イル)メチル]アミン}安息香酸にL-グルタミン酸が一つ結合したプテロイルモノグルタミン酸になります。広義にはこのプテロイルモノグルタミン酸の還元型であるテトラヒドロ葉酸(THF)や複数のL-グルタミン酸が結合したプテロイルポリグルタミン酸型などを含めた総称になります。

食品中の葉酸は、プテロイルポリグルタミン酸型になります。それゆえ、食事摂取基準(2015)に記載された葉酸の値は、広義の葉酸の値をプテロイルモノグルタミン酸相当量に換算して示しています。

続きを読む

血液にはn-3系脂肪酸のDHAとEPA!健康食品で補おう

最近、n-3系脂肪酸(オメガ3)が注目されています。栄養機能食品にもn-3系脂肪酸が追加されました。しかし、n-3系脂肪酸の効果、n-6系脂肪酸(オメガ6)との違い、褥瘡との関係など知らないことが多いと思います。

この記事を読んでいただくと、n-3脂肪酸の疑問を3分で解決できると思います。

 

1.n-3系脂肪酸(オメガ3)とは

n-3系脂肪酸には、必須脂肪酸であるα-リノレン酸(亜麻仁油やしそ油など植物性油に多く含まれる)、EPA(エイコサペンタエン酸:魚油に多く含まれる)、DHA(ドコサヘキサエン酸:魚油に多く含まれる)などがあります。

α-リノレン酸は体内で生成できない必須脂肪酸であり、食物から摂取する必要があります。α-リノレン酸は体内でEPA、DHAに変換されます。 続きを読む

シニア必見!カルシウム摂取の秘訣と不足を補う健康食品3選

カルシウムは骨や歯を作るのに必要となります。そして、カルシウム不足は、骨折や骨粗鬆症と関係します。

この記事は、カルシウムの多い食品やカルシウムを上手に摂取する方法を解説しています。また、カルシウム不足の方に適した機能性重視の健康食品3選を紹介しています。

 

1.カルシウムとは

カルシウムは、身体の中で最も多いミネラルであり、骨や歯を作るのに必要となります。実際に、カルシウムは身体の中に1kgほど含まれ、そのうち99%は骨と歯にあります。カルシウムの残り1%は血液中や組織にあります。体内では、常に血漿カルシウム濃度が9~10mg/dlになるよう調整されています。

骨の強度や歯の質を保つには、生涯を通してカルシウムを摂取することが重要になります。 続きを読む